2016年11月10日

10日発売の、月刊誌「サライ」12月号に、「朝めし自慢」で、紹介された、


7月だったか、スタジオ ファイブの出井邦子さんからメールをいただいた。
井出さんは、鰹ャ学館の月刊誌「サライ」の定番「朝めし自慢」を担当していて、見本誌として8月号をいただいたが、356回というから、30年になろうとする連載だ。

あまり無理なことを言われても、困るが、電話で伺ったのでは江戸東京・伝統野菜研究会代表の肩書で、紹介するという。

人様に見せるような朝食ではなく、質素なものだが、江戸東京野菜の紹介もできるというのでお引き受けをした。



1-1-1.PNG

上の画像をクリックする。


8月になって、井出さんに家に来ていただいて、打ち合わせをしていただいた。
我が家の朝食は、味噌汁、焼き魚、地元の農家の方が栽培した野菜料理は欠かせない。

朝食までの過ごし方や、食事での飲み物は、お酒は何を飲むのかなど、いろいろと聞かれた。

昔からビールが好きで、金子ゴールデンビールには思い入れもある。
起き抜けの東京牛乳もそのひとつで、瑞穂の清水陸央さんや、練馬の小泉勝さんの顔が浮かぶ。

150ページ目から3ページにわたって紹介していただいたが、出井邦子さん、カメラマンの馬場隆さんありがとうございました。
posted by 大竹道茂 at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介