2017年04月21日

並木猛さんの東京産セルリーづくし スペシャルディナー@Osteria Arcoが開催された。


伝説の日本一セルリーを栽培していた伊藤仁太郎の愛弟子、清瀬市の並木猛さんの栽培状況を、当ブログでは何度も紹介してきた。

その間、野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんや、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の上原恭子理事も、並木農園を訪れて、並木さんのセルリーにかける思いを、収穫されたセルリーに感じ取っていて、

一流の生産者が栽培した野菜を、一流の料理人に、お料理を作ってもらいたいとの企画を練っていたが、オステリアアルコの岡田圭介シェフに受けていただいた。





1-0.PNG

上の画像をタップする。
渋谷区代々木にあるイタリアンのオステリアアルコは、篠原さん、上原さんの行きつけのお店。

4月15日
並木農園の「セルリーづくしスペシャルディナー@Osteria Arco」が実現した。

この日は、昼から両国・NORENでのイベントがあり、16時過ぎに終わったので、19時から開催される「セルリーづくしスペシャルディナー」はお誘いをいただいていた。
並木さんを取材してきたので、参加したかったが帰宅が23時を過ぎるようなので失礼し、上原理事に任せて報告してもらった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

4月の 〜江戸東京野菜を食べよう !〜 シリーズは「のらぼう菜」


毎回、都庁第一庁舎32階南側の職員食堂を運営する、西洋フードコンパスグループが実施する 〜江戸東京野菜を食べよう !〜 シリーズ、4月は「のらぼう菜」となった。

ノラボウ菜のシーズンは、ハウス物で2月、本場五日市では3月から露地物が出荷されるようになり、3月末には、のらぼう祭りが開催されて、4月の中下旬まで出荷される。

今回は、産地のラボウ菜を入手するためにJAあきがわの市川辰雄専務に依頼して、生産地を案内していただいた。





1-1.PNG

上の画像をタップする
〜江戸東京野菜を食べよう !〜 シリーズ「ノラボウ菜」のメニューは、

のらぼう菜のごま和え       480円
のらぼう菜のガーリック炒め    580円
のらぼう菜の肉巻き        580円
のらぼう菜の春巻き        580円
のらぼう菜のかき揚げ       550円
のらぼう菜の焼うどん       580円




続きを読む