2016年09月03日

江戸ソバリエ認定講座〜基礎コース〜 で、江戸東京野菜の「薬味」について語る。


平成28年度 第13回 江戸ソバリエ認定講座〜基礎コース〜が、先日、神田神社(神田明神) の祭務所に受講者75名を集めて開催された。

この講座、平成15年から毎年開催されているもので、江戸蕎麦のそば通がそばの食文化を勉強しようという方々が受講、現在1500名の認定者を擁しているというから素晴らしい。

2011年4月にNPO法人 江戸そばりえ協会のほしひかる理事長から、江戸蕎麦料理研究会にお誘いをいただき、以後、アトリエ・グー( 料理教室 ) の林幸子先生 (江戸ソバリエ) の指導で、江戸東京野菜を使った蕎麦料理を 教えていただいていて、

研究会では、江戸東京野菜の産地見学なども行ってきた。

また、2012年からは年4回の「江戸ソバリエ・レディース・セミナー」を実施し、江戸東京野菜の解説を行ってきた。





1-1.JPG

このようなことから、同協会からは「講師」を拝命していた。

今年、ほし理事長から 江戸ソバリエ認定講座の「基礎コース」で、江戸東京野菜の「薬味」について話してもらいたいとの依頼があった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ