2017年03月31日

小金井市のプロジェクト「江戸まち連」が、江戸東京野菜利用店を紹介し、タペストリーを掲げる。


先日、小金井市のプロジェクト「江戸東京野菜でまちおこし連絡会(通称・江戸まち連)」 がチラシを作り、配布をしていることを 当ブログで紹介したが、一緒に小冊子を発行している。

江戸まち連のメンバーには、私も末席を汚しているが、小金井市民としては、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の納所二郎理事長、松嶋あおい理事、生産者としては大堀ファームの大堀耕平さん、

飲食の方は、割烹真澄の主人渡邉忠さん、割烹たけ バンブーの主人海老原紀男さん、ヴァン・ド・リュの永瀬義祐オーナーシェフ(江戸東京野菜コンシェルジュ)、チエリオの滑川一美オーナーシェフ(江戸東京野菜コンシェルジュ)などがメンバーになっている。

チエリオの滑川さんが、会議に積極的に出席するようになってからは、様子が変わってきた。

生産者に対する積極的な要望や、飲食店仲間のまとめなど、リーダーシップを発揮され、
江戸東京野菜コンシェルジュの資格もとった。





1-1.PNG

上の画像をタップする

16軒の飲食店が掲載されたが、1軒500字からの江戸東京野菜への思いが掲載されている。

先日、東京ウドのムロを見に、農家訪問に参加された、cafe5884の小林由美さん、自然派ダイニング・ベアグリーンの山中康平さんの店も紹介されている。

くりやぶね」、「揚げ処 まさ竜」、「小金井タウンショップ 黄金や」は、これまで当ブログで紹介している。





0001.jpg

かつて、江戸東京野菜を使っているお店に、タペストリーを掲げていたが

上の画像をタップする
新たに、16軒には、このタペスリーが掲げられる。



posted by 大竹道茂 at 00:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2017年03月30日

農業共済新聞3月29日の一面トップに都市農業の若手リーダー、冨澤さんが「消費者をファンに」の意向


三鷹江戸東京野菜研究会の冨澤剛代表が一面トップに掲載された農業共済新聞(全国版3月29日)が届いた。

「都市農業継続へ 消費者をファンに」「野菜約40品目」「食育や景観向上へ貢献」「必要性を積極的に発信」

「大学構内の落ち葉 腐葉土の原料に」「相続税の負担重く」「一部が道路に収用」のタイトルが、都市農家として冨澤さんの努力や、悩みを表示している。

特に、昨年3月に当ブログの「追録」で紹介したが、屋敷内から畑にかけて道路が計画され、30アールが道路用地として収容されるところを目の当たりにしたが、農地は分断されてしまう。





A-1-2.PNG

上の画像をタップする

昨年の9月に、江戸東京野菜のエキスパートとして、冨澤さんは、新宿御苑「レストランゆりのき」で、講演をされたが、若手のリーダーとして研究会を結成して、江戸東京野菜のノラボウ菜などを栽培している。

先日は、八王子の磯沼ミルクファームで「ノラボウ菜のピザ作り勉強会」でお会いしている。

追伸
農業共済新聞は、1月に「鎌倉大根 地域ブランドの新顔に」で
高橋英樹記者が書いてくれたが、今回も高橋記者が取材してくれた。

鎌倉では新聞を額に入れてPRに使っている
高橋記者、ありがとうございました。

追録
三鷹江戸東京野菜研究会では「のらぼう市」を4月1日(土)、2日(日)
JA東京むさし三鷹緑化センター特設会場で開催する。

1日(土)
ノラボウ菜とノラボウ菜スコーン
2日(日)
ノラボウ菜とノラボウ菜ラスク
世田谷の青果商・森田哲也さん(江戸東京野菜コンシェルジュ) 
は、冨澤さんのノラボウ菜で、自慢のお漬物を販売。

飛知和麻里さんのノラボウ菜ベーグル
森田さんと飛知和さんはお昼まで対面販売の予定。




posted by 大竹道茂 at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年03月29日

多摩・八王子江戸東京野菜研究会と磯沼ミルクファームの共同プロジェクトで、「春を満喫!ピザ作り勉強会」が開催された。


先日、多摩・八王子江戸東京野菜研究会(福島秀史代表) と磯沼正徳オーナーとの共同プロジェクトとして、「春を満喫!ピザ作り勉強会」が磯沼ミルクファームで開催された。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会では、これまで活発なイベントを開催してきたが、磯沼ミルクファームとの江戸東京野菜ジェラードも人気商品だ

また、磯沼ミルクファームも魅力的なイベントを開催している。
福島代表は磯沼さんに依頼して高倉ダイコンの燻りがっこを試作している。  

今回の企画、磯沼ミルクファームのミルクを使用したピッツァ生地に、江戸東京野菜のノラボウ菜やベ−コン、ソーセージなどをトッピングし、溶岩を積み上げた石窯で焼き上げると云う、魅力いっぱい。

酪農と都市農業の循環により、サスティナブルな東京の農業に結びつけようと、皆さんと考えていこうと云うもの。






1-1.PNG

今回は、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の支援者を中心に30名ほど参加されたが、磯沼ファームを始めて訪れた方も多く、磯沼さんも自然と熱が入る。

上の画像をタップする
福島代表からのイベントの趣旨説明と、磯沼さんから歓迎の挨拶があった。





2-1-5.PNG

皆さんが集まる前から、磯沼さんは石窯に薪をくべて、溶岩を熱し始めていた。

この溶岩石窯、磯沼さんの話によると、
八王子市恩方の友人が、不要になった溶岩があると云うので、平成17年にもらってきて1カ月かけて作り上げたと云う代物。

上の画像をタップする
ピッツァ作りのイベントは、希望があれば平均月2回ほど開催しているそうで、
20名以上参加の持ち込み企画が多く、乳製品や食材を用意して、石窯の使い方を教えることが多いようだ。

今回のような野菜中心のピッツァ作りは初めての企画だとか。





3-1.PNG

多摩・八王子江戸東京野菜研究会のメンバー、石川敏之さん、北村淳さん、加藤英輔さん達は、スタッフとして活躍された。

江戸東京野菜コンシェルジュ協会講師の中田哲也先生(「フードマイレージ資料室」主宰者) も包丁を持って玉ねぎを調理していた。

上の画像をタップする
江戸東京コンシェルジュ協会からは、納所二郎理事長、上原恭子理事、松嶋あおい理事が参加。
のらぼう菜を栽培した三鷹江戸東京野菜研究会の冨澤剛さん(江戸東京コンシェルジュ) も参加(写真右下)

冨澤さんは、東大や農工大馬術部の馬糞やUCI校内の落ち葉を集めて堆肥を作るなど、土づくりにはこだわっていることから、磯沼さんのコーヒー堆肥などについても注目していた。






4-1.PNG

お好みのトッピングに
チーズの研究家・大和田百合香さんから、サラダ用にグリュイエールチーズ、ピッツァ用にブルーチーズの差し入れがあった。

上の画像をタップする
磯沼さん手作りのフレッシュチーズに、ソーセージ、ベーコンは、特製サラダ用。






7-1.PNG

〜今が旬の菜花・ノラボウ菜・文旦のサラダ・文旦ドレッシングで〜

【そのまま使ったもの】
青茎三河島菜の菜花(江戸東京野菜 福島さん)
品川カブの菜花(江戸東京野菜 福島さん)
下山千歳白菜の菜花(江戸東京野菜 福島さん)
城南小松菜の菜花(江戸東京野菜 福島さん)
多摩百年小松菜の菜花(固定種 福島さん)
四万十文旦(高知県の弘岡さん)
ミニトマト
グリュイエールチーズ(大和田さん)
【さっと茹でて使ったもの】
ノラボウ菜(冨澤さん)
ブロッコリー

上の画像をタップする
これだけたくさんの菜花を食べることは他では出来ません。
しかも、江戸東京野菜など、固定種で・・・・・

上原さんのメールには
四万十文旦の果汁を使った醤油ベースの特製ドレッシング
今回は文旦がピッタリかなと使わせてもらいました。
少し苦みがあるもの同士、文旦果汁とみかん
ハチミツの甘さと醤油でバランスを取りました。

ずっと前から温めていたスペシャルな企画、
お天気にも恵まれて実現して私も感無量でした。
人と人の繋りがあるからこそのイベント、
また新たな繋りが広がってとても素敵です。

青空の下で食べる冨澤さんのノラボウ菜は生でもさっとゆでても
つまみ食いが止まらなかったし、
福島さんの貴重な菜花たちもお子さま達にちぎってもらいながら、
こちらもつまみ食いばかり、
こんなシーンがこの手のイベントの魅力ですネ
。」






8-1-1.PNG

上の画像をタップする
スープ担当の滑川一美さんは小金井「チェリオ」のオーナーシェフ(写真上左)。

野菜本来の味を生かしたスープは、岩塩で味を調え、最後に磯沼ミルクファームの牛乳を、たっぷりと入れて仕上げた。
具沢山のスープを、スペシャルサラダを食べ終わったお椀でいただいたが、それだけでお腹一杯。

滑川さんは、小金井の江戸東京野菜の普及に尽力していて、当日は皆さんにチラシなどを配布していた。





9-1.PNG

ピッツァ作りは、生地をのばしたり、トマト味のピッツァソースの上にノラボウ菜などをトッピングするのが、楽しい作業なのだ。

上の画像をタップする
事前に磯沼さんが作ってくれていた生地を発酵させて、膨らませてから・・・・、

小口一城さん(写真下中央)から
「美味しくて新鮮で、珍しい野菜をたくさん堪能できました。 そして“東京”の食やあまり騒がれない事実を知ることができました。 また是非参加したいです。」





10-1.PNG

画像左から、
庄内菜穂子さん、大和田百合香さん、高橋芳江さん、
河原井靖子さん、上野剛さん、飛知和麻里さん、瀧澤陽介さん、
吉田年成さん、冨澤剛さん


福島代表は
アウトドアのイベント、まずは晴れてなにより良かったです!
農業の循環、新たなご縁、江戸東京野菜と磯沼さん牛乳、チーズなどを作って食べてもらえて。。いろいろな体験学びのある場を作ることができました。

事前に磯沼さんとじっくり打ち合わせすることから始めたからカタチにできたと思います。

それにしても上原さんの基礎能力とエスパーぶりには驚きました。
1回メールして食材をお伝えしただけであのスペシャルサラダが完成するとは・・・
」と総括された。

足立から参加の高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ) は、
「楽しいひと時をありがとうございました。山田駅近かったです。
今度は孫を連れて牧場の体験教室に参加しようと思っています。」


河原井靖子さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)のメールにも
「楽しく、美味しく、とても気持ちの良い会でした。
参加して良かった!、継続大事、確かに。
なので次も楽しみにしています(^^)。」
とあった。

大和田さんからのメールには
「食材一つ一つ野菜一つ一つ、キラキラでした!
本当に身体も心も元気になる一日をありがとうございました。
溶岩窯焼きピッツァ最強ですね。
またお野菜のこと教えてください!」
とあった。

飛知和麻里さんからもメールが
「参加できて良かったですきらきら
素敵なイベント開催ありがとうございました(*'-'*)」

飛知和さんは冨澤さんのノラボウ菜でベーグルを作ってきていた。

上の画像をタップする
松嶋理事は私の分も作ってくれたが、
生地をのばして、ピッツァソースをかけたところで、
トッピングは、ネギ、トマト、ノラボウ菜とジャコを希望、
最後にチーズとオリーブオイルをかけて、石窯に入れた。

皆さんと、シェアーしながらいただいたが、
色々なピッツァがいただけて満足でした。

この後、牧場の案内などが予定されていたが、
時間が押していて、先約があったものだから、
福島代表と、磯沼さんにあいさつをして
目立たないように失礼した。

追録

11-1.PNG


posted by 大竹道茂 at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2017年03月28日

絵本塾出版から絵図解 やさい応援団「まるごと! にんじん」が配本された。


絵本塾出版が企画するシリーズ やさい応援団「まるごと野菜」は、構成・文を八田尚子先生、構成・絵を野村まり子先生で、監修をさせていただいている。

これまで、「だいこん」、「キャベツ」、「トマト」、「かぼちゃ」、「じゃがいも」「えだまめ」が配本されているが、3月27日に「にんじん」が出版された。

既刊の「じゃがいも」、「えだまめ」に比べて、数か月余計に時間を要してお待たせしてしまい、1年振りの出版となった。




1-1.PNG

上の画像をタップする
日次
●赤いにんじん、黄色いにんじん
●旅のはじまり
●にんじん、東へ
●名前のふしぎ
●西に旅してオレンジ色になる
●オレンジ色のにんじん日本へ
●にんじんのパワーはカロテン
●畑に、にんじんの種をまいた
●地下で太く大きくなる           
●にんじん消費量は増えている
●セリ科の野菜は個性が強い
●旅を終えてふるさとへ
●にんじん新聞を作った
●おいしく食べよう


監修者の一言として書いてあるが、にんじんと云うと、30年も前は子供が嫌いな野菜だった。
セリ科独特の匂いが強すぎた。
しかし育種の過程で、においを薄めて、潜在的甘みを引き出していったことから、今では、子どもの好きな野菜のひとつになった。

江戸東京野菜としては現在、滝野川ニンジン、馬込三寸ニンジン、砂村三寸ニンジンが復活栽培されているが、
目次にあるように、にんじんの「旅のはじまり」、「にんじん、東へ」、また「西に旅してオレンジ色になる」等、そのルーツを知るうえで、この絵本は理屈抜きで理解できる。
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年03月27日

ここにも残っていた!!、多摩川土手の斜面に、ハマダイコンが満開だった。


先日、高円寺の居酒屋「うおこう」の女将・松井つるみさん(江戸東京野菜コンシェルジュ) が、鎌倉大根の畑を手伝いに行ったという話を紹介したが、

その松井さんが、東京都市大学の二子玉川 夢キャンパスで多摩川のウグイの産卵場所見に行った時に小学生に、このあたりに生えているのがハマダイコンだと教えてもらったと、連絡をくれた。

鎌倉大根を紹介してから、東京にはないのかとの問い合わせも多いことから、松井さんにその場所に案内してもらった。




1-1.PNG

東急・二子玉川駅で待ち合わせをして、野川と多摩川が合流するあたりにある兵庫島方面に向かうと、新堤防の斜面には、一面ハマダイコンの花が咲いていた。

上の画像をタップする
写真右下は二子玉川駅ホームが野川の上までのびている。水辺にはヨシが伸びていてそのあたりに、ハマダイコンはない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年03月26日

小金井市のプロジェクト「江戸まち連」が、「春の小金井で味わう 江戸東京野菜」のチラシを配布中。


小金井市のプロジェクト「江戸東京野菜でまちおこし連絡会( 通称・江戸まち連 )」が、このほど、「春の小金井で味わう 江戸東京野菜」のチラシを作成し、配布している。

小金井市では、平成18年から江戸東京野菜を使った農商連携によるまち興しを進めてきて、春、夏、秋には「江戸東京野菜フェア」なども実施してきた。

今年は春から、小金井市経済課が中心となって観光まちおこし協会や商工会などが、農商連携を地に足のついた活動にしていくために、積極的に使っていきたいと希望する16軒の飲食店を「小金井市認定 江戸東京野菜使用店」として登録した。



1-1-5.PNG

小金井の「江戸まち連」の主要メンバーの、左から「チェリオ」の滑川一美オーナーシェフ、市民の松嶋あおいさん、納所二郎さんが、チラシを配布していた。

上の画像をタップする
この時期、旬の江戸東京野菜は、金町コカブ、シントリ菜、伝統小松菜、東京ウド、亀戸ダイコン、ノラボウ菜が生産されている。

小金井市認定16店のメニューお披露目として、現在配布されている。

尚 同時に発行された「小金井からつづく、つなぐ 江戸東京野菜」 小金井市認定 江戸東京野菜使用店カイドは、後日紹介する。
posted by 大竹道茂 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 小金井市での取り組み

2017年03月25日

おろち大根おろしを鎌倉の伝統食"シラス丼"にのせると絶品!!と、鎌倉在住の山田雅子さんが教えてくれた。


先日、「出雲おろち大根」を育成した島根大学の小林伸雄教授が、鎌倉大根の復活普及に取り組んでいる「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の拠点、大根料理の店「福来鳥」に立ち寄られたことは、当ブログで紹介した。

その席に、鎌倉にお住いの山田雅子さんがお越しになった。
初めてお会いしたが、鎌倉の文化については、造詣が深く、鎌倉市章は、源頼朝の家紋で笹竜胆(ささりんどう) だとか、
自生している株から採種しながら20年も前から栽培されていて、スマホに保存された写真を何枚も見せていただいた。

2009年に山田さんはブログに「鎌倉の大根話」を書いていた。
レンバイ所(鎌倉農協連販売所)で購入した鎌倉で栽培されている大根について・・・。






1-1.PNG

帰り掛けに残っていた者に、
小林先生から”おろち大根”が配られたが、
山田さんから頂いた、写真添付のメールによると、

上の画像をタップすると
「頂戴した”おろち大根”を家族で味わいました。
大絶賛でした。

 鎌倉や江ノ島で若者に人気の “しらす丼” にのせました。
大根の辛さ、風味、あと味、量感・・・・、
生わさびを上回る程だと感じました。

しらすは鎌倉の前浜で獲れ、数少ない漁業の観光資源です。
しらすと大根おろし(普通の)は元々相性が良いものですが
”おろち大根”との出会いは格段上でした。

 鎌倉大根も此のような味になるのかと楽しみです。」
とあった。

鎌倉大根もそうだが、水分が少ないことから、
おろしても、びちゃびちゃにならないから、風味、あと味特に良い。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年03月24日

新宿の区立図書館から、地域に根差したサービスとして、図書館利用者に「江戸東京野菜の物語」講座を依頼された。


「江戸東京野菜四谷菜園の会」が実施されてから、今年で4年目になる。

新宿区四谷にある絵本塾出版の尾下千秋社長が、屋上に菜園を作って楽しまれていたが、2012年の夏だったか、同社が企画した野菜の「まるごとシリーズ」の監修をお引き受けして以来、江戸東京野菜にも興味を持っていただき、

屋上菜園で、江戸東京野菜を栽培したいからと云うので、2014年4月、栽培指導者に宮寺光政さんを紹介した。



1-1.PNG

上の画像をタップする
最近では、江戸東京野菜の物語性に着目して絵本にすべく原案を作りつつあるが、江戸東京野菜の普及について、色々と考えていただいていて、先日は、新宿区立戸山図書館にご案内をいただいた。

新宿区立の施設では、「エコギャラリー新宿」で、お話ししたことがあるが、図書館は初めて、

新宿には、内藤トウガラシ、内藤カボチャ、早稲田ミョウガ、鳴子ウリと、江戸東京野菜があり、図書館としても地域に根ざしたサービスとして、図書館利用者の方が満足していただける企画を提供していくことも重要だということから、尾下さんが、図書館サイドに提案していただいた様だ。

実は2012年2月に、早稲田ミョウガの発見が早稲田でも話題になっていた事から、当時の新宿区立鶴巻図書館・八木敏仁館長が、わざわざ練馬まで講演を聞きに来てくれた。

田山花袋が「・・・・、早稲田から鶴巻町へ出てくるところは、一面の茗荷畑で、早稲田の茗荷と言えば、野菜市場にきこえたものであった。・・・」と、著書「東京の三十年」に書いているが、

鶴巻が早稲田茗荷の主産地だったからで、しかし、その後、館長は異動されたことで実現しなかった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2017年03月23日

出雲おろち大根を育成した、島根大学の小林教授ご夫妻が、連休の合間、鎌倉「福来鳥」にお見えになった。


鎌倉大根の話題が広がっている。
今年の2月、神奈川県園芸種苗対策協議会が発行した、「かながわゆかりの野菜」が、鎌倉大根にページを割いていて、

鎌倉大根 〜狐の恩返し〜、を掲載し、「復活のきざし」として復活プロジェクトを始めたと、成松次郎先生が紹介してくれたことは、当ブログで紹介した。

また、神奈川県農業技術センター三浦半島地区事務所の原康明研究課長は、先日、島根大学が取り組む「出雲おろち大根」の調査に、同大植物育種学研究室の小林伸雄教授を訪ねていて、

お帰りになって原課長から電話を戴いたが、今後、県農業技術センターでも、栽培をしてみたいと話されていた。
神奈川県の農業技術センターが取り上げてくれることは素晴らしいことだ。

しかも、小林教授ご夫妻が、この連休中に「福来鳥」のさとうえだオーナーに会いに、鎌倉に立ち寄るとの情報を寄せてくれた。

そんなことで、私もこれまでの経過を報告したいので、お会いしたいと、えだオーナーに伝えていて
「鎌倉だいこん未来研究クラブ」のメンバーの内、都合のつく方に集まってもらった。





1-1-1-1.PNG

当日は、小林教授ご夫妻が「福来鳥」を訪ねられるというので、
「北鎌倉湧水ネット」の野口稔代表、鎌倉大根を栽培してくれている鎌倉の農家リーダー・山森金雄さん

山森さんの畑に連れて行ってくれた井出朋子さん(アグリビジネスコーディネーター)、そして最近井出さんと共にリーダーシップを発揮されて、頼りにされている花村勝男さんが集まった。

鎌倉にお住まいの山田雅子さんもお見えになった。
山田さんは鎌倉の歴史文化に造詣が深く、鎌倉大根の情報を知り、私が来るからと訪ねてくれたようだ。

上の画像をクリックする
小林教授には、鎌倉大根の発見の経過についてご報告したが、佐助稲荷神社に伝わる伝説の大根として評判になっていることも・・・

伝説の大根として、今後どのようなタイプにしていくかについて問われたので、
最終的には、鎌倉の皆さんが決めることだがとして、アドバイザーとしては、タイプは「出雲おろち大根」のタイプが望ましいところで、疫病を治したという伝説から、辛い大根が望ましいと、鎌倉大根への思いを伝えた。

小林教授は、辛みにこだわると、太らないと・・・・。

小林教授が事前に、福来鳥に送ってくれた「出雲おろち大根」を手にして説明された。
出雲では、砂地での栽培で出雲タイプが栽培されているという。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年03月22日

春の三連休は、浦安、鎌倉、横浜と出ずっぱりだったが、お天気も良く結構楽しめた。


先日、鎌倉市関谷の永田克己先生から、山森金雄さんの畑で、鎌倉大根の花が咲いているとの情報をいただいていたので、確認しておきたいと、日曜日に出かけた。

日曜日は、出雲おろち大根を育成した島根大学の小林伸雄教授が、14時に鎌倉の福来鳥を訪ねてくることになっていて、久しぶりにお会いできるのを楽しみにしていた。

その前に、山森さんの畑に行こうと「鎌倉だいこん未来研究クラブ」の井出朋子さん(アグリビジネスコーディネーター)にお願いし、13時に大船で待ち合わせをして、車を出してもらった。





1-1-5.PNG

しばらく雨が降っていないので、畑はブカブカの状態。

上の画像をタップする
山森さんは、10数種類の大根を栽培しているが、この時期は畑には何もない。あるのは、鎌倉大根だけが数株、大きな株となって花を咲かせていた。

まだ莢はつけていないが、ネットを張っていただくようにお願いする。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年03月21日

東京湾クルージング、大型パーティー船「ジーフリート」で、大川端の夜景にお誘いいただいた。


毎年11月に東京都農住都市支援センターが、京橋の大根河岸から隅田川を渡り、小名木川を遡り、中川口まで行くバスツアーを実施している。

江戸は運河が張り巡らされ、水の都の一面を持っていた。
しかし1964年の東京オリンピック開催にあたり、都心部の運河は高速道路に姿を変え、日本橋の真上に高速道路が通過するようになり、景観が変わってしまった。

改めて、江戸期における農業、農産物、そして舟運を見つめ直すと、そこに江戸東京野菜の物語が浮かび上がる。





1-1tashiro.PNG

そんなことを、知り合いのスペインクラブの田代順社長に、水辺から舟運を体験してみたいなどと、お伝えしていたことがある。

田代社長は覚えてくれていて、ご友人の平野拓身氏(株式会社ジール社長) が、報道関係者を招いて特別試乗会を行うと連絡をいただいた。

なんでも、潟Wールが所有する船舶の内覧会を行い、
のどかな漁港風景から工業地帯、大都市の景観に至るまで、様々なクルージングの場面がある東京湾等での活用について紹介する、〜人々と海と水辺をつなぐ、クルージングを体験〜 に参加できるという。

当日は、品川区東品川の第三斎藤ビル1Fの、レストラン「キャプテンズワーフ」に伺った。

上の画像をタップする
今回の企画、田代社長も見えていて、挨拶をされていた。

平野社長(左)と、國谷剛部長(パーティーイベント事業部) から、パワーポイントを使ってのプレゼンが行われた。

同社は1993年6月に設立され、“人々と海と水辺をつなぐ”をコンセプトに東京を中心に内湾クルーズ船の商品企画、運営、運航が紹介された。

クルージングを気軽に体験できるよう、4種類の所有船舶(7隻)で航路・人数・目的に応じた様々な商品を展開。
パーティークルーズ、ウェディングクルーズ、撮影事業部、海洋散骨、グランブルーセレモニーの体制となっている。

天王洲アイルエリア(東品川)に自社プライベート桟橋と直営の地中海料理レストラン「キャプテンズワーフ」を所有している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年03月20日

3月の、〜江戸東京野菜を食べよう〜!シリーズ〜は「早稲田ミョウガタケ」


2010年に、早稲田ミョウガの捜索隊に参加して、早稲田ミョウガを発見してくれたのが井之口喜實夫さん。
その後、栽培に取り組んでくれている。

2011年からは、ミョウガタケの試作をしていただいている。
秋のミョウガの子、そして早春のミョウガタケと、何れも「刺身のツマ」としての高級食材で、

「鎌倉の 波に早稲田の 付け合わせ」と云う川柳にあるように、

「鎌倉の波」は外洋に泳ぐ初鰹であったり戻り鰹であったり、
「早稲田の付け合わせ」は早稲田ミョウガを意味している。


これも、江戸東京の食文化を伝える詩だが、近年では、産地は東北へと移り、宮城県名取市下余田が産地となっている。





1-1-2-1.PNG

東京都庁第一庁舎32階南側の職員食堂を運営する、西洋フードコンパスグループの森川洋一部長と、同食堂の長谷川亜未管理栄養士

上の画像をタップする
当日は、森川さんと同社斎藤和彦マーケティング部長が、井之口さんと、後継者の勇喜夫さんを招いてくれた。



続きを読む

2017年03月19日

鎌倉野菜を栽培する山森さんの畑で、採種用の鎌倉大根に花が咲いた。


啓蟄に、鎌倉市関谷の長田克巳先生から、写真が貼付されたメールをいただいた。
昨年の、10月に山森さんの畑でお会いしているが

メールには「関谷七色畑の「瞑想の小径」を毎朝散歩しております。
昨年、山森ファームに蒔いたハマダイコンの花が咲いておりました。」とあった。

山森ファームの山森金雄さんは、鎌倉野菜を販売している鎌倉市農協連即売所(一名レンバイ) の組合長をされた方で、昨年種をお渡しして栽培していただいたことから、鎌倉大根は、鎌倉野菜として位置づけられた。

昨年は、レンバイで販売されたが、完売だったことから、今年は種採りもお願いしている。






1-1-2.PNG

永田先生には、莢が出来たら写真を撮って送っていただきたいと、お願いしたところだ。

上の画像をクリックする。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年03月18日

亀戸大根の「福分けまつり」の帰り道、駅ビル「アトレ」の屋上菜園に亀戸大根が育っていた。


第18回 亀戸大根の福分けまつりが、地元亀戸の香取神社で開催されたことは、当ブログで報告した。

亀戸大根を持って会場に来ていた、亀戸駅ビル「アトレ」のチーフエリアマネージャーの山田智士主任にお会いしたが、
その亀戸大根はどこから入手したものなのかを尋ねると、駅ビル屋上で栽培していると云うので、帰りに寄るから案内してほしいとお願いしていた。





1-1-3-5.PNG

会場でお会いした、山田智士主任(左)、安田貢記副店長、齋藤大弥さん、佐藤敬子店長の皆さん。

山田さんの案内で、駅ビル8階屋上へ、菜園ゾーンにはまだ亀戸大根が残っていた。
何でも、採種をするという。

上の画像をタップする
アトレ屋上の菜園は太陽をたっぷりと受けて、沢山の種が採れることだろう。

写真左から、納所二郎理事長、松島あおい理事、新宿区の大浦美鈴さん、江戸東京野菜コンシェルジュの黒川博美さん、写真には写っていないが浅草「葱善」の田中庸浩社長も参加された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2017年03月17日

第18回福分けまつりで、10時から亀戸大根収穫祭が、亀戸香取神社で執り行われた。


11日、「ひょうごの食シンポジゥム」に招かれていたが、12日は亀戸の「福分けまつり」に出席するために、新神戸6時9分発ののぞみに乗って9時半に、会場の香取神社にたどり着いた。

同神社のイベントも年々盛大となって、今年で18年目を迎え、江戸東京野菜による地域興しとしては、他の模範となっている。





1-1-12.PNG

今年も地元の小学校、幼稚園などが、丹精込めて栽培した亀戸大根を、奉書などに包んで祭壇に奉納された。

上の画像をタップする。
祭壇の奥に、梢越しにスカイツリーが透けて見える。

収穫祭の式典は、香取宮司の祝詞奏上、厳粛な中で執り行われた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2017年03月16日

なにわの伝統野菜の「田辺大根ふやしたろう会」谷福江世話人に、久しぶりにお会いした。


ひょうごの食シンポジウム」の会場で、田辺大根ふやしたろう会の谷福江世話人に、久しぶりにお会いした。

谷さんとは、2013年12月に、宇都宮大学で開催された「だいこんサミット2013」で、ご一緒していて、当日は展示用に田辺大根を持ち込み、皆さんに説明されていたのを思い出す。

田辺大根ふやしたろう会は、地元田辺地区にお住いの谷世話人など12−3人の会員で、復活してから17年になるグループ。
一人ひとりが、その思いを広く伝えるべく熱心に活動している。





1-1.PNG

会場の入り口で、担当の武幹事を探してうろうろしていたら、谷さんが声をかけてくれて、田辺大根レシピ集Vol 2をいただいた。
このレシピ集、東住吉区役所が発行していて、行政を巻き込んだ取り組みに発展している。

上の画像をタップする
レシピ集によると、
田辺大根は、江戸時代から現在の東住吉区田辺を中心に栽培されていた大根です。
大正から昭和にかけて農地が減少したことより幻の野菜となっていましたが、近年、種子が発見され、地域の人達 の協力で「なにわの伝統野菜」として復活しました。

白首で、根部分は標準で長さ20センチあまり、筒状のハムのような形でやや下膨れで、先端にネズミのシッポのような根が伸びます。
葉は根部分の2倍以上に育ち、とげもなく美味しく食べられます。肉質は徹密で生で食べると辛味の中にほのかな甘味が感じられます。

煮炊きしてもしっかりして煮崩れやカサ減りが少なく辛味が甘味に変わります。
漬物などにしても 歯ごたえがあり大根のうまみが感じられます。

田辺大根ふやしたろ会のHPはここから


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年03月15日

江戸東京野菜コンシェルジュ協会の畑見学で井之口喜實夫さんの早稲田ミョウガタケのムロを見に行ってきた。


先月、東京ウドの軟化栽培の現状を見たいということで、江戸東京野菜コンシェルジュの皆さんをお連れしたことは、当ブログで紹介した。

伝統野菜は、季節限定だが、独活などの軟化栽培は比較的人為的に栽培することが出来る。
休眠中のウドの根株を必要な時に、穴倉に入れて栽培するものだが、

井之口喜實夫さんの栽培する、早稲田ミョウガタケも同じで、休眠している早稲田ミョウガの根株を、半地下の苗床に植えてから、踏み込んだ落葉の発酵熱で発芽を促すというもの。

今年は、2月から出荷が始まって、7日、8日に開催された第6回「更科堀井 冬の会」〜更科蕎麦と江戸東京野菜を味わう〜で、皆さんに江戸甘味噌で食べていただいた。

そして、2月には新宿区立の小・中学校30校の学校給食に出されたりもしている。





1-1.PNG

今回も、江戸東京コンシェルジュ協会の役員から、案内してほしいと云うので、井之口さんの了解を得て、10日午後に伺った。

上の画像をタップする
このところの陽気なのか、シートをどけると、黄色く柔らかい葉が網につかえるほど伸びていた。

参加者は、初めて見るミョウガタケの様子を盛んにカメラに収めていた。
このミョウガタケは、13日から17日まで東京都庁第一庁舎32階南側の食堂で行われている、〜江戸東京野菜を食べよう〜! 、で料理されている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2017年03月14日

「ひょうごの食シンポジウム」において、江戸東京野菜による地域活性化、食育の取組等を語る。


昨年暮れに、JA東京中央会の島田幸雄部長からJA兵庫中央会から、講演依頼が来ているが行けるかと連絡をいただいた。
江戸東京野菜を多くの方に知っていただけるのであければ伺いますと返答をしていた。
数日後、「ひょうごの食研究会」の武正興幹事から、同会と生活協同組合コープこうべ主催の「ひょうごの食シンポジウム」における講演依頼文書が届いた。

ひょうごの食研究会は、生産者と消費者、それをつなぐ栄養士等学識者、食品製造・流通業者が互いにそれぞれの分野の課題を学習し合い、より良い農漁業生産と健康な食生活をそれぞれの立場で推進することを目指す緩やかなつながりの会だと云う。

当日の参加者は、消費者、生産者、栄養士等が主体で、食を通じて、日本の農業や地域おこし、また食育につながる機会になればと考えています。とあった。

なぜ「ひょうごの食研究会」からご指名があったのかと思ったら、同会の幹事さんの中に、「ひょうごの在来種保存会」代表の山根成人先生がおられたので、山根先生の推薦があったと認識した。

山根先生には、昨年「お米の勉強会」の村山日南子代表から招かれたときに、お会いしていることは当ブログで紹介している。

山根先生が、2011年9月に「野菜の学校」で講演をされて以来、何かとご指導をいただいていて、「ひょうごの在来作物」も送っていただいている。

2月になって、武幹事からチラシを送っていただいたが、13時から「江戸東京野菜物語」についてお話をさせていただくことになった。






1-1.PNG

会場には、12時前に到着し、
「ひょうごの食研究会」の、高山敏弘会長(神戸大学名誉教授(農業経営))、田中智子副会長(神戸市生活指導研究会会長)と、清水悦子副会長(兵庫県生活研究グループ連絡協議会副会長)、保田茂幹事長(兵庫農漁村社会研究所 代表 神戸大学名誉教授(農業経営))、小寺收幹事(JA兵庫中央会協同組織部部長)、山根成人幹事(ひょうごの在来種保存会代表)、武正興幹事と、小池潤氏(鰹ャ池農園こめハウス専務)。の皆さんが迎えてくれた。

また、知らなかったが同窓で、現役時代三大都市圏の仲間として一緒に活動した大杉和秀さん(元JA兵庫中央会)が、元ひょうごの食研究会幹事をされていたとかで、わざわざ訪ねてくれたので、旧交を温めることが出来た。

皆さんと一緒に昼食のお弁当をいただいので、気持ちも落ち着いて講演に入れた。

上の画像をタップする
さて、講演だが、テーマは「江戸東京野菜物語」で、主催者の希望として、@伝統野菜の生産振興、A伝統野菜による地域活性化、B食育の取り組みについて、休憩をはさんで2時間、依頼されていた。

昭和56年(1981)、都市に農地はいらないという国の政策に対して、「子供たちに残したい身近な自然」を作って、東京の歴史文化を次代に伝えていきたい思いの中から、江戸東京野菜の取り組みが始まった。
ある意味、都市農政運動の一手法として、伝統野菜で地産地消をライフワークにしていることを伝えた。

平成9年、農業協同組合法施行50周年記念として「江戸東京の農業説明板」50本の設置を企画、それによって地域で農産物の復活が始まった。

江戸時代、全国から集まった野菜の種は、江戸の気候風土の中で育成され、良質の練馬大根や、滝野川ゴボウ、三河島菜などは、江戸土産として全国に伝わった。

「伝統野菜は長老に聞け」の講座では、固定種の練馬大根について詳しい、渡戸章さんに種採りの方法を学んだが、「ひょうごの在来作物」にも、多くの長老の話が掲載されていることを評価した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2017年03月13日

江東区立第五砂町小学校の4年生か実施する 伝統野菜「砂村一本ネギ」の命を伝える授業で土寄せ作業。


江東区立第五砂町小学校(齋藤和子校長) が実施している砂村と云われた時代から今に伝わる伝統野菜「砂村一本ネギ」の命を伝える授業は、10月に定植が行われたことは、当ブログで紹介した。

その後、第1回の土寄せは、12月22日に実施している。

伝統野菜は、種を通して命が今日まで伝わってきた野菜と云うことを、銭元真規江栄養教諭は、授業の中で上級生の5年生が、これから栽培を始める4年生たちに、種を贈呈するセレモニーを行っている。

先生から、種を手渡されるのでなく、上級生のお兄さんやお姉さんたちから手渡される「タネ」は、下級生たちにとって、僕たち、あたし達も、立派に栽培して、後輩たちに、伝えようとの思いを醸成している。





1-1.PNG

その銭元先生から、3月1日に第2回の砂村一本ネギの土寄せを行ったと、写真添付のメールをいただいた。

上の画像をタップする。
きれいに、土寄せができたので、首のしまったいい根深ネギができることだろう。