2016年09月24日

24日(土)、錦糸町テルミナで、江戸東京野菜×TERMINA、先着で江戸東京野菜プレゼント!!


9月16日から10月10日まで、錦糸町駅ビル、テルミナで開催されている「江戸東京野菜フェア」、
テルミナ5階などでかいさいされている。、

24日は、専門家トークショーが、14時から開催され、先着50名様に江戸東京野菜がプレセントされる。
是非、お出かけください。




1-1-9.JPG

上の画像をクリックする
同フェアは、好評の内に開催されているが、Yahoo!ニュースでも紹介されている。

尚、26日(月)18時から18時30分のニュースで、東京MXテレビが、テルミナから生中継を行う。

posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

練馬の吉田茂雄さんが、平成28年度 宮中新嘗祭献穀・東京都代表で精粟を奉耕されていた。


先日、練馬区立光が丘秋の陽小学校に伺ったことは、当ブログで報告したが、同校に隣接する田柄地区で学校給食に昔から協力している吉田茂雄さんに電話をして、現状を伺っていた。

その時、吉田さんから、今年の宮中新嘗祭献穀事業で精粟の耕作をしていると伺った。
私も現役時代に担当していたので、そのうちに伺いますと云っていたが、

次の儀式「抜き穂の儀」が、9月25日(日) に執り行われると云うが、生憎、先約が入っているので、小雨が降っていたが急きょ、先日写真を撮りに伺った。





1-1-5.JPG

宮中新嘗祭は、2千数百年の歴史がある宮中でも第一の重儀で、新嘗祭に伴う献穀は、農家を励ますことから始まり、戦後各県の農家代表が自主的に精米1升と精粟5合を献納することとなった。

今年、東京では西多摩地区から精米が、東京区内が精粟で、中でもJA東京あおばの正組合員、吉田さんが東京都代表として耕作している。

今年の天候が不順だったこともあり、この時期、まだ穂に青さが残っていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達