2017年02月06日

日本農業新聞四国版に「高知の伝統野菜 身近に」が掲載された。


先日、友人の偲ぶ会が行われたことは紹介したが、友人を偲んでいるところに、JA高知県中央会で、日本農業新聞の記者として、県内をくまなく取材して歩いている、同級生の石川清彦さんから、電話がかかってきた。

石川さんも、何か感じるものがあったのかもしれない。
最近の様子を聞いたが、伝統野菜の記事を書いたからと、送ってくれた。




0-1.PNG

植物学者の牧野富太郎博士ゆかりの伝統野菜の保存を手掛ける「TeamMAKINO」が設立された情報は、昨年いただいていたが、今年も春早々に土佐野菜マルシェを開いたという。

余談だか、江戸東京野菜コンシェルジュの上原恭子理事が会場を訪れていて、中央奥に写っている。

上の画像をクリックする
土佐の伝統野菜を次世代に伝えていきたいとする生産者の皆さん、それを支援するには食べていただくことが重要で、しかも県民が認識するところから始まるわけで、マルシェの開催は時宜を得たものだ。

高知農高も食材として注目してくれていることで弾みがつくはずだ。
石川さんの記事から、高知ではお世話になった「潮江菜」の熊沢秀治さんも代表としてご活躍のようで、心強い限りだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 08:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

国連世界食糧計画(国連WFP)のブログに「江戸東京野菜」が紹介された。


昨年の暮れ、三國清三シェフから国連世界食糧計画(国連WFP)から連絡があると云われていたが、その後、日本事務所のモシニャガ アンナさんからメールをいただいた。

「国連WFPでは、「すべての人が、いつでも食べられる世界」と題した夕食会を1月17日に開催する運びとなりました。
これまで長きにわたり国連WFPの活動にサポートをいただいている三國清三シェフのご協力のもと開催されることになります。

その土地における「地産地消」をテーマとして、各地で持続可能な食糧システムの構築と飢餓撲滅を目指す活動に賛同する有名シェフによって監修され、

WFPが世界各国で行うディナー・シリーズの一環で、世界の食糧問題に加え、栄養価や地場食材の重要性に関しての意識啓発を目的としています。」として、

写真と簡単なコメントを求められていたもので、国連WFP本部から2月1日付で掲載し世界に発信されたと連絡をいただいた。




456プチャ.PNG

上の画像をクリックする
日本では、17世紀の野菜の再発見のおかげで、より多様で持続可能な食生活を実現しています
知ってますか?

江戸時代(1603−1868)に栽培され、元来の種子が生き延びた野菜の多くは、江戸東京野菜と呼ばれるブランドの野菜として復活しています。



2-1.PNG

World Food Programmeのトップページは
上の画像をクリックする

2月1日をご覧ください。


posted by 大竹道茂 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介