2017年09月09日

新宿区立柏木小学校の4年生が鳴子ウリの栽培授業の最後にみんなで食べた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生は地元柏木の伝統野菜「鳴子ウリ」の栽培を毎年行っている。

今年も梶谷正義先生が、何度も夏休み中の学校に足を運んで、栽培指導をされていた。
今年の天候は同校が2013年から始めて5年目になるが、こんな天候ははじめてだった。

梅雨は7月までは雨が残ることがあっても、8月になると暑い日が続くと云うのが例年だが、

今年は、7月が暑い日々が続き、8月になると20日間も雨が降り続くという状況で、東京でも果菜類の生産現場では花が咲かないので実がつかないなどの被害が出ていた。

柏木小学校の鳴子ウリも、幾つも実を付けたものの、8月に入って雨が降って、陽が出なかったことや、温度が上がらなかったことから、実が大きくならずに落ちてしまった。





1-1.JPG

例年4年生全員が授業で食べる分の鳴子ウリは、府中市西府の石川孝治さんにお願いして、8月末頃に収穫してもらっているが、今年の天候は作りなれた石川さんでも苦労され、8月中下旬に実になる雌花が咲かなかったことから、上旬に実ったものを提供してもらって同校の冷蔵庫で管理していた。

当ブログで紹介したが、練馬区三原台の酒井利博さん(JA東京あおば副組合長) が作ってくれていて、授業当日10数個の鳴子ウリを持参してくれた。

上の画像をタップする
写真上、右から酒井利博さん、新宿区立戸山図書館の大城澄子館長、企画広報担当の福田梓さん、予約・雑誌・システム担当の伊藤司浩さん。

写真中段左の左から、NPO法人ジャパンハーブソサエティーの岡田和子さん(イベント委員)は、都庁の食堂で実施した江戸東京野菜を食べようのイベントに来られていたので、お誘いしたもので、塚本有子さん(イベント委員長)を誘って参観されていた。

写真右下は梶谷先生。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種