2018年02月11日

なにわの伝統野菜新規認証された「難波葱」の祝賀会が盛大に開催された。


難波葱なにわの伝統野菜「新規認証祝賀会」が1月25日(木)の19時から盛大に開催されたと、田辺大根ふやしたろ会の谷福江世話人から資料が届いた。

昨年の大阪府農業委員会大会に招かれたときに、難波葱を栽培している上田隆祥さんにお会いしたいと、谷さんにお願いしていたら、翌日、上田さんがホテルまで迎えに来てくれて畑にご案内いただいた。

江戸の葱のルーツは砂村葱で、摂津の農民がなにわから持ってきた葱の種を蒔いて砂村で栽培したのが始めだが、難波葱かどうかの記録はないが、摂津から当時持ってきたとなると難波葱かもしれないので、昨年、谷さんを介して、タネをいただいて、都立瑞穂農芸高校の横山先生にお願いして試作してもらっている。

昨年、上田さんにお会いした時に、4月に難波葱が、なにわの伝統野菜として認証されたと伺っていて、「難波葱の会」の生産者としてご苦労をされてきただけに、喜びも一入とうかがえた。


1-1.JPG

上の画像をタップする

認証されてから9カ月、初めて旬を迎える1月に、新たな特産品としてPRをしようと、20日(土)から28日(日)までの「難波葱フェスタ」に先立ち



ueda.JPG
上の画像をタップする


18日(木)にキックオフセレモニーが難波センタービル8階で行われ、竹内広行副知事と、難波葱の会の難波りんごさんの挨拶があり、生産者の上田隆祥さんが、大阪府マスコットキャラクター「もずやん」を「難波葱フェスタPR隊長」に任命した。

集会のあと一行は、南海電鉄難波駅周辺へ移動し、難波高島屋前などで「難波葱」500袋を配布した。

フェスタでは「難波葱」を「食べる」「買う」「知る」「楽しむ」に分けて、歴史・生産から食まで、幅広い取組みを府内各所で実施した。


1月30日(日)大阪府立農芸高校で
復刻!大阪鴨なんプロジェクト」が開催されました。

ring.JPG

難波葱の会 難波りんごさんが難波葱の普及活動の現状を語り 

上の画像をタップする

大阪府環境農林水産総合研究所 山崎基嘉氏「難波葱のお話」

農芸鴨のお話は大阪府立農芸高校の生徒さんと大阪鴨なんば

農芸高校では、大阪「鴨なん」プロジェクトとして、「NEW鴨なん」を作った。

阪堺電鉄(現在の南海電鉄)が開通した1885(明治18)年ごろの難波駅周辺では、ネギ畑が広がり難波葱の一大産地だったことから、難波駅周辺で難波ねぎを500株を配布した。

道頓堀今井本店では鴨とじうどんが・・・・



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話