2017年10月05日

「丸の内プラチナ大学」で江戸東京野菜を紹介させてもらった。


三菱地所が都心の大手町・丸の内・有楽町(大丸有)の再開発を進めているが、これらエリアのまちづくり推進や、エコに関する調査研究と情報発信、各種イベントの開催など、さまざまな活動を行っている、

大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツエリア協会)の、「食」「農」連携推進コーディネーターをされていてる中村正明さん(潟Oリーンデザイン代表取締役) から、電話をもらった。

中村さんは大学が同窓と云うことで、2010年に三國清三シェフと丸の内でイベントを行った時からの付き合いで、「大丸有つながる食プロジェクト」のプロデュースを手掛けている。

東京産食材の試食会を「ミクニマルノウチ」を会場に実施した事もある。

今回は、2015年にエコッツェリア協会と且O菱総合研究所 プラチナ社会研究会が立ち上げた「丸の内プラチナ大学」で江戸東京野菜の話をしてくれと云うもので、40−50代を中心としたビジネスパーソンを対象にしたキャリア講座だという。




1-1.JPG

皆さんお仕事を終わってからの講座と云うことで、18時30分からと云うので、暮れなずむ東京駅に降り立った。

上の画像をタップする
お堀沿いを歩いて会場の大手門タワーへ、大手町の再開発ですっかり様子が変わってしまった。 
JXビル1階の会場にはキッチンも供え、歩行者からも部屋の様子がみえるという構造。

潟Oリーンデザインの兼子惠子さんから試食もしたいので、江戸東京野菜を紹介してほしいと云うので、千住ねぎ、滝野川ゴボウ、谷中ショウガ、伝統小松菜、寺島ナス、内藤カボチャの生産者をお伝えした。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等