2017年02月18日

〜江戸東京野菜を食べよう!〜シリーズ、2月は、立川の清水丈雄さんが栽培した亀戸大根に舌鼓。


西洋フードコンパスグループの都庁32階南側の食堂で実施している、〜江戸東京野菜を食べよう〜! シリーズ〜、2月13日から17日まで「亀戸大根」で、

同社都庁食堂の管理栄養士・長谷川亜未さんを案内して、亀戸大根の生産者、清水丈雄さんのハウスに伺ったこととは、当ブログで紹介した。

これまでは、実施期間中に生産者を招いていたことから、その日に合わせて希望者が集まり、生産者の話を聞いたり、料理を食べながら、意見交換を実施していた。

9月には女子会なども行われていて、当ブログで紹介した。






1-1.bmp

今回は、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の新年会として、協会のブログ等で紹介した。

新年会は毎年1月に押上「よしかつ」で開催していたが、店のキャパからして24−5名と云うことでお断りが出ていたことから、

今回は2月の、〜江戸東京野菜を食べよう〜! シリーズ〜期間中に実施することになり、お集まりいただいたもの。

上の画像をクリックする
今回のメニューは
亀戸大根のふろふき大根      430円
亀戸大根の柚子大根        380円

亀戸大根とセロリの塩昆布サラダ  580円
亀戸大根と豚肉の生春巻き     580円

亀戸大根のかき揚げ        550円
亀戸大根のにぎり寿司(2貫)    320円



続きを読む