2018年05月31日

八王子の濱中さんは「農の生け花」の素材として、江戸東京野菜などの栽培をしている。


先日、川口エンドウの収穫サポート隊が、濱中さんの畑で収穫したことは報告したが、15時頃に伺ったものだから、おやつ時になってしまった。

ご主人の彰さんもいらしたが、彰さんとは昭和60年代、八王子の農業後継者のリーダーとして活躍されていたのでそれ以来のご縁だ。

奥様の洋子さんは、「農の生け花」のリーダーとして全国的に活躍されていて、最近ではフランス大使館で指導されたことは当ブログで紹介している。




1-1.JPG

お茶をいただきながら、話しは川口エンドウから、江戸東京野菜の最近の様子となり、
そして、内藤カボチャへ、

上の画像をタップする

昨年フランス大使館に行くので、何か江戸東京野菜はないかと云うので、立川市西砂の石川公一さんが内藤カボチャを栽培していることを紹介した。

石川さんの数軒隣に、「農の生け花」グループの中里さんがお住いなので取り寄せたようだが、大切にしているからと持ってきて見せてくれた。

今年は、内藤カボチャも栽培したいと語っていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2018年05月30日

江戸東京野菜の栽培農家矢ケ崎さんは、都内第1号のグローバルGAPの取得者になっている。


2020年に東京で開催される、東京オリンピツク・パラリンピツクの選手村に野菜を出荷したいと云う、東京西東京市で江戸東京野菜などを栽培している矢ケ崎宏行さんが、東京都内第1号のグローバルGAP(国際基準)を取得している。

東京都では、「農業者のためのGAPシンポジウム」を開催するなど推進を進めてきたが、当時、矢ケ崎さんはグローバルGAPの審査を受け、認証を待つ中で、GAPの取得に取り組むよう生産者に呼び掛けている。




1-1.JPG

当ブログでは、矢ケ崎さんが江戸東京野菜を栽培してきた取り組みは何度も紹介してきたが、2012年に江戸東京野菜コンシェルジュ2期のメンバーだ。

上の画像をタップする

当ブログでは、2月に矢ケ崎さんのお宅に伺ったときに、グローバルGAPが求めている現場を見せてもらっている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2018年05月29日

鎌倉だいこん未来研究クラブが開催した「第1回 鎌倉だいこんの花フェスティバル」がフードボイスから動画配信された。


「第1回 鎌倉だいこんの花フェスティバル」が5月12日、鎌倉市由比ガ浜海岸で開催された。

当日の模様は当ブログで紹介しているが、フードボイス社では新田真一社長がカメラマンと来られて、取材をしていただいた。

今年の冬の厳しい気候の中で、鎌倉大根の花は少なかったが、花村勝男代表は今後の保存運動につなげていくとの思いを語っている。

1-1.JPG


鎌倉だいこんの花が咲く由比ガ浜と、故事が伝わる佐助稲荷神社で、取材を受けたが、鎌倉大根を理解するには分かりやすくまとまっている。

上の画像をタップする



posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年05月28日

「グー先生」こと林幸子先生が出版した「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術」


料理研究家の林幸子先生には、更科堀井の四季の会で、四季の江戸東京野菜を驚く創作料理で楽しませていただいている。

そもそもは、南青山のアトリエグーで行われていた、江戸蕎麦料理研究会で5回、先生のお料理をいただいたが、その手際の良さに感服した。



1-1-8.JPG

「料理研究家がうちでやっているラクして楽しむ台所術

目次は上の画像をタツプする
プロフィール
料理研究家。東京・表参道の料理教室「アトリエ・グー」主宰。
愛称はグー先生″。

兵庫県出身。大手食品会社で料理開発に携わったのち、独立。
料理研究家として30年以上のキャリアをもつ。
栄養士、フード・コーディネーター、江戸ソバリエ・ルシック、
日本茶アドバイザー、雑穀エキスパート。
海苔、塩、ワイン、包丁、落語をこよなく愛する。

おいしいもの、新しい味に対する好奇心と探求心は常に旺盛。
実生活にそったむだのないレシピが好評で、基本の料理から
アイデアあふれるオリジナル料理まで得意分野は幅広い。

NHK「ガツテン!」などのテレビや雑誌、書籍等で活躍中。
『グー先生林幸子の基本のキ』(ソ二−マガジンズ)、
『世界のおいしいお米レシピ』『世界のおいしいスープ』(白夜書房)
『決定版基本のイタリアン』『野菜が主役のケーク・サレ』
(主婦の友社)、『10分つまみ』(宝島社)など著書多数。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年05月27日

川口エンドウが、収穫の最盛期を迎えて、収穫サポート隊が大活躍


八王子市川口地区の伝統野菜「川口エンドウ」が、収穫の最盛期を迎えていて、更科堀井春の会で、芝海老と一緒の掻揚で頂いている。

そもそも、川口エンドウは、川口の犬目にお住いの濱中洋子さんが、濱中家にお嫁に来た時に、地域で作っていたとかで、食感の良い莢エンドウ。

濱中家では昭和60年頃まで栽培していたが、地元の草木さんが、JAの直売所に出荷するようになって、その存在を思い出したと現役の頃に教えていただいていた。

2014年に守り続けてきた草木弘和さんから、洋子さんのご子息濱中俊夫さんに種が贈呈されたことから濱中家では2015年、30年ぶりに栽培が復活したもの




1-1-2-1.JPG

収穫された川口エンドウを俊夫さんが見せてくれたが、多摩・八王子江戸東京野菜研究会の方々が、収穫を手伝ってくれていて助かると語っていた。

川口エンドウを一つひとつ収穫するのは大変で、かつては同研究会の福島秀史代表も手伝っていたことは紹介しているが、現在は、就農したことから手一杯。

同研究会の八幡名子さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)が、サポート隊の結成を思いつき
「フェイスブックにちょっとだけサポートが必要なことを掲載してみたらあっという間に7人も手を挙げて下さいました。有り難い事です。

5月14日より本格的に収穫サポートを始めました。
天候や調整がつかずでいらっしゃれない方もいましたが、2週間に6人でサポートをしました。

江戸東京野菜コンシェルジュの増田純代さん、木村えり子さん、若林牧子さん、飯田恵美子さん、松嶋あおいさん(来週予定)と友人の工藤亜由美さん、


上の画像をタップする
濱中さんの畑には、左から若林さん、飯田さん、そして濱中洋子さん。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2018年05月26日

第11回「更科堀井 四季の会」が開催され、内「春の会」としては第3回となった。


「更科堀井 春の会」〜更科蕎麦と江戸野菜を味わう〜は、22日(火)、23日(水)に開催されました。

それに先立ち21日(月)、更科堀井等、江戸から明治初年に起業したお店が組織する東都のれん会東若会が〜更科蕎麦と江戸野菜を味わう会〜が開催されたことは、当ブログで紹介している。

今回で11回を迎える四季の会は、春の会は3回となるが、2016年は、4月16日17日、2017年は、2月7日8日に開催され、今回は5月22日23日となった。

江戸東京野菜は、収穫時期が若干異なることから、なるべく多くの江戸東京野菜を食べていただく機会を作ってきた。





1-1.JPG

上の画像をタツプする
この会のお料理は、料理研究家で表参道の料理教室
「アトリエ・グー」を主宰する林幸子先生が創作されているもので、
「アトリエ・グー」の生徒さん方も毎回参加いただいている。

更科堀井では、
林先生の創作料理を河合孝義料理長がお料理をつくっている。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2018年05月25日

梶谷先生の指導に沿って、鳴子ウリとコンパニオンプランツの定植、そして行燈づくりで、順調に生育。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)が実施している鳴子ウリの栽培は、5月9日に定植作業が行われたことは当ブログで報告している。

当日は、雨が降っていたこともあり、その後は、指導をお願いしている梶谷正義先生の指示に沿って行われている。




1-1.JPG

15日に副担任の岡田淳子先生から写真が送られてきた。

梶谷先生はウリハムシから苗を守るため、コンパニオンプランツとしてネギを持参されていたので、担任の先生方が、14日に鳴子ウリの周りに植えた。

上の画像をタップする

風や、ウリハムシから守るために、ビニール袋を使って行灯も作られた。

岡田先生からは、「係の児童が毎朝、欠かさずたっぷりと水やりをしています。」とあった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種

2018年05月24日

只今、5月24日(水)未明 00:30からNHKワールド(TV)で、江戸東京野菜が放送されている。


2月初めに、NHK国際放送の番組「Biz Buzz Japan」の担当からメールがあったことは当ブログで紹介した。

早稲田ミョウガタケを栽培している井之口喜實夫さんの栽培を取材し、また、更科堀井冬の会で、江戸東京野菜を使ったお料理を皆さんが食べているところを取材している、

江戸川では、亀戸大根を栽培している、木村重佳さんの畑に、JAセレサ川崎の皆さんが視察したことも取材された。

情報としては、ジャパンタイムスの記事や、最近では、東京都が発行した英語版の江戸東京野菜の紹介記事を、萬野達郎ディレクターに紹介している



1-1.JPG

上の画像をタップする
スマートフォン、タブレットアプリでも視聴できます。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2018年05月23日

東都のれん会東若会の会食会「更科堀井春の会」が、21日開催された。


更科堀井春の会が5月22日、23日で開催されるが、それに先立ち東都のれん会の東若会の会食会が、21日に開催された。

東都のれん会は、江戸時代から明治初年に創業されたお店で昭和26年(1951)に結成された50数店で組織されたと伺っているが、ある意味、江戸東京の歴史文化を事業を通して継承、発展させてきた。

東若会は「東都のれん会」の青年部のような組織で、鰹節「にんべん」の高津克幸社長が幹事長をされているが、高津社長が専務時代の2009年1月、東若会の新年会が、神田明神下のうなぎ屋「神田川」(会員)で開かれたが、大広間で江戸東京野菜の話をさせていただいたことがある。

当時、日本橋ゆかりの二代目野永喜一郎社長が、日本橋から江戸東京野菜をブランド化したいと提唱されていた頃で、当時高津社長にも支援いただいていた。





1-1.JPG

会員店舗には必ず掲げられている「東都のれん会」の会員名簿の版画。

上の画像をタツプする

高津社長が、開会のご挨拶をされた。
今回開催に当たっては、会員の「更科堀井」良教社長が、これまで四季の会へ、高津社長をお誘いしていた経過から、それならと、東若会の開催となったもので、

ご挨拶の中では、9年前に新年会で講演をさせていただいたことも紹介していただいた。

堀井社長からは、2015年11月から始まった「更科堀井四季の会」は、今回が11回目になり、毎回満席で開催されていることを紹介した。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2018年05月22日

早稲田ミョウガの井之口さんがミョウガタケの甘酢漬けを作ったからと電話をいただいた。


早稲田ミョウガタケ栽培で、忙しくされていた練馬の井之口喜實夫さんから、最後のミョウガタケで甘酢漬けを作ったと電話をいただいた。

今年は、1月20日頃から早稲田ミョウガタケの芽が出るだろうと話されていたが、あいにくの降雪。
その後、氷点下の日が続くなど、半地下での栽培とはいえ、ご苦労された。

2月には、新宿区の学校給食に使われ、また、全国農協観光協会の広報誌「ふれあい」の取材も受け、4月号に掲載された。

外国向けの(株)日本国際放送(NHKグループ)からの取材があったことも紹介した。

井之口さんには、江戸東京野菜を、早稲田ミョウガや千住ネギなどをさいばいして、多方面に紹介してもらった。






1-1.JPG

生産者が作ったお料理は、よく食べているから、作物の性質をよくご存じだから、美味しいものだ。

早稲田ミョウガタケも、ピンクの良い色が出て、葉の部分もみじん切りで入っているから黄色のバランスも良い。

上の画像をタップする。

寝酒の晩酌で毎日楽しんで頂いているが、甘酢漬けの味はたまらない。、

2月に撮影した井之口さんの早稲田ミョウガタケは5月24日(水)の00:30からNHKワールドで放送されると云う。
日本では放送されないが、スマホのアプリケーションNHK WORLDで見ることができる。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2018年05月21日

第15回 江戸ソバリエ認定講座で、江戸の薬味について話す


江戸そばについては、全国的に愛好者が多く、蕎麦の花をめでる、蕎麦を打つ、そばの蘊蓄を語る、また、食べ歩くなど奥深く、外国にも江戸ソバのお店が増えていると云う。

2011年4月に、江戸蕎麦料理研究会で、江戸東京野菜を積極的に使いたいとのお話をいただき、以後、アトリエ・グー( 料理教室 ) の林幸子先生の指導で、江戸東京野菜を使った蕎麦料理を 教えていただいたことから、今日の「更科堀井四季の会」につながっている。





1-1-1.JPG

詳細は上の画像をタツプしてください。


2016年からは、江戸ソバリエ認定講座の講師を依頼されていて、江戸東京野菜の中でも「江戸の薬味」として、江戸の各種大根、千住ネギ、内藤トウガラシ、奥多摩山葵について説明している。




posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2018年05月20日

竹橋のラーエミクニで三國シェフが情報交換会を開催すると云うので伺った。


年数回開催されている三國清三シェフが主催する情報交換会が、先日、ラーエミクニで開催された。

三國シェフに、江戸東京野菜をはじめとする、東京の食材についての情報を伝えるために、時間をとってもらったので皆さんが来る前に、小1時間ほど早めに伺った。

今回も、LA BETTOLA da Ochiai の落合務シェフを始め、有名シェフや和食の料理人も出席された。





1-1-1.JPG

三國シェフの挨拶で始まった。
来年開催される、「ラクビーワールドカップ2019」、そして2020年のオリパラと準備は進んでいる。

三國シェフの国際食文化交流協会では、上智大学と、食、言語、異文化をテーマに5月8日に連携協定を締結したことから、

上の画像をタップする。

上智大学の曄道佳明学長と学生局学生センター栗原康行事務局長(右隣)がお見えになった。

曄道学長は、「1964年の東京オリンピツクでは、学生による通訳ボランティアが協力させていただいたが、2019年のラクビー、2020年のオリパラでも、学生達は語学の面でのサポートをさせていただきます。

大学では異文化というキーワードを教育の面で重視しており、食文化の面では精通しておりませんが、実践的な機会から学びながら、語学の面から日本の食文化を世界に発信する社会貢献が出来ればと考えている・・・・・。」と語った。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年05月19日

JA東京あおばの酒井利博副組合長が地元光が丘秋の陽小学校2年生に雑司ヶ谷ナスの苗を贈呈し定植作業が行われた。


練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長) の佐藤綾子栄養教諭から昨年2年生に江戸東京野菜を紹介してもらえないかと相談があった。

伝統野菜の栽培依頼があった場合は、低学年では栽培をさせても、その野菜の歴史文化を理解するには、難しいことから、お断りしているが、

佐藤栄養教諭は、前任校の北区立稲付中学校時代から、江戸東京野菜に注目いただいて授業を依頼されていた。

また、光が丘秋の陽小に来てからは、6年生に練馬大根のお話しをさせてもらっている。

2年生に対しても、先生がフォローしてくれると云うことで、お引き受けした。





1-1.JPG

今年も、早くから日程が決まったが、JAでは酒井副組合長と、内堀比佐雄常務と、地域振興部農業振興課の田中和夫課長、園畑厚子課長代理、渡辺耕造営農相談員、練馬地区アグリセンターの川村拓也さんが来られた。

上の画像をタップする
昨年の結果については、当ブログで紹介したが、収穫した雑司ヶ谷ナスは生徒たちが自宅に持ち帰ったことから、保護者から美味しいと評判になったと、佐藤栄養教諭から伺っている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2018年05月18日

5月22日(火)、23日(水)に開催される「更科堀井春の会」の打ち合わせが行われた。


「更科堀井四季の会」の春の会が、5月22日(火)、23日(水)に決定したのは、冬の会が行われた2月20日だった。
当時としては、氷点下の寒い日が続いていたりして、冬の農産物についても色々と被害が出ていた。

先週、その打ち合わせ会が、早朝元麻布の更科堀井で行われた。




1-1-1.jpg

今回提案した江戸東京野菜は、
志村みの早生大根、滝野川ゴボウの堀川造り
金町コカブ、川口エンドウ、つる菜、紫芽等

上の画像をタツプする
江戸東京野菜コンシェルジュ協会からは、
農産物の上原恭子理事と松嶋あおい理事が参加した。





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 14:18| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2018年05月17日

鎌倉の佐助稲荷神社に伝わる大根の故事を訪ねて木下教授と、岡田委員を案内した。


鎌倉だいこん未来研究クラブ(花村勝男代表)では、12日(土)に、鎌倉だいこんの自生地、由比ガ浜において、第1回鎌倉だいこんの花フェスティバルを開催したことは当ブログで紹介した。

当日は、遠路愛知県豊橋から、豊橋創造大学短期大学部キャリアプランニング科の木下賀律子教授が、また東京からは、NPO法人 ジャパンハーブソサエティー、イベント委員会の岡田和子委員も来られた。

お2人とも、江戸東京野菜の講座を受けていただいたご縁から、鎌倉だいこんについても、その物語性に注目されて、由比ガ浜まで、お運びいただいたもの。

フェスティバルについては、鎌倉だいこんに伴う、イベントに参加していただき、故事にある佐助の圃場を視察。また、佐助稲荷神社にも参詣いただいた。






1-1.JPG

福来鳥の女将えださんから、大根の研究に、遠路お出かけいただいたのなら、是非、福来鳥のお料理を食べて行って欲しいとの話があり、同店に案内をした。

上の画像をタツプすると福来鳥のHP





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年05月16日

JA東京グループでは、新採用職員に組合員農家の仕事を教えるために、この時期、農家研修などを行っている。


JA東京グループでは、新採用職員に組合員農家の仕事を教えるために、この時期、各JAが農家研修などを行っている。

JAの事業は、地域農家の生活に直接関係する事業を行っていることから多岐にわたっていて配属前に、各事業の体験をさせている。

JA東京むさし(高橋堅治代表理事組合長)は、三鷹市、小平市、国分寺市、小金井市、武蔵野市をテリトリーとするJAで、

先日、寺島ナスの定植後の様子を見に三鷹市の星野直治さんのお宅に伺ったら、JA東京むさしの地元三鷹支店配属予定者の新入職員が、トマトの支柱立ての勉強(作業)を行っていた。

ねぎらいの言葉をかけてから、話しを聞かせてもらった。




1-1.JPG

定植が終わったところで、蔓が伸び始めていたが、トマトの蔓と支柱を縛り付けていく作業で、男性職員2名と女性職員2名が2日間の研修で、他に経済センターや緑化センターの体験学習もあると云う。

上の画像をタップする

昨年までは、内定者の時点で、農家研修などを行っていて、ナス農家の星野さんのお宅では、接ぎ木作業なども行っていたが、今年は採用後で、7月にも予定されているとか、。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2018年05月15日

快晴に恵まれた土曜日、ハマダイコンの花が咲く由比ガ浜で第1回鎌倉だいこんの花フェスティバルが開催された。

            
鎌倉だいこん未来研究クラブの役員の皆さんが、新年早々に2018年度の新規活動を検討されてきた。
これまで鎌倉大根は佐助の畑で栽培し、収穫して食べる、草木染の取り組みも今年から始まった。

また、鎌倉市の農家に栽培してもらったことで、鎌倉野菜の一つにもなった。

そこで、今年は鎌倉の自生地、由比ガ浜のハマダイコンを守っていく活動が必要だとして、由比ガ浜の自生地でのイベントの開催を決定したもの、





1-1.JPG

当日は11時開催だったが、テント張などの作業は10時すぎから始まった。

上の画像をタツプする

会場には、私がご案内した方々が早く来るといけないので、江ノ電の長谷駅下車で、10時前には着いた。

当日は動画で配信しようと、フードボイスの講師をしている関係で、新田真一社長にお願いしていたもので、カメラマンと一緒に行くからと連絡をいただいていた。

未来研究クラブの役員さんは、佐助の大根料理の店「福来鳥」に集合してから、資材を車に乗せて来た。

全体を仕切った花村勝男代表(写真左下)、受付を担当される平山真さん、ひろ子さんご夫妻(写真右下)、資材の運搬の府川七郎さん、

名和幸子さん(写真右上) の司会進行で始まった。
「このクラブは鎌倉佐助稲荷に残る伝説の「だいこん」を地元の産物としてよみがえらせたいと、熱意を注いてでいる大根料理のお店福来鳥のオーナーを中心として発足しました。

2年前までは沢山咲いていましたが、現在はご覧のような現状です。かつてのような光景を取り戻すとともに、鎌倉だいこんが伝統野菜として育成されていくように、皆様方の支援、協力を願って、開催いたします。」





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年05月14日

東京の農家女性が結成しているJA東京女性組織協議会から招かれ、江戸東京野菜の現状をお伝えした。


東京の農家女性を対象にしてJA東京女性組織協議会が結成されているが、先日同組織の第61回通常総会が開催された。

今年は、役員の改選の年だそうで、これまで会長をされていた立川市の滝島順子さん(JA東京みどり女性部長)に変わって、これまで副会長をされていた葛飾柴又の杉浦美智子さん(JA東京スマイル女性部長)が会長になられた。

JA東京女性組織協議会は都内の14のJAが組織する女性部の部長で組織されているものだが、

江戸東京野菜については、消費者の間で、注目をされているが、東京の農家の間では、栽培している生産者以外、江戸東京野菜についての認識は十分ではないだけに、この席に呼んでいただいたことに、感謝している。





1-1.JPG

JAが組織する女性部も、今では宅地にしてしまって畑のない方もおり、野菜を購入する消費者の立場だから、江戸東京野菜に注目してくれた方も多い。

新体制が決まった総会に引き続き、JA東京女性組織活性化研修会において、「江戸東京野菜の物語」を、お話をさせていただいたが、農業の専門的話は抜きにして、普段消費者の皆さんに話しているような内容で・・・、

江戸東京野菜は次代に伝えていく東京の遺産との認識を深めていただきたいとの思いをお伝えした。

お話しの最後に、各女性部で江戸東京野菜を食べる機会を役員さんから提案をいただきたいと、当研究会と中央会で協力していくことをお話しした。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2018年05月13日

杉並区立成田西ふれあい農業公園に、杉並区の伝統野菜・高井戸半白キュウリの苗を提供した。


杉並区立成田西ふれあい農業公園の齋藤瑞枝所長から、今年も高井戸半白キュウリの苗の提供を頂けないかと、電話をいただいた。

これまでも、杉並区の伝統野菜・江戸東京野菜の高井戸半白キュウリは、杉並区の皆さんに知ってもらいたいし、味わってもらいたいことから、協力しているが、

基本的には自家採種して、家庭菜園などをされている区民の皆さんにタネを配布するようなことを願っているのだが、伺うと採種に失敗したと云う。





1-1.JPG

今回は、齋藤所長に代わって、中塚正一副所長と米山隆弘チーフ(写真右)が、お見えになった。

中塚さんが、昨年採種した種を持ってきて、今年蒔いても芽が出ないというので見せてもらうと、タネはべったんこの「しいな(不稔種子)」で、受粉されてないのが見て取れた。

キュウリは雄花と雌花があり、雌花には小さなキュウリが付いているから、受粉したと思ったのかもしれない。

今後、生育の状況を常時、写真を送ってくれるなり報告してほしい旨、中塚副所長にお願いし、場合によってはアドバイスができるからとお伝えした。

採種に絡んで、昔は黄色くなってから食べていたからキウリで檜原村で黄色くなってから食べる白岩瓜が見つかった。
胡瓜と書くのは中国では異民族から伝わったと云う意味で、アフガニスタンが原産のニンジンなども胡羅蔔と書く。

黄色くなってから食べることもお勧めした。

上の画像をタツプする

杉並とは、東京杉並ロータリークラブから、江戸東京野菜の卓話を何度か依頼されていて、昨年は田中良杉並区長にご挨拶していて、成田西ふれあい農業公園のお話しもしている。

杉並区では、高円寺の居酒屋「うおこう」であったり、ミナト矢崎サービスでお話しさせていただいているが、水耕栽培の機器は、特許がとれたと伺っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2018年05月12日

新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)では、江戸東京野菜の鳴子ウリ栽培復活授業が始まった。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)では、江戸東京野菜の鳴子ウリ栽培復活授業が始まった。

今年は、4年生の担任が・安部剛史教諭(1組)、今関明教諭(2組)、岡田淳子教諭(副担任)で、今後栽培指導は梶谷正義先生にお任せするが、

栽培と合わせての、調べ学習や、発表などは、その年度の先生方の指導で進められていく。





1-1.JPG

当日は、あいにくの雨だった。
あんなに暑い日があったと思ったら、昨日から降り続いた雨で、10度台の肌寒い日だった。

梶谷先生の授業は雨のために多目的室で4年2組から始まった。

上の画像をタップする

石川孝治さんが作った苗を、昨日同校に届けておいたが、苗を見せながら栽培授業が行われた。
苗を見せ、鳴子ウリは、雄花と、雌花が咲き、雌花は孫蔓にだけつくこと等・・・・




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種