2017年12月31日

「2020年まで江戸東京野菜、東京食材を意識した献立を発表いたします。」とオテル・ドウ・ミクニから小冊子が送られてきた。


オテル・ドウ・ミクニから、ピンクの封筒に入った小冊子が送られてきた。
毎年暮れに、お客様に送られているもので、「2018年開店33周年記念メニューのご案内」には、

「2019年のラグビー世界大会、2020年の東京オリンピック・バラリンビック競技大会をイメージして献立を考えました。
2020年まで江戸東京野菜、東京食材を意識した献立を発表いたします。ご期待ください。」
とあった。
1-1-1-.JPG

上の画像をタップする




3.JPG

上の画像をタップする

タルトオニオン(クレアション1985)

1985年に発表し、絶大な人気で四ツ谷名物になりました。
フランスのキッシュと日本の茶碗蒸しをあわせた、
まさに“キュイジーニュ ジャボニゼ”。

東京野菜十種と十種のきの子のマリネ、
うま味(こんぶとカツオ出汁)ゼリーとオマール海老のアプルーガ
(スカンジナビアニシンをスモークしたもの)合え。


東京野菜を十種マリネしたものとオマール海老の爪を
金沢金箔で包み、
そのオマール海老のエキスで味わっていただきます。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

第31回 「深大寺そばを味わう集い」に、江戸ソバリエ協会のほしひかる先生からお誘いをいただき伺った。


第31回 「深大寺そばを味わう集い」に、江戸ソバリエ協会のほしひかる先生からお誘いをいただき伺った。

これまで何度か「夏そばを味わう集い」にお誘いいただいたが、一昨年伺って以来で、この季節の「新そば」は始めてた。





1-1.JPG

11時に受付と聞いていたので、遅れてはと、三鷹からのバスで、30分ほど早く着いた。
「深大寺蕎麦 門前」の幟を撮っていたら、店の中から、ほし先生が出て来て、まだ早いからと店の中に案内してくれた。

店には、店主の浅田修平さんが、お客さんを接待しているところだったが、お客さんは、栃木県出流町の、「そば処」の新里宗一さんと「いずるや」の大塚章弘さんだった。

出流町を早く出たそうだが、道は空いていて早く着いたと云う。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2017年12月29日

第6回 品川蕪品評会が、品川神社境内に大勢の小学生、児童センターの子ども達を集めて盛大に開催された。


品川カブの普及推進を行っている北品川商店会の「東海道品川宿なすびの花」が、毎年実施している「品川蕪品評会」が、今年も「品川ネギとカブ」の説明板が建立されている品川神社で23日(天皇誕生日)に開催された。

そもそも品川カブの復活は、2007年小平の宮寺光政さんが栽培していたもので主催者の代表大塚好雄さんが販売を通して普及を始めた。

2008年、東京都農林水産振興財団では大塚さんに紹介してもらい小中一貫校の伊藤学園で栽培を始めたことは 当ブログで紹介している。

この品評会は、2012年から始まったもので、当ブログで紹介している。






1-1.JPG

大塚さんは日頃から、区内の小学校や児童センター等への栽培普及を積極的に行っていることから、年々品評会への出展数も増えていて、昨年は30組織だったが、今年は9時30からの受付には、個人参加も含めて45組織が参加された。

上の画像をタップする
品川神社境内には、例年以上の参詣者が集まった。
これは大塚さんの努力の成果だ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 品川カブ

2017年12月28日

鎌倉大根の葉を練り込んだ “うどん” は大根をおろしていただいた。旨い!!


鎌倉で、ギャラリーそしてだいこん料理の店を商う福来鳥に勤める名和清香さんが、鎌倉大根の写真を送ってくれた。
今年は、播種した9月初めに長雨日照不足が、さすがの鎌倉大根の生育に影響を与えた。 

鎌倉野菜を栽培している山森金雄さんにお願いしていた鎌倉大根が、鎌倉野菜を販売している「連売」の鎌倉市農協連即売所に1本150円で並んだ、

昨年、山森さんが販売したのが11月だったから、1カ月遅れた感じた。




1-1-1-2.JPG

上の画像をタップする。

朝方の込み合った連売とは違って、昼頃行くとひっそりとしている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2017年12月27日

多摩・八王子江戸東京野菜研究会が今年も「高倉大根を食べ尽くそう!!」を開催した。


多摩・八王子江戸東京野菜研究会では前回、隣の日野市で、東光寺ダイコンの収穫体験と試食のあるイベントを開催した。

続いて、八王子の伝統野菜「高倉大根を食べ尽くそう!!」を今年も開催すると云うので、当ブログで案内していた。




1-1-0.JPG

上の画像をタップする
八高線の小宮駅に参加者は集まった。
小宮駅から参加者の行列が立川太三郎さんのお宅に向かった。

多摩・八王子江戸東京野菜研究会の福島秀史代表の挨拶の後、
立川太三郎さんを紹介した。

立川太三郎さんは、高倉大根を栽培する農家として、
ひとで守り継いできた。

交配種の高倉大根を3軒の農家が栽培している。

高倉ダイコンの種は、毎年立川さんが母本選定をしていて、
自分好みの大根を選んでいる。

選ぶ基準は、柔らかそうな大根で、
葉は長すぎないで明るい緑色、大根も長すぎないで、ほどほどの太さ
100本に1本ぐらいで、5本から10本ほどを選んでいる。

種は、350mlのペットボトル2本分ぐらい採れる。

この時期、河原鶸(カワラヒワ)が群れして飛んできて
食われてしまうことがある。

庭先には、八頭が干してあった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

納所二郎さんが揮毫した作品を「高倉大根を食べ尽くそう!!」の会場で披露した。


「高倉大根を食べ尽くそう!!」が、多摩・八王子江戸東京野菜研究会が主催して、居酒屋「けいの家」で開催されたが、毎年1作「江戸東京野菜」を揮毫している納所二郎理事長(江戸東京野菜コンシェルジュ協会)が、

今年は高倉ダイコンを書き上げたことから皆さんに披露したもの




9-1.JPG

上の画像をタップする

納所理事長は、
昨年小金井で「江戸東京野菜大図鑑展」を開催している。



posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2017年12月26日

荒川区立尾久宮前小学校では、引き続き三河島菜の栽培を実施したが、今年は全滅状態。残念!>


三河島菜の栽培を行っている荒川区立尾久宮前小学校(丸山稔校長)の鈴木恵理先生から今年も4年生に、三河島の話をして欲しいとのメールが届いたのは11月始めだった。

昨年までの伊藤英夫校長は、転勤され今年4月からは丸山校長が着任されていた。

同校は「環境教育」や「食育」(宮前味噌造り・三河島菜栽培・大根小松菜栽培・宮前キノコ園椎茸狩り等)の特色ある教育活動を推進してきましたが、丸山校長は、引き続き継続され、鈴木栄養教諭が取り組んでくれている4年生の三河島菜の栽培も、種まきの授業は、小平市の宮寺光政さんに今年も依頼されている。




1-1.JPG

左から、丸山校長、鈴木栄養教諭、関川浩副校長

上の画像をタップする。

玄関でお会いした、鈴木栄養教諭が、今サケがふ化したと見せてくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 里帰りした三河島菜

2017年12月25日

業者向け、江戸東京野菜のまるごと体験企画、コンシェルジュがスタッフとしてお手伝い。


JA東京中央会では、1月11日と17日の2日に分けて、飲食関係の方、流通関係の方等を対象にした農家見学を行います。
この企画、新宿駅近くの、JA東京アグリパーク前からバスで、11日には三鷹の冨澤ファーム、17日は練馬のファーム渡戸に向かい、収穫体験。

その後近くの、調理施設のある会場で、収穫野菜の試食と、この日のために作ってもらうお弁当を食べて、14時半には、新宿に帰ってくると云うもの。




1-1.JPG

この事業、JA東京中央会が実施するものだが、江戸東京野菜コンシェルジュがスタッフとして皆さんをご案内いたします。

上の画像をタップしてお申込みください。


これまで実施した、三鷹の冨澤ファーム、練馬のファーム渡戸でイベントを実施しているので紹介する。

追録

先日、江戸東京野菜コンシェルジュ協会ではJA東京中央会の水口均氏を招いて理事会を開催し、説明を受けたが役割分担など決定したことから、当ブログで案内する。
posted by 大竹道茂 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

地産地消にこだわる小金井の「自然派ダイニング Bare GREEN」で遅い夕食を楽しむ、


コンシェルジュ協会の理事会終了後、都合のついた者で、小金井で江戸東京野菜を扱っている店で夕食を取った。

理事会は6時半から開催され「江戸東京野菜をまるごと体験しょう」が主催するJA東京中央会の江戸東京野菜担当の水口均さんから説明を受けて、役割分担が決定された。

その後、小腹が空いたこともあり、都合のついた、納所二郎理事長、佐々木昭理事、福島秀史理事で小金井駅近くの「自然派ダイニング Bare GREEN」に、松嶋あおい理事に案内してもらった。

松嶋理事は帰られたが、山中浩平店長を紹介された。
山中店長は今年3月須崎雅義さんのウド室を見学に来ていて、小金井市では江戸東京野菜を積極的に使っている。




2-1.JPG

上の画像をタップする

同店は2階で、階段に地産地消を店であることをアピールするポスターが張られていた。

松嶋さんが推進している「小金井江戸の農家みちの会」が、【農家みち野菜取扱店】がかかっていた。


続きを読む

2017年12月24日

東京杉並ロータリークラブの年末家族親睦会に今年もご招待いただいた。


東京杉並ロータリークラブの役員榎本和夫さんから、同クラブの年末家族親睦会へご招待の電話をいただいた。

ここ数年毎年お招きをいただいているが、楽しい会なので今年も参加させていただいた。
同クラブからは、何度か卓話を依頼されて、今年1月にもお話をさせていただいている。

6時開催と云うので5時半に西武新宿に到着したが、夜空には星が瞬き、会場のヒルトン東京の周辺はイルミネーションが美しく、あたりはクリスマス一色だった。




1-1-2.JPG

上の画像をタップする


冬至は関係ないだろうが、カボチャの馬車が輝いていた。

3階の会場「大和の間」に着いたのは15分前で、お子さん、お孫さんたちを含め、ご家族の皆さん100名余がおこしになっていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月23日

平成29年度 江戸東京野菜推進委員会において、江戸東京野菜は新たに3品目が追加登録された。


江戸東京野菜とは、かつて栽培されていた地方栽培品種の野菜、いわゆる固定種が探し出されて、毎年追加登録されている。

今年は「第16回 江戸東京野菜推進委員会」が11月30日に、JA東京第1ビルで開催され、平成29年度江戸東京野菜品目追加登録について、協議が行われた。

今年、各JAから登録申請・要望が出た順に、JA東京島しょから「あめりか芋」、JA西東京から「白岩(しらや)うり、JA東京あおばから「雑司ヶ谷かぼちゃ」の資料が提出された。




1-1-1.JPG

委員会は、島田幸雄委員長(JA東京中央会農政部長)の挨拶で始まり、西村修一副委員長も東京都農業振興課園芸緑化担当課長代理の立場から挨拶をされた。

その後、水口均江戸東京野菜担当から、今年、登録申請・要望が出た順に、JA東京島しょから「あめりか芋」、JA西東京から「白岩(しらや)うり、JA東京あおばから「雑司ヶ谷かぼちゃ」の資料が提出され、説明がなされた。

提出された品目は同委員会で慎重審議のうえ、追加登録についてすべて決議され、12月22日に開催された中央会理事会に報告し承認された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2017年12月22日

フリーペーパー「つなぐ通信Vol17」冬号の特集は「EDO−TOKYO」で、野菜から大皿につながる展開です。


12月22日、今日は冬至、一年で昼の時間が一番短い日と云うことで、昔からカボチャを食べる風習がある。

フリーペーパー「つなぐ通信Vol 17」が発行されたが、表紙には迫力ある「内藤カボチャ」が掲載された。

Vol 17冬号の特集は「EDO−TOKYO」で、江戸の台所をつなぐとして、江戸東京野菜から入っていて、10月の末に、渡戸章さんの畑で取材を受けたことは、当ブログで紹介している。

江戸東京野菜がつなげたのは、押上「よしかつ」の佐藤勝彦さん。
そして、五日市の東京の醤油は五日市の「亀甲五」、江戸の大皿につながっていく展開・・・




1-1-1.JPG

上の画像をタップして、左の矢印でページを繰ってください。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 10:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2017年12月21日

新年1月21日(日)、江戸東京野菜で豊かな健康生活を! が、アジュール竹芝で開催される。


東京都職員共済組合の総合保健施設 アジュール竹芝の、穂坂稔統括課長代理から、ホテルの矢野克己副総支配人が、江戸東京野菜のイベントを考えているからと、勉強会が行われたことは当ブログで紹介した。

竹芝桟橋の一角にあるベイサイドホテル アジュール竹芝は、伊豆七島や小笠原に出張したときに何度か泊まったことがある。

その後、ホテル内で協議を重ねたようで、12月初めに担当の鈴木ひとみさんからイベントがまとまりお料理の試食をしてもらいたいとのメールをいただいた。



2-1.JPG

上の画像をタップする

勉強会では、小川将弘総支配人にお会いしたが、

築地市場の仲卸としてアドバイスをされた政義青果近藤義春社長はお忙しいとかでお見えにならなかったことから、穂坂統括課長代理と2人で、練馬大根と亀戸大根を使ったお料理をいただいた。

アジュール竹芝の高柳実副総料理長(写真右の右)の洋風2品と、アジュール竹芝4階の「おまかせ会席七つ海」の 臼井淳一料理長(写真右の左)の和風4品をいただいた。

洋風も和風も、江戸東京野菜の練馬大根と亀戸大根の素材を生かした料理は、美味しかった。

皆さんお楽しみにして、あえてお料理の写真掲載は省いた。



続きを読む

2017年12月20日

全国農協観光協会の50周年特別企画「冬の江戸東京野菜を学ぼう」に、大満足した皆さん。



一般社団法人 全国農協観光協会では50周年特別企画として、江戸東京野菜の収穫体験ができないかと、10月初めに江戸東京野菜コンシェルジュ協会に相談があった。

同会では「江戸東京野菜の山分け収穫体験」を、10日午前中に練馬区平和台のファーム渡戸で開催する予定であったことから、渡戸秀行園主と相談、作物の余裕があったことから、

同日午後から「冬の江戸東京野菜を学ぼう」を実施したもの。




1-1.JPG

江戸東京野菜の山分け収穫体験の後、スタッフとして、納所二郎協会理事長、上原恭子理事、松嶋あおい理事、コンシェルジュの若林牧子さんが残り対応された。

上の画像をタツプする
開会に当たって、納所理事長が開会の挨拶をされたが、江戸東京野菜に馴染みのない方がほとんどのようなので、練馬大根で、「ギネス世界記録を達成!!」した話題を紹介した。

また、江戸東京野菜については、協会資料を基に渡戸園主から説明された。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2017年12月19日

光が丘秋の陽小学校の2年生が栽培した雑司ヶ谷ナス、美味しいと保護者の皆さんも好きになってくれた。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長) の佐藤綾子栄養教諭から、2年生が今年栽培した雑司ヶ谷ナスの種採りなどについて電話をいただいた。
丁度これから、練馬方面に出かけるところだったので、これから伺いますと云って電話を切った。

佐藤栄養教諭は、北区立稲付中学の頃から、食育の授業で江戸東京野菜を取り上げていただいていたが、光が丘秋の陽小学校に着任されてからは、6年生に練馬大根のお話をしてきた。

2年生にと云われてと云われて、比較的栽培しやすい「雑司ヶ谷ナス」を提案した。
同校の近くに地元JA東京あおはの本店があり、そのテリトリーが、北区、板橋区、練馬区、豊島区であることから、豊島区の雑司ヶ谷ナスの復活、普及を行っているからで、

雑司ヶ谷ナスの苗の提供や、栽培指導などについては、親切に対応いただいたことは、当ブログで紹介している。




1-1.JPG

今後の相談をしたくて、JA東京あおばの窓口をされていた地域振興部農業振興課の上野正樹課長に電話をしたら、移動されたと云うので、私に電話が来たもの。

佐藤栄養教諭によると、収穫した雑司ヶ谷ナスは、順番に生徒が自宅に持って帰ったことから、保護者から美味しいと評判になったと云う。

また、子どもはナスを嫌う傾向にあるが、雑司ヶ谷ナスを食べて「ナスが好きになった!」と云う、生徒もいたそうだ。

上の画像をタップする
種採り用は、ナスが元気なうち、7月末からこれと定めた果実を残していく必要があった。

一つだけ黄色くなった実が残っていたが、連日の寒波で腐りも出ていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2017年12月18日

日本一セルリーの技を引き継ぐ「清瀬なみき農園セルリー見学交流会」が開催された。


野菜ジャーナリストの篠原久仁子さんから、今月初めに「清瀬なみき農園セルリー見学交流会」の開催メールをいただいた。

清瀬のセルリー生産者、並木猛さんのセルリー圃場見学、ニンジン・サトイモの収穫体験、そして交流会をすると云う。

そもそもは、当ブログで、並木猛さんを紹介したことから、それを見た篠原さんと上原恭子さんが、何度も並木さんを訪ねたことで、ご縁が生まれ、とうとう見学会を開催するまでになった。

このような広がりは東京の農業振興をベースに活動している小生としてはうれしい限りだ。




1-1.JPG

篠原さんの案内によると
「【なみき農園のセルリー見学会交流会】は、セルリー定植前のとても大切な時期を、特別にご案内いただくスペシャル企画!、

初の試みということで、収穫を毎年お手伝いされているスタッフの方や、流通市場関係の方々など約10名も参加されます。

種からの育ての親から、流通販売、生活者まで一堂に会する場となりますので、セルリーのことや都市農業のことなど、美味しい食事を囲みながら意見交換をする場にできたらと思っております。」
とあった。

写真左から、渋谷のイタリアン「オステリア アルコ」の岡田圭介シェフ、江戸東京野菜コンシェルジュの松嶋あおい理事、増田純代さん、若林牧子さん、河原井靖子さんも参加された。

岡田シェフは昨年、並木さんのセルリーでお料理を作っていて、当ブログでも紹介している。


上の画像をタツプする

「日本一」をブランドネームとしていた師匠の伊藤仁太郎さんから
「野菜の中でも一番難しい野菜だが、芸術的なものを作る気持ちで・・・。
セルリーはしゃべらないからセルリーの気持ちを感じ取りなさい」という教えを、今も真摯に守って取り組んでいる姿勢が見て取れた。

9月初めに種蒔き、100日の育苗、2反歩に約7000本を定植して100日で収穫している。、

26歳で師匠仁太郎さんにお世話になったが、お父さんが健在であったこともあり、セルリーに切り替える自信もまだなく、実際にやり始めたのは37歳だったとか、江戸川と清瀬では環境が違うので苦労もあったようだ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2017年12月17日

西洋フードコンパスグループが都庁食堂で実施した「江戸東京野菜を食べよう」シリーズを小冊子にまとめてくれた。



東京都庁は、建築後25年余りが経過したからと2014年から改修工事が行われてきた。

これまで「江戸東京野菜を食べよう」シリーズを実施してきた、32階の西洋フードコンパスグループの食堂も、12月から改修工事の準備に入ると云うことで、シリーズは11月の千住ネギで終わった。

今後江戸東京野菜コンシェルジュ協会としても西洋フードコンパスグループの取り組みを一つの事例として、あらゆる場で紹介していきたいと、これまでお骨折りをいただいた、森川洋一部長に、小冊子を作ってほしいとお願いしていた。




1-1-5.JPG

上の画像をタップすると出来上がった小冊子。


フェア展開
平成28年

第1回5月:<早稲田茗荷たけ>(生産者:井之口喜實夫さん)

第2回6月:<東京うど> (生産者:須崎雅義さん)

第3回7月:<寺島なす> (生産者:清水丈雄さん)

第4回8月:<八王子しょうが>(生産者:中西真一さん)

第5回9月:<滝野川ごぼう>(生産者:岸野晶さん)

第6回10月: <早稲田茗荷>(生産者:井之口喜實夫さん)

第7回11月:<内藤かぼちや>(生産者:岸野晶さん)

平成28年は、7週にわたって行われた。

平成29年
第8回2月:<亀戸大根>(生産者:清水丈雄さん)

第9回3月: <早稲田茗荷たけ>(生産者:井之口喜實夫さん)

第10回4月: <のらぼう菜
(生産者:JAあきがわ五日市のらぼう部会)

第11回5月: <川口えんどう
(生産者:川口エンドウ普及プロジェクト)

第12回6月: <寺島なす>(生産者:星野直治さん)

第13回7月: <おいねのつる芋>(生産者:JAあきがわ)

第14回8月: <八王子しょうが
(生産者:八王子しょうが生産者グループ)

第15回9月: <雑司が谷かぼちや
(生産者:久野稔晃さん・村田千英子さん)

第16回10月: <内藤とうがらし>
(生産者:内藤とうがらしプロジェクト)

第17回11月:<千住ねぎ>(生産者‥井之口喜實夫さん)

29年は10週間わたり行われた。

posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

コンシェルジュの高野美子さんが、レポート「仮想 四季の江戸東京野菜と江戸蕎麦」で最優秀賞を受賞、第14期江戸ソバリエに認定された。


江戸東京野菜コンシェルジュの高野美子さんが、第14期江戸ソバリエ基礎講座で、最優秀賞を受賞し、認定されたと、江戸ソバリエ協会のほしひかる認定委員長から伺った。

江戸ソバリエ基礎講座には、昨年から講師を依頼され、江戸東京野菜の「薬味」についてお話ししていることから、情報として伺ったもの。





1-0.JPG

高野さんは、「更科堀井の四季の会」には、たびたび出席されていて、11月にもお会いしている。

上の画像をタップする
同協会では、脳学レポートと舌学レポートを選んで提出するが、高野さんは脳学を選んで、レポート「仮想 四季の江戸東京野菜と江戸蕎麦」が、掲載された。

このような形で、江戸東京野菜について紹介していただくことはありがたい。

お祝いのメールを送信させていただいたら高野さんからは
「夏の江戸ソバリエ講座ではご指導いただき誠にありがとうごさいました。
思いがけない事で、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の各種講座、皆様のご指導、教材が大変役立ちました。
感謝しております。」
が届いた。

尚、高野さんのご活躍は、2015年に江東区文化コミュニディ財団の「身体にさしい健康和食」と
江戸東京野菜を使って、講座、教室、メニュー研究などで作られたお料理も、当ブログで紹介している。


posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2017年12月16日

和食のブックレッド9巻の「和菓子と日本茶」が思文閣出版から発刊された。


和食のブックレッド(思文閣) が全10回で8回まで発刊されたことは9月に当ブログで紹介した。

9巻は、藪光生先生(全国和菓子協会専務理事)と、中村順行先生(静岡県立大学教授)が執筆した「和菓子と日本茶」。



1-1.JPG

上の画像をタップする


2月には和食と日本酒(刊行予定)である。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介