2017年04月23日

更科堀井の料理人が江戸東京野菜のタケノコ(孟宗竹)を堀に八王子の竹林にやって来た。


先日、更科堀井「春の会」の打ち合わせで、今度、八王子のタケノコ堀にいくという話を聞いていたが、案内すると云う福島秀史理事(江戸東京コンシェルジュ協会) に、どこの竹林かと尋ねると、高倉大根の立川太三郎さんのお宅に5時半だというので、出かけた。

八王子市は竹林が多く、山林が孟宗竹に占領される勢いで、荒れたところも多い。
立川太三郎さんのお宅の裏山は竹林になっているが、きれいに整備されていた。
丁度、南斜面にあたることから、市内でも最も早く直売所に出荷したようだ。





1-1.JPG

更科堀井からは、河合孝義料理長と持田拓也さんが来られた。

上の画像をクリックする
立川さんは、慣れた手つきで次々に掘っていくが、
斜面だから掘り辛そうだ。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:37| Comment(0) | TrackBack(0) | タケノコ(孟宗竹)