2017年04月27日

名残りの早稲田ミョウガタケLaunch会を小料理石井でやるからと、お誘いを受けた。


早稲田ミョウガ栽培の第一人者井之口喜實夫さんご夫妻を招いて、今年最後、いわゆる名残りのミョウガタケLaunch会をやるからと、お誘いを受けた。

会場は、大泉学園駅近くの、「小料理石井」
実は、3月上旬の昼過ぎに、井之口さんのミョウガタケ栽培を見たいという方々と、大泉学園駅で待ち合わせ、小料理石井で昼食を摂ってから、隣の駅近くにある井之口さんのお宅に伺った。

その時、今度早稲田ミョウガタケを食べに来ますからと、皆さん和食の料理人・石井公平さんと約束をしていた。





1-1-5.PNG

井之口さんのお宅は、石神井公園駅近くということもあり、ご夫妻は自転車で来られた。

東京ウドの農家見学に参加した諏訪間千晶さん(左奥)と、植木美江さん(右奥)、ミョウガタケの農家見学に参加された碧野圭さん(中央奥)と、増田純代さん(前右)、そして左が八幡名子さん(多摩・八王子江戸東京野菜研究会)

上の画像をタップする。
協会の役員以外では、御倉多公子さん(園芸研究家)と、若林牧子さんも参加された。
若林さんからは野菜ソムリエのアワード本選に、コミュニティTOKYOから東京ウドで出場し銀賞を受賞したとの報告を受けた。

会食は、上原恭子理事の司会で始まり、石井さんが歓迎の挨拶と、お料理について説明。

まず、井之口さんがお持ちいただいた名残りの早稲田ミョウガタケをかじるところから始まったが、サクサクとしたあの香りを楽しませていただいた。

出汁にこだわる同店は、まず鰹節を削ったものを戴くところから始まるが、今回も削っていただいて試食。

お隣が、小金井市の「チェリオ」オーナーシェフ滑川一美さんで、石井さんとは初対面のようなので、プロフーイルを紹介した。

石井さんは、大手企業の接待用施設で和食の料理人をされていたが、2014年に江戸東京野菜に興味を持って入門編に参加されたのが始まり。

江戸東京野菜を使った和食の店を出したいという夢をかなえるべく努力され、2015年に縁あって地元に「小料理石井」を開店した。

石井さんは、老舗「つきぢ田村」で修業、三代目田村隆氏を師匠と仰ぎ、技を引き引き継いで出汁にこだわり、地元産の野菜を使って、地産地消の店として固定客が増えている。



続きを読む

NHKラジオ 5月27日(土)朝6時14分からの「インタビュー 明日の人」で江戸東京野菜の取り組みが放送される。


NHKラジオの5月27日(土)の朝6時14分からの「インタビュー 明日の人」で江戸東京野菜の取り組みが放送される

4月10日のNHK-TV首都圏ネットワークで、江戸東京野菜の取り組みが放送された後、NHKラジオセンターの富本修志さんから電話をいただいた。

土曜日の6時14分から10分足らずの番組で「インタビュー明日の人」のテーマにぴったりだからと、取材を申し込まれた。

NHKまで行くのかと思ったら、10分足らずの番組で、スタジオを抑えるのも大変だから、お宅に伺いますと、26日自宅に来てくれた。




1-1.JPG

上の画像をタップすると詳細。
キャスターは、高市佳明さんと渡辺ひとみさんで、進行する。

ラジオ番組は、運転手の方や、家で作業をしている人などが良く聞いてくれている。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表は、NHKのふるさとラジオ 「ふるさと元気力」(柿沼郭アナウンサー) を、運転しているときに聞いて、江戸東京野菜に興味を持って、仲間に入ってくれた。

そんなこともあり、倍ぐらいの時間で熱く語ったが、後は富本さんが上手く編集してくれるそうで、安心している。
富本さんよろしくお願いします。

当初6日放送予定でしたが、諸情勢により27日(土)に変更になりました。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | NHK-TV 、ラジオ出演