2018年07月08日

フレンチの三國清三シェフに時間をとってもらって、昔話を聞きに伺った。


先日、日経新聞の相川浩之記者から、日経新聞で連載されている「それでも親子」に掲載したいので、三國シェフを紹介してほしいとの電話をいただいた。

三國シェフの了解を得て紹介していたが、
7月3日に掲載されたと日経紙のコピーをいただいた。
中学を卒業して、親元を離れ札幌に就職する前夜、
母に言われた3つの教えは、

みんなにかわいがってもらいなさい。
稲穂のように頭をたれていきなさい。
志は平等なのだから中卒でも頑張りなさい。
と云われたと云う。






1-1.JPG

私が三國シェフを心にとめたのは、1998年9月10日に放送されたNHK「課外授業ようこそ先輩」だった。

三國シェフは北海道増毛町立舎熊小学校を卒業していることから、後輩たちとお料理を作ったが、三國シェフは、子どもの頃の写真を見せながら、その頃の話を・・・・、

そして中学を卒業して札幌のお米屋さんに住み込みで就職した。お米屋さんで食べた、マカロニグラタン、スパゲティ、ハンバーク、みんな初めて食べるものばかりで、美味しいので、洋食の料理人になろうと決めたと云う。

それが、フランス料理人の革命児として話題になってテレビに・・・。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

練馬区立牧野記念庭園記念館から、夏休み特別企画の案内が届いた。


練馬区立牧野記念庭園記念館から、夏休み特別企画「ドクターマキノと道草たんけん」〜空飛ぶ胴乱号にのつて〜の案内が届いた。

道ばたの草花を見る目がちょっと変わる、植物たちの”サバイバル大作戦”をのぞいてみよう。

7月14日(土)〜9月24日(祝月)




1-1.JPG

上の画像をタップする。

@ ギャラリートーク&カンバッジづくり7月22日(日)

A 夏休み自由研究相談会 8月19日(日)

練馬区立牧野記念庭園記念館

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介