2017年11月10日

井之口さんが栽培した千住ネギを見て、葱善の田中社長は東京における栽培拡大の可能性を見つけたようだ。


台風22号の後だったか、井之口喜實夫さんのお宅の様子を見に伺ったが、心配していた千住ねぎは、後継者の勇喜夫さんの発案で、トンネルの支柱を使って、ネギ全体を支えたことから、葉が折れたネギは少なくて済んだ。




1-1.JPG

浅草「葱善」の田中庸浩社長も、固定種の千住ネギ苗で栽培を依頼しているだけに、井之口さんの畑が心配で見に来たが、さすが井之口さんだと感心していた。

上の画像をタップする
11月27日(月)から金曜日までの、〜江戸東京野菜を食べよう!〜 シリーズで、井之口さんの千住ネギを食べることになっていて、楽しみだ。



続きを読む