2017年01月31日

鴎外ゆかりの館から、上野の山で明治の俳人・正岡子規ゆかりの地に佇む。


先日、上野池ノ端の水月ホテル鴎外荘で、江戸東京野菜の懐石料理の試食会が行われたことは、当ブログで報告した。

これまで、何度か同ホテルに伺ったが、千代田線の根津駅で下車していた。
同ホテルは、上野東照宮の裏にあたることから、上野駅の公園口から、公園内を北に歩いて、花園稲荷神社の参道から動物園通りに出て、水月ホテルに向かった。

園内には途中、観光資源がたくさんあって、ホテルまでが意外に近く感じた。




1-1-2.PNG

鴎外荘からの帰り道、動物園通りから、もと来た道を上野駅に向かったが、来るときは気が付かなかったが遠くに野球場見えた。

よく見るとレフト側に入口があって、正岡子規記念球場とある。

上の画像をクリックする
球場入口近くに上野公園管理事務所があったので、
記念球場の事を聞いてみた。
サード側の通りに面して、記念碑があると云う。

子規は、鴎外(1862〜1922)より5つ年下だが、
同じ文学の世界で同時代に活躍している。

「春風や まりを投げたき 草の原」

「正岡子規(1867〜1902)・・・・子規は、明治時代のはじめに日本に紹介されて 間もない野球(ベースボール)を愛好し、明治19年頃から同23年頃にかけて上野公園内 で野球を楽しんでいた。

子規の随筆「筆まかせ」には、明治23年3月21日午後に 上野公園博物館横空地で試合を行ったことが記されており、子規はこのとき捕手で あったことがわかる。・・・

上野恩賜公園開園式典130周年を記念して、ここに子規の句碑を建立し、 野球場に「正岡子規記念球場」の愛称が付いた。 平成18年7月 台東区・台東区教育委員会」とあった。

因みに、「日本野球発祥の地」は、学士会館の地だったことは、追録で紹介したが、野球は明治5年に導入されている。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年01月30日

甲府市塩山の、農業生産法人・山本ファームから、春を呼ぶ桜菜と桜わさび菜が送られてきた。


甲府市塩山にある、農業生産法人 山本ファーム有限会社から、今年も桜菜と桜山葵菜が送られてきた、別便では自然薯も送られてきた。

寒い冬が明けて、春を待つ甲斐の国の季節野菜だ。




1-1-2.PNG

桜わさび菜は、桜菜の変種として生まれたと聞いていて、辛みがあるので同社ではわさび菜としたという。

上の画像をクリックする
左上は桜わさび菜だか、中央下は桜菜、
今回は、別便で「自然薯」が送られてきた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年01月29日

水月ホテル鴎外荘では、3月から江戸東京野菜を活用した現代の名工懐石を計画、メディア向け試食会を開催した。


水月ホテル鴎外荘の総料理長大河原実さんが、厚生労働省が定める平成28年度 卓越した技能者、通称「現代の名工」として表彰された。

ひとつのきっかけとして、3月から、江戸東京野菜を活用した、「現代の名工 懐石」を提供していく計画があるという話を、総合広告商社(株)エイエイピー首都圏営業本部の小泉竜夫副部長から伺ったのは、暮れの話だった。

同ホテルの中村菊吉社長には、2010年から江戸東京野菜の取り組みについて何かと激励をいただいている。

大河原総料理長のお料理は、一昨年の暮れに、中村社長からお招きをいただいた時に、いただいていて、

その時、(株)エイエイピーの小泉副部長と、同ホテルの副支配人・中村友美さんに初めてお会いしている。





1-1.PNG

今年になって、同ホテルに伺い企画内容についての考え方について、中村みさ子女将、大河原総料理長、そしてエイエイピーの小泉副部長に伺ったが、

現代の名工・大河原総料理長の技を江戸東京野菜を使って新懐石コースとして一年間提供していこうというもの。

1月26日(水)には、プレス発表を、同ホテル鴎外荘の舞姫の間で実施する。
司会と開会の挨拶は、みさ子女将、大河原総料理長の挨拶の後、「江戸東京野菜とは」について話してくれと云うことも依頼された。

上の画像をクリックする
その後、ランチとディナーのコースメニューが決まり、
写真撮影も終わったと、写真を送ってくれた。

写真左、4,000円(サービス料・消費税別)のコースは
お昼のみですが、
写真右15,000円(サービス料・消費税別)のコースは
予約が必要で昼・夜用意できます。



続きを読む

2017年01月28日

押上「よしかつ」の新年会に、江戸東京野菜を食べようと皆さんが集まった。


先日、押上の「よしかつ」に、江戸東京野菜を食べようと皆さんが集まった。
例年、この頃に皆さんが集まっているが、今年は、顧問の向笠千恵子先生と講師をお願いしている、フードマイレージの中田哲也先生もご参加いただいて、賑やかな会となった。

会場が押上だけに、遠い多摩地区の方々にもご参加いただけるように、早めの15時に店を開けた。




1-1.PNG

押上「よしかつ」は、お料理はもちろんだか、店主の佐藤勝彦さんは、コンシェルジュ協会の講師をお願いしているから、お料理や飲み物のお話を聞くだけでも勉強になり、ある意味同店は「江戸東京野菜の聖地」でもある。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会のメンバーなど、初めての方々も来られた。



続きを読む

2017年01月27日

「乾燥練馬大根を使った 料理教室・試食会」が開催された。


江戸東京野菜の「練馬大根」を、東京のおもてなし食材として東京オリンピックで東京を訪れてくれる方々に、食べていただこうと、

練馬区平和台で生産する渡戸秀行さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が「練馬大根2020東京オリンピック出荷研究会」を立ち上げ、まず乾燥練馬大根に取り組み、料理教室・試食会を行った。

料理の講師としては、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事に依頼し、
地元JA東京あおば地域振興部により、練馬春日町支店2階 調理室を使って行われた。

今回使われた乾燥練馬大根は、練馬区に伝わる「伝来種」と云われる固定種の練馬大根で、大泉の白石好孝さんが栽培したものを使っている。

伝来種は、渡戸章さん、五十嵐透さん、白石さんの三人が採種しているが、当ブログでも紹介している。





1-1-3-5.PNG

渡戸秀行さん(左)と五十嵐透さん(右)

上の画像をクリックする
写真左上は斉藤朝子先生と、上原講師(右)
JA東京あおば地域振興部の村田雄飛さんと、松田碧さん。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:25| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年01月26日

都庁第1本庁舎32階の南側食堂。〜江戸東京野菜を食べよう!、シリーズ〜、2月は「亀戸ダイコン」だ。


〜江戸東京野菜を食べよう〜! シリーズ〜、亀戸ダイコンは2月13日(月)から17日(金)まで実施される。

昨年の5月から始まった西洋フード・コンパスグループ(株)の「江戸東京野菜を食べよう! シリーズ」は、東京都庁第1本庁舎32階南側の食堂内「職員クラブ」で、17時過ぎから提供されてきた。

5月・早稲田ミョウガのミョウガタケ、井之口喜實夫
6月・東京ウド・須崎雅義氏生産
7月・寺島ナス 清水丈雄氏生産
8月・八王子ショウガ・中西真一氏生産
10月・滝野川ゴボウ・岸野昌氏生産
11月・内藤カボチャ・岸野昌氏生産

以上のように実施してきて、12月はクリスマスなどもあり、
また、お正月もお休みして、13日(月)から17日(金)まで
開催することが決定した。







1-1.PNG

1月の食材については、何がいいかと聞かれたが、青物のない時期に出荷され、江戸っ子が競って買い求めたという、亀戸ダイコンを提案した。

この時期の、亀戸ダイコンについては、江戸川グループ、葛飾グループ、東久留米グルーブ、立川グループ、西東京などで栽培しているが、

まとまった量の対応できる生産者として、清水丈雄さんにお願いした。

この企画では、毎回、同社グループ営業開発部門特命事項担当の森川洋一部長と、マーケティング部斎藤和彦部長、そして食堂の管理栄養士長谷川亜未さんの3人で生産現場を視察いただいていたが、

今回は両部長さんの日程が合わず、長谷川さんがお一人でみえたので、清水丈雄さんのお宅に案内をした。

この時期、露地だと、風にあおられて葉が傷むから、ハウス内で栽培しているが、一つのハウスで、亀戸ダイコンと金町コカブを栽培していて、もう一つのハウスでは、時期を遅らせて播種されていて、3月までは、対応できるという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年01月25日

1月25日の農業共済新聞一面トップに、「鎌倉大根 地域ブランドの新顔に」が掲載された。


農業共済新聞の田澤宏志編集長とお会いした時に、現在取り組んでいる江戸東京野菜や鎌倉大根についてお話をしたら、後日、高橋英樹記者が取材に来てくれ、鎌倉の農家・山森金雄さんの畑や、鎌倉市立中学校などの取材をしていただいたことは当ブログで紹介した。

その後、収穫祭当日も再度来ていただき取材をしてくれたが、あらゆる角度から鎌倉大根の取材をしていただいた。

同紙は、全国農業共済協会が発行する、全国紙で週刊紙、全国の農業行政に携わる方々が読者層だから、影響力は大きい。。




1-1.PNG

しばらく、掲載するタイミングを見ていたようだが、1月25日号に掲載された。

上の画像をクリックする
今後、同紙を普及活動に活用させていただく予定だ。

因みに、農業共済新聞に鎌倉の事では{ズバリ直言}に書いている。



posted by 大竹道茂 at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年01月24日

東京杉並ロータリークラブ例会での3度目の卓話は、「東京にもあった伝説の大根」


東京杉並ロータリークラブ榎本和夫会長から電話を頂き、3度目の卓話の依頼があった。

同クラブには、2013年9月に招かれたのがはじめだったが、同ロータリークラブのメンバー、杉並の高橋延治さんと、練馬の榎本和夫さんは、昔は農家だったからよく知っていたが、東京農業の事を話す講師を探していたようだ。

杉並の農業と、会場のヒルトン東京がある新宿の江戸東京野菜について話している。
2度目は、2015年11月だった。
新宿の昔の農業に絞って、内藤カボチャや内藤とうがらし、そして鳴子ウリなどの話だった。





1-1.PNG

榎本和夫会長(左)と高橋延治さん(右)
昨年、榎本さんが会長になられたときに、また頼むと云われていたが、
12月に電話があって1月の例会で卓話を依頼された。

上の画像をクリックする
会長の挨拶で例会はスタート
高橋さんのリードで、「我等の生業」を参加者全員で合唱
続いて、季節の歌の中から「春の小川」を・・・・。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2017年01月23日

今が旬の伝統小松菜、後関晩生種と城南小松菜種、それも大平系と渡辺系を栽培していた。


冬のイベントや、メディヤの取材が幾つかあり、この季節の江戸東京野菜を栽培している生産者を探していた。

JA東京みどりの原省三部長代理に相談したら、しばらくして電話がかかってきた。
亀戸ダイコンは、清水繫雄さん、栗原一男さん、清水丈雄さんは、金町コカブも栽培しているという。

勿論、東京ウドは須崎雅義さんを始め、ウド連の皆さんが栽培しているから、これはいつでもある。





1-1.PNG

先日「ファマーズセンター みのーれ立川」の近くまで行ったので寄ってみたら、伝統小松菜が並んでいた。

上の画像をクリックする
生産者は、清水理作さんとある。

しっかりとした伝統小松が、4袋残っていた「いい品だ!」嬉しくなって一袋購入した、
清水さんは、亀戸大根の栽培でも一級品を栽培してくれた方だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 立川市での取り組み

2017年01月22日

鎌倉市立第二中学校が地元の小学生を招いて大根の収穫祭、鎌倉大根も食べた。


鎌倉大根の栽培をお願いしている、鎌倉市立第二中学校(相田良一校長)では、昨年の9月末に種まきを行っていて、
そのことは当ブログで紹介している。

先日恒例の大根の収穫祭が、地元小学校の1年生を招いて行われた。
鎌倉だいこん未来プロジェクトでは、栽培担当の府川七郎さんと、鷲崎あづささん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が、収穫祭に参加してきた。





1-1-5.PNG

同校では、これまで交配種の青首大根を毎年栽培し、収穫祭を行ってきた。
昨年から、鎌倉大根も栽培してもらったもの。

上の画像をクリックする
鎌倉大根の播種はひと月遅かったが、寒い中その特徴ある葉を茂らせ、また、引き抜いた大根はひげ根をたくさん伸ばしていた。

交配種の青首大根との、あまりの違いに生徒たちは驚いていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年01月21日

小江戸・栃木市モニターツアーに参加して「とちぎ江戸料理」を楽しんだ。


前日の天気予報では、14日の午後からは雪になるというので心配していたが、天気は良かった。
8時半に、工学院大学前に集合と云うことで、8時前には新宿に着いた。

JR新宿駅西口から都庁に向かう道路沿いには、各社のツアーバスが停まっていて、道路には参加者が集まって来ていた。




2-1-1.PNG

工学院大学前にPICO TOURのバスが止まっているが、若いお嬢さん方が大勢たむろしていて、今回のツアーは若い参加者が多いナーと、思っていた。

上の画像をクリックする
しばらくして分かったが、工学院大学が大学入試センターの試験会場になっていたようで、受験生たちが校内に消えると、バスの前に残ったのは、歳相応の皆さんだった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年01月20日

伝統の練馬大根でチップ干し大根を、渡戸章さんに作ってもらっている。


「更科堀井 冬の会」は、2月7日8日の両日、元麻布の更科堀井で開催されるが、秋の会の時に、お料理をお願いしているアトリエグーの林幸子先生から、練馬大根の切干を依頼されていた。

練馬大根は、12月中に干して沢庵にしてしまうから、2月の「冬の会」にはもうないが、今から頼んでおけばと、練馬大根の第一人者・渡戸章さんにお願いしておいたが、そのことは当ブログで紹介している。




1-1.PNG

冬の季節は乾燥しているから2、3日でできるからと云っていたが、先日伺ったら、やっているところだった。

伝統の練馬大根とあえて言ったのは、交配種の「干し理想」を、練馬大根としているケースが多いからで、自分で種を採種している渡戸さんにあえてお願いしたもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2017年01月19日

出流ふれあいの森で開催された出流観光会主催「柚餅子作り体験会」に参加した。


料理研究家の冬木れい先生のお誘いで参加した、「小江戸・栃木市モニターツアー」。

関東八十八カ所特別霊場第十七番札所、真言宗智山派出流山満願寺の初詣を済ませ、次の目的地「出流ふれあいの森」にやってきた。

何でも、平成27年度から栃木市では、地元出身でふるさと大使の料理研究家・冬木れい先生監修で、同市らしさを生かした食をテーマに、「とちぎ江戸料理」として、市内参加店などを募り、勉強会の開催や料理の開発などを行ってきたという。




1-1.PNG

中でも、7軒のお蕎麦屋さんと1軒のお土産店でつくる出流観光会では、出流柚餅子プロジェクトを結成し、江戸時代の珍味「柚餅子(ゆべし)」の製造に取り組んでいる。

そこで栃木市では「広報とちぎ12月号」で市民20名を募集し、我々「小江戸・栃木市モニターツアー」参加者35名を加えて、出流観光会主催「柚餅子作り体験会」を、「出流ふれあいの森」で、14日(土)15時10分〜17時10分で実施したもの。

挨拶する冬木れい先生

上の画像をクリックする
体験会の司会進行を行う、栃木市観光振興課観光イベント係の藤岡真明さん(写真上)


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年01月18日

国民公園協会 新宿御苑のレストラン「ゆりのき」で、明治の頃の資料を展示していた。


先日、福寿草が咲き、水仙が満開の新宿御苑に行ってきた。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長と上原恭子理事が、2月25日に新宿御苑で開催するスタデー&カフェの打ち合わせのため行ったようだが、

同苑の本荘暁子さんにお会いしたら、レストラン「ゆりのき」で、三田育種場が発行した「穀菜辨覧(前編)」を展示していると聞いて、見てきたと教えてくれた。

三田育種場は、新宿御苑が内藤新宿農事試験場時代に分園として現在の港区三田に設置されたもの。




1-1-3-.PNG

本荘さんにも、伊藤秀雄総料理長にもお会いしたいと思って、伺った。

(一財)国民公園協会 新宿御苑のレストラン「ゆりのき」前にある梅林には、一重の福寿草がたくさん咲いていた。

上の画像をクリックする
福寿草は、江戸の頃にはたくさんの園芸種が生まれたが、可憐な一重の品種も良い。
水仙も、香りの良い品種が満開だった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年01月17日

栃木の名刺・出流山満願寺に初詣、「とちぎ江戸料理」を食べてきた。


昨年7月、深大寺恒例の「夏そばを味わう集い」で、江戸ソバリエ協会のほしひかる理事長に紹介いただいた、料理研究家の冬木れい先生から、その後お手紙をいただいていた。

冬木先生は、平成27年から郷里、栃木市観光課の依頼で、「とちぎ江戸料理」というモードづくり、味づくりをされているという。

そこで、「とちぎ江戸料理」を食す旅行企画を組んだとかで、お誘いをいただいたもの。

栃木の名刺・出流山満願寺の初詣と、昼食には、名物の「いづる寒晒し一升蕎麦」を組み込んだ「とちぎ江戸料理」を用意していると云う。

江戸には全国から野菜の種が持ち込まれ、又江戸でできた野菜の種は全国に伝わったことなどから、地方を知ることは大切で、冬木先生の企画で、江戸ソバリエのほしひかる理事長も参加されると云うので、またとない機会だ。




1-1.PNG

蕎麦好きの納所二郎さん(江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事長) を誘って出かけた。

栃木市から、バスで県道202号線を18キロ遡る。
大規模な石灰鉱山があることから、鍋山石灰企業群を抜けて、出流の山懐へ。

上の画像をクリックする
昼食の「いづるや」は、先代の大塚時高が、巡礼の寺「出流山満願寺」へ向かう寂しい山里に、昭和38年に店を開いたと云う老舗で、現在では宿泊もできるとか。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年01月16日

新宿区/伊那市 友好提携10周年記念、「友好・愛のチョコ」販売のお知らせ


「内藤とうがらしプロジェクト」の成田重行リーダーからお手紙が届いた。

お手紙には
「2017年1月で、新宿区と伊那市(長野県)が友好提携開始から10年になりました。
その昔、江戸時代、現在の新宿御苑一帯が信州高遠藩内藤家の下屋敷であり、その−部が新しい宿場「内藤新宿」となった由縁かち友好提携が結ばれたものです。」




1-1-5.PNG

この度、10周年を記念し、伊那市の「ドルチェカリーナ」と新宿の「内藤とうがらし」のコラボによる友好・愛のチョコレートが誕生し、販売することになりました。

上の画像をクリックする。
ぜひ新年の記念や、バレンタインデー、ホワイトデーのチョコレートとしてご購入よろしくお願いします。

なお、内藤とうがらしコラボ企画商品「友好・愛のチョコ」の売上の一部を新宿区/伊那市の子供親善交流に寄付させていただきます。


続きを読む

2017年01月15日

JA東京中央会が発行する “とうきょう「農」紀行” が4月号からリニュアル発行の準備を進めている。


先日、秋葉原で、JA東京中央会の生活広報担当の新沢裕さんと中村萌さん、日本農業新聞広報局事業開発部の片岡優佳次長と、小菅真次長、井野剛介さんと、お会いした。

“とうきょう「農」紀行” を編集している皆さんで、話しを伺うと、これまでタプロイド版で発行していたが、地域の皆さん、消費者の方々を読者対象としているだけに、手に取りやすい、読みやすい、冊子形式に45号からリニュアルしたいと云う。結構なことだ。



1-9.PNG

今話題の「江戸東京野菜」についても連載について相談された。

これまでタブロイド判の時代は29号から40号まで、「もっと知りたい、 江戸東京野菜」を井野さんが書いてくれて、連載されていたから、当ログでも紹介していた。

しかし、40号を最後に、連載は打ち切られていたことから、同紙に対してすっかり興味をなくしていた。
しかし、読者のリクエストなのか、1年ぶりの復活となる。

現在江戸東京野菜は45品目もあるが、内24品目しか紹介されていなかったわけで、中途半端だったことは否めない。
今後、切り口を変えながら、4月、7月、10月、1月の年4回たが紹介できることは、ありがたいことだ。




posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年01月14日

鎌倉だいこん未来研究クラブの有志が、江戸東京野菜の取り組みを勉強したいとお見えになった。


伝説の鎌倉大根が、市民の皆さんの支援もあって、鎌倉の地に定着しつつあるが、「農」のあるくらしづくりアドバイザーとして、江戸東京野菜の取り組みを事例に何度か相談に乗ってきた。

昨年、鎌倉大根の収穫祭が成功裏に終わった後で、主体となった鎌倉だいこん未来研究クラブの有志の皆さんが、江戸東京野菜をはじめとする東京産野菜の普及などの取り組みを勉強したい云うので、先日、ミクニマルノウチにご案内した。

さとうえだ女将、鷲崎あづささんは、江戸東京野菜コンシェルジュでもある。




1-1.PNG

三國清三シェフは、東京の地産地消を推進しようと2009年9月に、三菱地所が再開発した、丸の内ブリックスクエアに招かれ ”ミクニマルノウチ” をオープンしている。

同店は、東京都が2010年から実施している ”とうきょう特産食材使用店”の制度初めから登録していて、東京の農林水産物の試食会なども行われている。

上の画像をクリックする
支配人の椛田さんが、田無の海老沢孫次さんの夏柑を絞ってシャンパンにしてくれた。

有志の方々、左から、井出朋子さん、大場多美子さん、私の右隣が、さとうえだ女将、鷲崎あづさ事務局長。


続きを読む

2017年01月13日

都民ファーストでつくる「新しい東京」〜2020年に向けた実行プラン〜が冊子となって発売された。


 東京都の小池百合子知事が進める都民ファーストでつくる「新しい東京」の実行プランが冊子となって発売された。

都民ファーストでつくる「新しい東京」は、 誰もが安心して暮らし、希望と活力を持てる東京で、
成長を生み続ける持続可能(サステイナブル) な東京を目指している。



1-1キャプチャ.PNG

「都民ファーストでつくる『新しい東京』
〜2020年に向けた実行プラン〜」の策定にあたって

上の画像をクリックする
実行プランとして、都民FIRST(ファースト) の視点で、
3つのシティを実現して、新しい東京つくるとしている。

「セーフシテイ」「ダイバーシティ」「スマートシティ」の
3つに分けて政策が掲載されている。

なかでも農林水産業は「スマートシティ」にまとめられていて、
「政策展開7」農林水産業の活性化の中で
1、都市農業の維持・発展
2、農林水産業の競争力の向上と経営基盤の強化
3、ブランド化の推進と魅力の発信をあげている。

ブランド化と魅力の発信として「4か年の政策展開」には、
アシタバや東京ウドなど、東京特産の江戸東京野菜をあげている。

また、
Beyond2020〜東京の未来に向けて〜」東京の未来像でも、
「身近な楽しみ」に事例として江戸東京野菜の名がある。

「都民ファーストでつくる『新しい東京』全文は、ここから。





posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年01月12日

立川まで来たからと「五十番」で、江戸東京野菜の「うどらーめん」を食べてきた。


2年前まで江戸東京野菜コンシェルジュ協会では、東京アグリパークをホームグランドとして、各種講座を行ってきたが、待ちに待っていたが、4月には竣工されるとのことで、納所二郎理事長と東京都農業会館に、引き続き利用のお願いに伺ったが、このことは当ブログで報告をした。

帰り掛け、12時を回っていたのでお昼でも食べようとなったが、何処にするかで・・・・。

納所理事長は、せっかく立川に来たのだからと「五十番」へ行こうとなった。

納所理事長は、永年、江戸東京野菜を絵と文字で綴った作品を手掛けていて、昨年の4月に地元小金井にある武蔵野画廊で展示会を開催された。

それに先立つ3月、私がNHKの「旨い!」に出演した折、番組の中で、立川はウドの産地で、ウドで作った「和紙」があることが紹介された。
そこでそのことを納所理事長に伝えると、早速出かけて購入されて、展示会に間に合わせた。




1-1.PNG

上の画像をクリックする
この和紙、中華料理「五十番」の ” うどらーめん” からで出た、ウドの廃棄物を活用したものだとかで、納所理事長は食べに来たことがあると云うので、案内してもらった。

"うどらーめん" を注文したが、周りの方々皆さん "うどらーめん" を食べていて、この店の一つの売りになっていることが分かった。