2018年06月18日

新宿区立柏木小学校の鳴子ウリの栽培は、梶谷先生の指導を受けて、その経過の写真を送ってくれた。


新宿区立柏木小学校(佐藤郁子校長)の4年生が栽培している、柏木の伝統野菜「鳴子うり」は、定期的に経過の写真を送ってくれるが、

今回は、詳細に7枚の写真を送っていただいた。
6月7日にうどん粉病が生したとメールを頂いたが、翌日、指導をされている梶谷先生が伺ったようで、

副担任の岡田淳子教諭から「梶谷先生には、成長の早い苗を網に誘引し、うどん粉病にかかった苗を殺虫殺菌剤で治療をしたりしていただきました。」と15日にメールをいただいた。




1-1.JPG

地を這わせる2本の苗は、伸ばしていこうとする方向に親蔓を向けました。(写真)

上の画像をタップする

5株ある内の3本を網に近いところに植えていますが、どちらか生育のいい2本を綱に誘引することになります。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸のマクワウリ各種