2016年07月28日

大判の江戸東京野菜のポスターが企画制作され販売される。


江戸東京野菜の復活普及に尽力している小城プロデュースの福島秀史(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事) 代表執行役員から、このほど協力組織の本会に江戸東京野菜のポスターが送られてきたので、早速、部屋に張った。

同社では、これまで江戸東京野菜のカレンダーを始め、新宿内藤とうがらしプロジェクト関係の広報資材、内藤トウガラシ、内藤カボチャのロゴマーク、

八王子市の伝統野菜、高倉ダイコン、川口エンドウ、八王子ショウガでは、ポスターとロゴマークの制作、そして多摩・八王子江戸東京野菜研究会では、同会のTシャツなど、多角的な広報資材の制作を行ってきた。



キ1+-1ャプチャ.JPG

同社では、昨年カレンダーを販売したが、カレンダーは1年間に限定されるが、カレンダーに掲載されている、江戸東京野菜の写真は部屋に張っておきたいという声が多く聞かれたことから、今回企画制作を行ったもの。

上の画像をクリックする
福島さんは、江戸東京野菜42品目をわかりやすく、表示するにはこの大きさになりましたという。

新聞見開き大の、A1サイズ、1枚500円(税込)
※送料実費は別途申し受けます。 ※1梱包で10枚まで可能です。

<お問合せ・お申し込みは>
下記メールアドレス宛てにご納品先住所、お名前、お電話番号、
江戸東京野菜ポスター希望枚数を明記の上お申し込みください。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会 福島
090−2544−0943 又は
 qqz84qnd@helen.ocn.ne.jp



posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介