2016年07月25日

JA東京中央会が発行する広報紙「とうきょう農紀行」の42号が届いた。


一面の写真は、江戸東京野菜の伝統大蔵大根を復活させた大塚信美さん、大蔵大根を名称登録をした植松敬先生の指導を受けながら、世田谷の農家に普及する努力もされている。

同紙には、世田谷区で「200年続く農地で子どもと交流」とあり、地元の小学生に農業体験をさせている。

かつて、ミクニレッスンを行っている、都市大学付属小学校の授業も受け入れていただいたことがあり、当ブログでも紹介している。




1-1-42.JPG

上の画像をクリックする
同紙中面は、墨田区東向島駅前商店街の取り組みを紹介、
「江戸東京野菜を町のシンボルに」
「アイディア持ち寄り、幻のナスで町おこし」

当ブログではも江戸東京野菜マラソン大会を紹介している。

「とうきょう『農』紀行」前号はここから



posted by 大竹道茂 at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

江戸東京野菜を栽培する板橋区の生産者を訪ねた。


JA東京あおばでは板橋、練馬、石神井、大泉の各地区で農家が、江戸東京野菜を栽培していて、先日も紹介したが、板橋地区の農家夫人を集めて齋藤朝子先生が料理教室を実施した。

江戸東京野菜の栽培している農家を、板橋地区振興センターの本橋章宏センター長に頼んで案内してもらった。




1-1-1.JPG

今回、志村みの早生ダイコンの栽培を、本橋章宏センター長にお願いしたら、JA東京あおば板橋地区青壮年部の農業後継者木村博之さんが、快く蒔いてくれたというので、ご挨拶に伺った。

畑で待ち合わせをしたというので、待っているとお父さんもご一緒だった。
木村繁夫さん、私の現役当時地元JA東京あおばの代表理事組合長をされていて、お世話になった方で
10年ぶりの再会だったが、ご協力にお礼を申し上げた。

上の画像をクリックする
ご子息の博之さんは、江戸東京野菜をテーマに、全国看板コンクール最優秀賞の原画を描かれたということは伺っていたので、お礼を申し上げた。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 板橋の伝統野菜・大根