2017年11月02日

野菜文化史研究の久保先生が送ってくれた1300年前の長屋王の野菜木簡からみる、白岩ウリと早稲田ミョウガ


先月、大阪に伺った折、野菜文化史研究センター代表の久保功先生が訪ねていただいたことは、当ブログで紹介した。

久しぶりの再会だったので、久保先生の話に聞き入ってしまったが、後日資料を送っていただいた。

いただいた資料は、久保先生が研究された長屋王木簡の成果が、専門誌や新聞等に掲載されたものだ。

天武天皇の孫・長屋王は、奈良時代初期に政治を担当していたが、藤原氏の陰謀で滅ぼされた。
長屋王の邸宅跡を奈良国立文化財研究所が発掘に取りかかり、1988年3万点にものぼる木簡が出土した。





1-1.JPG

木簡のレプリカを送っていただいた。

「物部庭進黄瓜壱拾参顆」 
(平城宮発掘調査出土木簡概報 1990年5月)
「多米麻呂進黄瓜壱拾肆顆」
(平城宮発掘調査出土木簡概報 1990年5月)

上の画像をタップする

木簡は、紙が貴重な古代、薄く削った木片に要件を墨書したもので、荷札などに用いられたもの。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話