2017年01月24日

東京杉並ロータリークラブ例会での3度目の卓話は、「東京にもあった伝説の大根」


東京杉並ロータリークラブ榎本和夫会長から電話を頂き、3度目の卓話の依頼があった。

同クラブには、2013年9月に招かれたのがはじめだったが、同ロータリークラブのメンバー、杉並の高橋延治さんと、練馬の榎本和夫さんは、昔は農家だったからよく知っていたが、東京農業の事を話す講師を探していたようだ。

杉並の農業と、会場のヒルトン東京がある新宿の江戸東京野菜について話している。
2度目は、2015年11月だった。
新宿の昔の農業に絞って、内藤カボチャや内藤とうがらし、そして鳴子ウリなどの話だった。





1-1.PNG

榎本和夫会長(左)と高橋延治さん(右)
昨年、榎本さんが会長になられたときに、また頼むと云われていたが、
12月に電話があって1月の例会で卓話を依頼された。

上の画像をクリックする
会長の挨拶で例会はスタート
高橋さんのリードで、「我等の生業」を参加者全員で合唱
続いて、季節の歌の中から「春の小川」を・・・・。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等