2018年07月09日

千住ネギの命をつなぐ授業が栗原北小学校で始まった。


足立区農業委員会の荒堀安行会長の発案で、足立区の伝統野菜「千住ネギ」を区立小学校で栽培が始まったのが、2015年からで、今年で4年目を迎える。

先日、栗原北小学校4年生の授業が、体育館で開催されたのでの、江戸東京野菜の「千住ネギ」についてお話をさせてもらった。




1-1.JPG

開会に当たって、同校の三宅文夫校長から、先輩たちが命をつないできた千住ネギのタネを蒔いて、立派なネギを栽培し、来年は4年生の後輩たちに引き継ぐようにと・・・・・・

上の画像をタップする

荒堀会長からも、命をつなぐ意味を紹介され、地元の農業委員さんの指導で種蒔きを行うことから、農業委員さん方を紹介された。

農業委員さんは、鹿濱コ雄さん、田中太郎吉さん、寳谷実さん
事務局は農業振興係主事の、江橋享佑さんと築出大典さん。



続きを読む