2016年11月14日

世田谷区立中学校教育研究会食育研究部の栄養士と教諭集まった。


8月だったか、世田谷区立喜多見中学校の栄養教諭 長尾美津江先生から講演依頼の電話をもらった。
2014年7月に用賀中学で世田谷区立学校栄養職員会の栄養士夏季研修を行ったことがあった。

当時参加者が少なかったことや、転勤してきた方などもいて、また、当時の江戸東京野菜は34品目だったが、現在45品目だから、江戸東京野菜もさらにグレードアップして話題になっていることから、当時の担当だった石黒正子先生のアドバイスもあったようだ。

その後、長尾先生のメールによると、世田谷区立中学校教育研究会食育研究部に所属している中学校の栄養士と教諭が対象だそうで、
教諭の中には、家庭科や数学、体育など様々な教科の先生方も所属しているという。

あらゆる教科からアプローチできるのが江戸東京野菜だから、それはありがたい。



1-1.PNG

午前中は、鎌倉大根の取材を受けて、鎌倉にいたが、そこから同校に駆け付けた。

少し早めについたが、同校の山田勝基校長(食育研究部長) と区立砧中学の宇野亮校長が開会前の時間のお相手をしていただいた。
宇野校長の砧中学は、ミクニレッスンを行いる都市大学付属小学校のお隣の学校だ。

上の画像をクリックする
会場には、小学校の先生方も含め40名を超える先生方がお越しになった。

前回は、1時間だったが、今回は2時間いただけたので、前回お話しした内容をチェックして今回は都内の各校で実施している事例を紹介した。

これまで小・中学校に伺っているが、中学校は少ない。、
しかし小学校の事例の中にもヒントがあろうかと思うので、ご参考になれば幸いだと申し上げて、小学校の事例もご紹介した。
続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等