2017年05月17日

JA東京あおばの内堀常務から贈呈された江戸東京野菜の「雑司ヶ谷ナス」を、2年生が定植作業


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長) の佐藤綾子栄養教諭から、今年2年生が栽培する野菜、特に江戸東京野菜を紹介してもらえないかと相談があり、

同校のある光が丘に本店のあるJA東京あおばに相談すると、
2011年に、豊島区立千登世橋中学で復活させた雑司ヶ谷ナスを提供し、栽培を指導してくれることになった。

同校の2年生は、全員で菜園の除草作業を楽しく行ったことは、同校のHPに掲載されたことから、当ブログで紹介した。

12日(金)の11時前に同校に伺ったが、間もなくJA東京あおばの、内堀比佐雄常務と、地域振興部農業振興課の上野正樹課長、渡辺耕造営農相談員、そして広報として経営企画の岩田麻衣子さんたちがみえた。





1-1-2.PNG

上の画像をタップする
授業が始まる前に、菜園を見ると、乾燥しきってぶかぶかの状況であることから、佐藤綾子栄養教諭とJA東京あおばの内堀常務をはじめ皆さんで、水やりと定植しやすいように穴掘り、準備作業を行った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組