2018年05月25日

梶谷先生の指導に沿って、鳴子ウリとコンパニオンプランツの定植、そして行燈づくりで、順調に生育。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)が実施している鳴子ウリの栽培は、5月9日に定植作業が行われたことは当ブログで報告している。

当日は、雨が降っていたこともあり、その後は、指導をお願いしている梶谷正義先生の指示に沿って行われている。




1-1.JPG

15日に副担任の岡田淳子先生から写真が送られてきた。

梶谷先生はウリハムシから苗を守るため、コンパニオンプランツとしてネギを持参されていたので、担任の先生方が、14日に鳴子ウリの周りに植えた。

上の画像をタップする

風や、ウリハムシから守るために、ビニール袋を使って行灯も作られた。

岡田先生からは、「係の児童が毎朝、欠かさずたっぷりと水やりをしています。」とあった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種