2016年08月17日

新宿区の伝統野菜「内藤カボチャ」の収穫が立川で始まった。


昨年から、立川市西砂の石川公一さんに内藤カボチャを栽培してもらっているが、今年は倍の面積作ったと云って、収穫し終わったというので先日、見に行ってきた。

石川さんは、2ヘクタールの農地で、植木栽培と野菜栽培を後継者の智一さんと耕作している。





1-1.JPG

伝統野菜は揃いが悪いのが特徴だから、大きさは色々だ。
昨年は、18個だったが、今年は、50個ほど収穫されたようだ。



続きを読む