2018年05月10日

新宿御苑のレストハウスなどには、江戸東京野菜の内藤トウガラシなどのグッズやお菓子等が色とりどり。


先日、内藤とうがらしプロジェクトの成田重行先生がこの時期、新宿を中心に内藤とうがらし苗の販売をされていることを当ブログで紹介した。

新宿御苑インフォーメーションセンター前で成田先生にお話しを伺っていたら、同苑レストランゆりのきの総料理長伊藤秀雄シェフに声をかけられた。

当日は緑の日だったので、新宿御苑は公開日(入苑無料)で、伊藤シェフがお料理以外に担当の、苑内休憩所のお土産売り場を案内してくれた。

江戸東京野菜の内藤トウガラシと内藤カボチャをテーマにした色とりどりのオリジナルグッズを取り扱っていた。





1-1.JPG

コックコートにシェフキャップの何時ものシェフではない。

上の画像をタップする
内藤トウガラシの、一味とうがらしと七色とうがらしや、内藤とうがらしクレープ ・・・・



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 内藤トウガラシとカボチャ