2017年05月22日

行きつけの昭島の丸義で、宮城県産の「ほや」を見つけたので晩酌用にさばいてもらった。


30代の頃、居酒屋で友人が注文した「ほや」を、うまいからと勧められて一口食べたのが病みつきで、一時すっかりはまっていた時期もあった。

住んでいた近くの鮮魚店に並んでいたのを買ってきたこともあったが、家内の気持ち悪いという言葉を尻目に、包丁を持ったが

さばき方がわからず、二つに割って食べようと包丁を無造作に入れたとたんに、パンパンに張っていたほやの体内から汐水のような液体が鉄砲水となって顔面を直撃したのにはびっくりした。

何度やっても切り方がわからなものだから、失敗を繰り返し、まな板周りをびしょびしょにしていた。





1-1-2-3-4.PNG

昭島に移り住んでから、マグロが食べたくなと隣駅・青梅線中神駅近くの住宅街にある「丸義」に行って買ってくる。

竜太郎社長のお父さん(初代社長) はお元気で板場を仕切っていて、鮮度のいい魚介類がそろっているから、同店のを食べるとほかのものが食べられなくなる。

同店には味にうるさいお客さんが、遠くから車でやってくるようだ。

上の画像をタツプする
孫が来るというので、家内と相談して手巻き寿司でもやろうか!、となった。

丸義では、マグロ以外も孫の好きなイクラやウニなども買ったが、宮城産の「ほや」があったので、晩酌用に一つさばいてもらった。

海中での形から海のパイナップルと云われる「ほや」、根のようなものも付いていることから植物なのかと思われがちだが、プランクトンを餌にしている海産動物。

さばき方がわからないままになっているので聞いてみ見たら、社長の弟さんが板場から出てきて教えてくれた。
突起物を切り落とすのがポイントだとか・・・・・
パンパンの「ほや」の切り方について、長年の疑問が解けた。

ほやの旬は5月から8月というから、しばらく食べられそうで、今度は自分でさばいてみよう。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報