2017年05月15日

鳴子ウリの苗をいただきに・・・、 昼食はワインテラスYUMEで、石川孝治さんのお野菜を


鳴子ウリの苗づくりをお願いしている、府中市の石川孝治さんには、4月に今年も宜しくとお願いしていてた。

鳴子ウリの栽培を授業で行う新宿区立柏木小学校での打ち合わせは4月14日に、栽培指導をお願いしている梶谷正義先生と同校を訪れた。

佐藤郁子校長のもとでお世話になった越田邦彦副校長が異動され、今年度からは新たに岩ア広明副校長、4年生の担任が大窪アヤ子教諭と坂本敬紘教諭と打ち合わせをさせていただいていた。

坂本先生からは、畑の準備をしましたと云うメールが来ていた。
菜園はおよそ4uで、梶谷先生の事前のメールによる指導で、肥料は、腐葉土15L、堆肥20L、化成石灰400g、苦土石灰600gを入れて耕したとあった。

また、12日の授業については、5、6時間目を使って、座学と定植授業を2クラス交互に行うことで打ち合わせは済んでいた。
5時間目・・・1組教室、2組校庭、6時間目・・・1組校庭、2組教室






1-1.PNG

授業で使う「鳴子ウリの苗」をいただきに、10日に石川さんのハウスを訪ねた。
前日、お湿りがあったので、作物は生き返ったようだった。
今年は、播種を遅くしたからまだ、苗は小さいと云っていたが、夏休み明けぐらいに収穫となると決して遅くはない。

上の画像をタップする
ハーブを主に栽培している石川さんだが、内藤トウガラシの栽培農家として新宿のまち興しにもかかわっている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 15:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種