2017年05月05日

江戸東京野菜の「寺島ナス」の苗を取りに来てくれる方、連休中にお分けします。


江戸東京野菜「寺島ナス」栽培の第一人者星野直治さんが、江戸東京野菜の普及に取り組みたいという方に、寺島ナスの接ぎ木苗を5本(1本150円) を限度に、7日まで星野農園にて提供していただけることになりました。

寺島ナスは小ぶりですが加熱するととろみが出ておいしい茄子と評判です。
今回の苗は接ぎ木苗ですから、前年ナスを栽培した畑でも連作障害はありません。
コンパクトに、鉢植え栽培もおもしろい、

農事暦の上では、5月4日、5日が、一粒万倍日ですから、定植にはもってこいですが、7日は不成就日になっています。



1-1-8.PNG

お渡しは連休中を予定していますが、星野農園まで取りに来られる方、宅急便での発送は行いません。なくなり次第終了です。



posted by 大竹道茂 at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達