2018年11月30日

東京都市大学付属小学校(重永睦夫校長) で実施している、ミクニレッスンの調理実習が、先日実施された。


四ツ谷のオテル・ドウ・ミクニのオーナー三國清三シェフが、都市大学付属小学校の4年生を対象に実施している1年間の食育授業「ミクニレッスン」の調理実習が先日、賛同した12名ものシェフが参加して、開催された。

生徒1クラス40人を、12人のシェフが指導するという、贅沢な実習授業は都市大学付属小学校ならでは。

このレツスンは、2011年から開催されていて、今年で8年目、7月には東京の農業、東京の野菜について、9月に種まぎの指導

毎月実施されていることから、夏休みを除くと、今回が2018年度の7回目の授業となる。

桐組が10時30分から12時30分まで
桜組は13時20分から 15時 20分まで実施された。





1-1.JPG

ミクニレツスンをプロデュースしている松木直也さん(豆豆社)の司会進行で始まった。

三國シェフから「今日は、いよいよハンバーグとマヨネーズをつくる調理実習です。
 前回の授業でつくり方のテキストを渡しましたが、みんなちゃんと復習はしてきたかな!」
と云うと、パラパラと手があがった。

早速、サラダ用に生徒が栽培した野菜をちぎり始めた。
次にマヨネーズづくりは、根気のいる作業だが、三國シェフは、冗談を言いながら、生徒の気をそらさない。
最後にオレンジジュースを入れて、オレンジ味のマヨネーズ。

ハンバークづくり、焼き始めると「音を聞いて! 五感を使って料理をする!」

「質問! 五感とは!」
に、生徒達から、 聴く!、視る!、嗅ぐ!・味わう!・触る!と、次々に出てきた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年11月29日

第4回 鎌倉大根収穫祭が、鎌倉市佐助の大根料理のお店「福来鳥」と、鎮守「佐助稲荷」で開催された。


第4回 鎌倉大根収穫祭が、鎌倉市佐助の大根料理のお店「福来鳥」と、鎮守「佐助稲荷」で開催されるとの案内は、当ブログで紹介していた。


鎌倉大根は2015年の夏に発見されたが、その間、神奈川県農業技術センターの原康明研究課長〈三浦半島地区事務所〉や、島根大学植物育種学研究室の小林伸雄教授の意見なども頂きながら、鎌倉大根の保存と、普及に努めてきた。





1-1-1.JPG

上の画像をタップする

鎌倉大根収穫祭は、第1会場の福来鳥で11時から、渡邊公子先生の司会進行で始まり、鎌倉だいこん未来研究クラブの花村勝男代表が挨拶を行った。

引き続き指名をいただいて、「鎌倉の歴史と文化にかかわる鎌倉大根の発見」について、お話をさせていただいた。

次に、神奈川県農業技術センターの原康明課長が、三線(さんしん)を取り出した。
暫らく音程を合わせていたが、竹富島の「新安里屋ユンタ」を弾語りで歌い始めた。凄い!!
こんなご趣味があったとは!、驚きだ。
続いて、「美田良浜」歌いなれた曲のようで熱唱した。

原課長は、鎌倉大根に似ているところがあると云っていた沖縄の島ダイコンを、三浦ダイコンの「中葉」に掛け合わせて、抜きやすい三浦ダイコンに改良するというので、沖縄にも出かけていた。

開発期間は、平成27年から31年まで5か年計画と聞いている。

原課長は宇都宮大学で開催される「大根サミット」に出られることは、当ブログで紹介した。

鎌倉市長の松尾崇市長から、祝電を頂いた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年11月28日

鎌倉では鎌倉だいこんの物語が話題になり始めている。


鎌倉だいこんは、鎌倉の佐助稲荷神社に伝わる「源十郎と弥十郎」の物語がパトス誌(November 2018 vol113)に紹介された。

“伝説の跡を訪ねて” 〜源十郎の大根の伝説〜
源十郎が由比ヶ浜で狐を助けた時に、


「佐助稲荷神社の近くには全国でも珍しい大根料理専門店があります。」と、鎌倉だいこんの普及に尽力している「福来鳥」を紹介している。




1-1-1.JPG

上の画像をタツプする


同誌は前にも福来鳥を紹介していて、それは女将の佐藤エダさんから、佐助稲荷に伝わる鎌倉の大根を探してほしいと依頼されたときに、名刺代わりに、バスト誌を読ませてもらっていて、当ブログで紹介している。

posted by 大竹道茂 at 00:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 鎌倉大根

2018年11月27日

立川市立第九小学校のPTAが主催する「九小祭」が勤労感謝の日に開催された。


立川市立第九小学校(小林邦子校長)は、立川市の郊外、砂川地区にある創立146年を迎える歴史がある伝統校。
10月に5年生に江戸東京野菜の話をしたが、その礼状を頂いたことは、報告した。

生徒の手紙にもあったが、「ドリームファームプロジェクト」として伝統野菜の栽培をしていることは聞いていた。
その野菜を、勤労感謝の日にPTAが主催する「九小祭」で販売すると、野尻逸人先生からの手紙にあったので、出かけることにした。




1-1.JPG

「九小祭」は、PTAの方々が主催するイベントで、地域の方々なども大勢見えていた。

上の画像をタップする

同校の菜園は、農家から借りた畑が学校の近くにあるが、5年生(1組と2組)は、「ドリームファームプロジェクト」として伝統野菜を栽培していて、生徒達は早く来て野菜を収穫したようで、大蔵大根、小松菜などが泥付きで並んでいた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2018年11月26日

立川市立第九小学校の5年生から江戸東京野菜の話をしたことへの礼状が届いた。


10月3日(水)、立川市立第九小学校(小林邦子校長)の5年生に江戸東京野菜の話をしたことは当ブログで紹介している。

生徒たちは、私の話しを聞き漏らすまいと、一生懸命メモをとっていたが、先日、生徒一人ひとりからのお礼の手紙を頂いた。





1-1-1.JPG

上の画像をタップすると主な手紙


立川は東京ウドの産地なので、生徒たちは「うど」のことは知っていたようだが、栽培の詳細については初めて聞いたようで驚いていた。

小松菜の名を徳川の将軍、吉宗がつけたこと、
江戸でのお土産が、お菓子ではなく種だったこと、
江戸の大根が白首大根だったことも、以外だたようです。

立川に、酪農、養豚、養鶏などがあるとは思っていなかったようだ。
「ドリームファームプロジェクト」として伝統野菜の栽培をしていることに、生かしていきたいという生徒もいました。

学年主任の野尻逸人先生からの礼状には
「・・・・中には、江戸東京野菜のお話しを聞いたことによって、子どもたちは五年間で最も野菜を育てることに意欲を高めており自分たちで進んで活動を進めています。

シントリ菜や大蔵大根、長カブといつた江戸東京野菜は、現在日に日に大きくなっています。
11月23日にPTAによる祭りが予定されているので、その時に勉強したこととともに、自分たちが育てた野菜を出したいと考えています。」
とあったが、

駐車場がないようなので、当日は自転車で伺ったので、後日報告いたします。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2018年11月25日

改めて見せてもらった三国コレクション、オリーブの老樹はすでに店の主の風格すらあるる。


先日樹齢200年のオリーブだと三國清三シェフが教えてくれたが、暗かったので、昼間に見にこようと思っていた。
先日近くまで行ったので、もう一度見せていただこうと、ラーエ・ミクニに寄ってみた。

開店前の時間だったが、ガラス越しに店を覗くと、増田禎司支配人がいらしたので、写真を撮ることの了解をとったら、出て来て快く説明してくれた。




1-1-1.JPG

上の画像をタツプする

東京国立近代美術館を背に、同じ敷地の南にあるから陽当たりはいい。

オリーブの青い実が、幾つもなっていた。
スペインのオリーブ園のものと伺っているが、古木になると実の成りが悪くなることから、若い樹に更新していくが、盆栽の視点から見ると、歴史を潜り抜けた老樹は力強い。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年11月24日

果菜里屋の高橋さんと一緒に、北足立市場の皆さんにお会いしてきた。


江戸東京野菜コンシェルジュで青果商「果菜里屋」のオーナー高橋芳江さんから電話をもらったのは10月の中旬だったが、東京千住青果鰍ゥら、江戸東京野菜について話しが聞きたいと云うので、一緒に説明に行ってほしいと云う。
高橋さんは、江戸東京野菜の普及に尽力されていて、高橋さんの対応でよいのではとも思ったが、出番を作っていただいたようだ。

北足立市場のルーツは、江戸で最も古い市場の千住市場で、神田、駒込とともに江戸三大青物市場の一つだったが、昭和20(1945)年、西新井橋南詰めにあった東京北魚市場と合わせ、築地と同じような総合市場として、中央卸売市場足立分場(後の足立市場)が開場。

その後、 取引量増加などに対応するため、青果部が7k北の現在の足立区入谷に移転したことで、昭和54(1979)年に北足立市場が誕生した。




1-1.JPG

高橋さんのご主人廣道さんも同行したが、練馬大根、馬込三寸ニンジン等を持ち込んで見せた。

上の画像をタツプすると東京千住青果梶B




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2018年11月23日

平成30年度 農業まちづくり基礎講座バスツアー「江戸東京野菜めぐり」が、11月17日(土)に開催された。


東京都農住都市支援センターが実施する、平成30年度 農業まちづくり基礎講座「江戸東京野菜めぐり」は、今年11月17日(土)に開催すると9月の時点でブログでご案内したが、だいぶ先のことだと思ったのか、応募が少なかった。

11月2日、3日の東京都農業祭の江戸東京野菜コーナーでも、募集資料を配布した辺りから、参加者も増えていった。

週間天気予報では17日は雨が降る予報だったが、晴天に恵まれて、集合場所の「京橋大根河岸おもてなしの庭」にある「ジュウガツザクラ」は満開だった。





1-1.JPG

晴天に恵まれた、京橋大根河岸青物市場跡の碑の前で、「江戸東京野菜めぐり」主催者の矢島清専務理事の挨拶で、始まった。

上の画像をタツプする

一昨年の工事で、おもてなしの庭が造られたが、その工事の中で、川岸の一部が出てきたことから、かつての京橋川の川岸を見せるようにしている。

もとは数寄屋橋のあたりに生まれた市が、火事になり、この地に移ってきた。なぜかたくさんの大根が入荷したので京橋大根河岸と呼ばれた。

2014年6月に生誕350年の記念イベントを開催している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月22日

宇都宮大学では12月1日 “だいこんサミツト2018” を、同大の大学会館で開催する。


宇大の “だいこんサミツト” は2004年から開催されていて今年で14年目、

5年前の ”2013” に招かれていて、「粋な江戸っ子は白首大根」で講演をさせてもらったが

この時、 島根大学植物育種学研究室の小林伸雄教授が「はまだいこんを商品化」したことを講演、それを思い出し、鎌倉だいこんの発見につながった。

また、鎌倉だいこんでお世話になっている、神奈川県農業技術センター原康明課長が、今回「三浦大根のコンパクト化を目指した花粉親の改良」として講演すると云う。



1-10チャ.JPG


上の画像をタツプする。

3名の講師の話は、興味深いものばかりなので、ご参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月21日

一日限りの「拝島ねぎ特別会席」が昭和の森「車屋」で開催された。


昭和の森 四季彩和倶楽部が企画した「拝島ねぎ収穫体験&一日限りの「拝島ねぎ特別会席」は、天候にも恵まれ、10時50分に集合した参加者は、車屋のバスに乗って、拝島ねぎの畑で収穫体験を行ってきた。

ご年配の何人かは、収穫体験には参加されない方もいらしたが、収穫は当初のねぎ1本からは増えたことや、お土産もあったことから、皆さん楽しんでいただいた。
改めて、農業は大変ネ! という声も聴かれた。




1-1.JPG

郊外の昭島市にある昭和の森「車屋」は、自宅に近いことから何度も利用していて、静かでロケーションも素晴らしい。
昭島駅からは、ホテルのシャトルバスが出ているから3分と近い。

上の画像をタツプする




続きを読む

2018年11月20日

拝島ねぎ収穫体験から始まった昭和の森 四季彩和倶楽部のイベント、一日限りの「拝島ねぎ特別会席」が車屋で開催された。


昭和の森 四季彩和倶楽部が企画した「拝島ねぎ収穫体験&一日限りの「拝島ねぎ特別会席」については、当ブログでも案内している。

拝島ねぎがどのようなところで作られているか、どのような生産者が栽培しているのか、どのようにして収穫するのかなど、拝島ねぎを食べる前に知っていただくことが重要。

参加者は、会場のフォレストイン昭和館「車屋」のロビーに18日(日)、10時50分に集合した。
参加者も多いので1便と2便に分かれて、車屋のバスで拝島ねぎの圃場にご案内。





1-1.JPG

1便は相子智恵四季彩和倶楽部事務局の先導。
拝島ねぎ保存会の副会長井上茂夫さんの畑は、昭島市役所の近く。

上の画像をタップする

すでに、井上さんと、保存会事務局長の飯島剣さん(昭島市役所係長)が待っていた。
参加者が到着したところで井上さんの挨拶の後、飯島事務局長が、拝島ねぎについて紹介、

「拝島ねぎは、昭和の初めに拝島(現昭島市)の農家が水戸から種を持ち込んだもので、平成に入ってからは栽培が難しいと栽培する者が減少、幻のねぎと云われたが、味の良さから2015年に拝島ねぎ保存会が結成された。」



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 01:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月19日

第9回 江戸・東京食文化普及推進チームの勉強会は、「ラグビーワールドカップ2019」がテーマで15日・竹橋のラーエミクニで行われた。


全日本・食学会の江戸・東京食文化普及推進チームは、学会の三國清三理事長代行が、企画してきたもので、今回で19回になるが、会員として参加してきた。

今回は、「ラグビーワールドカップ2019」組織委員会顧問をされている三國シェフが、大会の理解を広める意味で開催した模様。

講師としては、アジアラクビー名誉会長で、ラグビーワールドカップ2019組織委員会事務総長特別補佐を務める徳増浩司氏を招いていた。




1-1.JPG

徳増浩司氏は、ラクビーワールドカップを日本に招致としようと思い立った人。
その後、2003年から日本への招致活動を誘導し2009年に招致が実現する。

上の画像をタップする

ラクビーが、行われている国は、偏っていてヨーロツパでもイングランド、ウェールズ、スコットランド、アイルランド、フランス、南半球ではニュ―ジーランド、オーストラリヤ、南アフリカが、ワールドカップの創設に加わった国々で、その中で開催してきた過去がある。

開催には、参加国の投票で決まるが、創設に加わった国が投票権を2票持っていて、それ以外の国は1票しか持っていないことから、1票の日本が招致するには難関だった。

2009年に招致が決定したが、それ以降も南アフリカなどが東京開催を不安視する向きもあったという。
しかし、ラクビーワールドカップ2015大会で、日本が南アフリカを破ったことで、各国は開催国として認めたようで、以来そのような声は聞かれなくなったと云う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年11月18日

樹齢200年のオリーブが竹橋のラーエミクニに設置されていた。

樹齢200年のオリーブが竹橋のラーエミクニに設置された。

第9回 江戸・東京食文化普及推進チーム勉強会が、竹橋のラーエミクニで開催されるので少し早めに伺ったら、三國シェフが「見てくれましたか!」と云うので何のことかと思ったら、自ら扉を開けて外へ出た。

オリーブに実が付いてるんです。

凄い古木で、どうしたんですかと伺うと、プラントハンター西畠清順さんに入れてもらったと云う。




1-1.JPG

スペインアンダルシアの古いオリーブ園にあったもので、樹齢200年だと云う。
根を切りながら数年その土地で養生をしたことから、鉢植えにすることが出来たもの。

上の画像をタップする


フレンチのレストランとしては、オリーブは馴染む、特に、平和と繁栄の象徴として、店のシンボルツリーにオリーブを選んだと云う。

オリーブの一鉢は階段下の入り口にさり気なく置かれていたが、もう一鉢は階段を上がった店の扉の前に置かれていた。

ミクニ・コレクションの一つだと云う。

暗かったので、あらためて、明るいときに来て、樹の肌などを写真に撮って紹介しようと思っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年11月17日

11月24日(土)、ねりまマルシェを練馬駅北側の平成つつじ公園で開催される。  


練馬マルシェ実行委員会と練馬区主催、JA東京あおば後援による「ねりまマルシェ」が11月24日(土)、西武線練馬駅北側の平成つつじ公園で開催される。

練馬の農業者による、とれたて野菜や果物、花などの販売。
練馬の飲食店による練馬産農産物を使った料理、お酒などの販売
キッチンカーによる練馬大根を使った料理などの販売





img020.jpg

上の画像をタツプする

特別企画@としては、区内飲食店の料理人が結集! 「練馬大根を使った料理を食べくらべ!」

特別企画Aでは、練馬産の農産物を購入すると「ショッピングバックがプレゼント」される!」
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月16日

第2回 江戸東京食文化研究会が、全日本・食学会の東京地区の会員を集めて虎ノ門にあるヒューリック神谷町ビルで開催された。


全日本食学会理事長代行の三國清三シェフ(オテルドゥミクニ)は、東京地区の会員を集め、学会事務局が置かれているヒューリック神谷町ビル3 階のTOW 会議室において、江戸東京の食文化について研究会を開いている。

第1回は、10 月 24 日(水)和食文化学会佐藤洋一郎会長を招いて「江戸前料理とは何か?」の講演が開かれたが、

13 日(火)、第2回として、森枝卓士先生(大正大学/食ジャーナリスト) を招いて「カレーライスと食の近代」についての勉強会が開催された。





1-1.JPG

熊本県水俣出身の同氏は、水俣病の取材に訪れた世界的な写真家ユージン・スミスの影響でジャーナリストを志し、1970〜80年代にカメラマンにたと云う。

上の画像をタップする

師匠だと、ユージン・スミスとのツーショットの写真で自己紹介をした。

各国を取材しているうちに、その国を知るには、何を食べているかを知ることなので、食をテーマにするようになった。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2018年11月15日

檜原村人里の南斜面で栽培しているナツハゼの実が地域特産物のジャムとして人気に


東京都西多摩郡檜原村の歴史文化に詳しい鈴木留次郎さんには、昨年、江戸東京野菜に認証された白岩ウリについても、歴史や栽培の現状などについて、調べていただいたが、今度は6次産業化の話し。

檜原村は、あきる野市から檜原村役場の先で左右に分かれ、右に都道205号線を行くと白岩ウリが栽培されている、藤沢方面から白岩沢へ、
左へは檜原街道(都道33号線)で数馬の湯から都民の森へと向かうが、その途中、人里と書いて「へんぼり」と読むが、ここで、ナツハゼ(ツツジ科)の栽培がされている。




1-1.JPG

ナツハゼは、日本原産で、ツツジ科だから、ブルーベリーと同じ落葉低木。
ブルーベリーよりも黒く濃い色をしていて、アントシアニンは3倍だとか。

上の画像をタップする

ナツハゼがこのようにたわわに実るには、種々条件があって、標高500m前後で、日照時間も関係していて、檜原村の中でも人里以外では、実を付けないと云う。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 檜原村とあきる野市の農業

2018年11月14日

新宿区立角筈図書館で、角筈カボチャなど、新宿のビルで江戸東京野菜を栽培するケースを紹介する。


午前中は2日目の東京都食育フェアのステージを依頼されていたので、11時からのステージを終え、会場でホテルのシェフが作ると云うカレーライスを、コンシェルジ協会の川並三也理事と一緒に食べてから、午後から依頼されている新宿区立角筈図書館に向かった。

角筈図書館には、共催組織の絵本塾出版の尾下千秋社長もみえていた。前回の下落合図書館でお話しした後、2時間一杯話すのでは長すぎる、質問時間を設けるように!、とのアドバイスをいただいていたので、内容を整理したパワーポイントを用意していた。




1-1.JPG

8月に門康治館長から協力依頼のメールが来ていたが、角筈図書館は、内藤カボチャの授業で何度か来ている新宿区立西新宿小学校へ行く途中にあるから、場所は知っていた。

上の画像をタップする

門館長の挨拶で始まった「新宿の農業・江戸東京の野菜」

新宿でも江戸東京野菜を栽培しているグループがあることを紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2018年11月13日

光が丘秋の陽小学校で今年も6年生に練馬大根の授業を実施した。

 
練馬区立光が丘秋の陽小学校(関川健校長)の 佐藤綾子栄養教諭から今年も6年生に練馬大根の授業をしてもらいたいと依頼が来ていた。

光が丘秋の陽小学校での授業は2016年から行っているが、毎年、学校公開日に行っている。

今年は、11月(土)で、1時間目からの実施だと云うので、遅れてはと6時の電車で出かけたが、接続が良く、少し早めについたので、佐藤栄養教諭に、野菜を栽培している畑に案内してもらった。





0-1-1.JPG

畑には、学校給食リサイクル特殊肥料「練馬の大地」が施されている。

同校での給食の残さはあまり出ないそうだが、練馬区立の小中学校などの給食調理残菜・食べ残し残さを原料とした安全・安心な特殊肥料が利用されていた。

上の画像をタップする





続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2018年11月12日

10日(土)、11日(日)に代々木公園ケヤキ並木通り「第11回東京都食育フェア」で江戸東京野菜を語る。

        
東京都が毎年実施している食育フェア、今年で11回を迎える。
かつて、寺島ナスの普及で、東向島の大喜青果・阿部敏さんが会場でトークショーに出演したことがあったが、
久しぶりに江戸東京野菜の出番がやってきた。

この日は、午前中は練馬区立光が丘秋の陽小学校で練馬大根のお話しをする計画があったので,10日(土)は午後2時から、そして11日(日)は11時から「江⼾東京野菜セミナー&スイーツクッキング」 〜伝統野菜の魅⼒を発⾒!〜で30分の時間をいただいた。





1-1-.JPG

そもそもは、農林水産部食料安全課の小寺孝治課長(写真左上)から、特設ステージで江戸東京野菜を宣伝しないかとお話を頂いたことから、喜んでお引き受けしたもので、
モニターが3台、ステージ上は500インチのモニターが設置されていた。

上の画像をタップする

30分で江戸東京野菜を紹介すると云うことで、江戸東京野菜が各地で食育の素材として活用されている事例を紹介した。
練馬大根引っこ抜き競技大会は、練馬の小中学生に練馬大根を給食で食べさせるために始めたもの。

亀戸大根の発祥の地、江東区亀戸の小学校で栽培をし、毎年「福分けまつり」が開催されている。

品川では、品川カブの品評会に30以上の組織(小中学校など)が栽培をし、品川カブ汁が人気。

荒川区では、三河島菜は観光資源だとして、都立農産高校が栽培し日暮里マルシェが開催されている。

また、新宿区では早稲田ミョウガの学校給食が年2回行われていること。

そして、西新宿小学校では内藤カボチャを栽培していますが、スイーツクッキングで、内藤カボチャの「スイーツクッキング」として会場の皆さんに食べ゛ていただいた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2018年11月11日

「江戸東京野菜のルーツと味」の募集が始まった。


江東区文化プログラムとして、江東区文化コミュニティ財団が実施する平成30年度後期江東区総合区民センタへ講座「江戸東京野菜のルーツと味」が、1月から3月にかけて3回開催される。

講師として3月には、江戸東京野菜コンシェルジュで江戸ソバリエの高野美子さんが調理実習を行う。




1-1.JPG        


申し込みは24日まで、上の画像をタップして
皆さんご参加ください。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等