2017年09月06日

新宿区立東戸山小学校で、4年生による伝統小松菜の栽培が始まった。


新宿区立東戸山小学校(川崎勝久校長)の羽田野有紀栄養教諭が江戸東京野菜を栽培したいと云うので、7月26日に伺って、4年生の担任生田淳子教諭のお考えも伺ったが、そのことは当ブログで紹介している。

栽培指導をされる先生についても相談された。
同校の近くにある元新宿区立東戸山中学校の跡地で、新宿区の子どもたちに農業指導をされている、梶谷正義先生を推薦していた。

日程も、8月31日(木)の午後と云うことで準備を進めていただいた。



1-1.JPG

昼頃、JR大久保駅から同校に徒歩で向かったが、小雨が降っていて、種まきができるかと心配になったが、昼食にレストランに入って、小一時間雨をやり過ごしてから、東戸山小学校へ・・・・

上の画像をタツプする
川崎校長(写真上左・下右)に、新宿の小学校が取り組む江戸東京野菜について、ご説明をしているところに、梶谷先生も見えたので、栽培する菜園を見せてもらった。

6年生の菜園で1学期は使われたが2学期は使わないのか、4年生が借りられることになったようだ。

主事さんが、何度も耕うん機を入れたとかで菜園はフカフカだった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

ウェブサイト「フード・マイレージ資料室」を主宰している中田哲也先生から、メルマガNo.126のご案内をいただいた。


江戸東京野菜コンシェルジュ総合講座の講師をお願いしている、中田哲也先生が「和暦文月十五日の今朝ほど配信した拙メルマガNo.126は東京農業と江戸東京野菜を特集しました。」とのご案内をいただいた。

野菜を中心に高収益を上げている東京農業の底力、江戸東京野菜コンシェルジュ育成講座総合コース(第7期)、東京・小金井市在住の植木美江さん『7色野菜の便利図鑑』等を紹介していただいた。


1-1.JPG

上の画像をタップする
中田先生ありがとうございました。

写真は、練馬大根栽培の第一人者渡戸章さんと(昨年12月)



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介