2019年01月19日

すみだ北斎美術館の企画展「大江戸グルメと北斎」が20日までと云うので行ってきた。


江戸東京野菜コンシェルジュの皆さん、何人もから、「すみだ北斎美術館に行ってきた!」と報告してくれる方もいて、中には、江原絢子先生(東京家政学院大学名誉教授)の講演「江戸の食文化とその魅力」を聞いてきたという方も。

12月1日から1月20日まで行われている企画展「大江戸グルメと北斎」、中々行くことができなかったが、先日1月16日に江東区総合区民センターで、江戸東京野菜の話をする機会に恵まれたことから、帰り大江戸線の両国駅下車ですみだ北斎美術館に行ってきた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

館内は、撮影禁止だから紹介は同館のホームページから紹介する。

常設展には、富嶽三十六景「凱風快晴」の一名「赤富士」や、「神奈川沖浪裏」が詳細な解説や解像力で、展示されている他、北斎漫画も多数展示されていた。

作品は、墨田区が蒐集したもの以外、北斎作品コレクターでもあったピーター・モース氏のコレクションと、浮世絵研究の第一人者である楢ア宗重氏のコレクションが多数展示されていた。

北斎が、こたつに入りながら絵を書く姿が再現されていて、北斎の生活ぶりが窺える。

企画展の江戸グルメでは東京家政学院生活文化博物館の再現レプリカが展示してあったが、江原先生にご案内いただいて同校の生活文化博物館を見せていただいたことがある。

このお料理は、皇居の楠正成像の一角にある楠公レストハウスに於いて、江原先生の監修により江戸時代の料理を再現した弁当「江戸エコ行楽重」三の重が販売されたが、再現レプリカの、蛸を使った「桜飯」や「こおり豆富」を食べることが出来る

現在は三の重にお刺身が加わった「与の重」も販売され、特別バージョンの秋冬「江戸エコ行楽重・会席」も食べていただきたい。

追録
img219.jpg

上の画像をタツプする
2月5日(火)〜4月7日(日)まで開催されている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月18日

江東区総合区民センター「江戸東京野菜のルーツと味」の第1回でこの季節の江戸東京野菜を解説した。


昨年の6月、かつて深川江戸資料館にいらした古田智子さんからメールをいただいた。

古田さんには2015年だったか、仕事を頂いたことがあった。
同資料館にはお客さんに解説するボランティアさんが大勢いるが、館内には八百屋のお店も復元されていることから、江戸の農業の知識も必要だと云うので、お話をさせていただいたことがあった。

11月に農業まちづくり基礎講座バスツアー「江戸東京野菜めぐり」にもご参加いただいた。





1-1.JPG

古田さんは現在、西大島駅に隣接する江東区総合区民センターに異動して、今年度後期(10月〜3月)に実施する講座として、「江戸東京野菜のルーツと味」を、企画してくれた。

1月から月1回で全3(うち調理実習は1回)と云うもで、調理実習は江戸東京野菜コンシェルジュの高野美子さんが受けていただけることになった。

上の画像をタップする
西大島駅を出たところに、五百羅漢跡の碑が建っていた。
近いうちに目黒に行くから五百羅漢寺を訪ねてみようと思っている。






2-1.JPG

今回のテーマは「江戸東京野菜のルーツと味」
3月に、高野美子さんが調理実習をするにあたり、この季節の野菜を中心について解説。

1時間半の時間内では、練馬大根を始め、地元砂村一本ネギ、千住一本ネギ、のらぼう菜、伝統小松菜までだった。

粋な江戸っ子は白首大根」の話しをしたことから、次回は練馬大根と、青首大根の食べ比べを実施したいと、古田さんと相談したが、高野さんもお手伝いいただけることになった。

3月の調理実習では、足立の内田宏之さんと井之口喜實夫さんの千住ネギ、のらぼう菜は三鷹の冨澤剛さんに、また伝統小松菜は東小松川の石井さん、

今回は時間が無かったが、次回には早稲田ミョウガのミョウガタケと、東京うどの解説もするので、これらも古田さんに相談して、高野さんに選んでいただくことになった。


追録

3-1.JPG

今回、高野さんが聞きに来てくれたが、
内藤唐辛子七味クッキーを作ってきてくれ、皆さんに配られた。
ピリッとした大人の味で、調理実習に期待が高まる

追伸
当日、深川江戸資料館の江原真紀主査もお見えで、
資料館として江戸東京野菜を栽培できないかとの相談を受けた、
栽培環境がはっきりしなかったので即答は避けたが、
内藤トウガラシなどは見た目に分かりやすいので、
内藤トウガラシプロジェクトを紹介しようと思っている。


posted by 大竹道茂 at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 食育・食農・講演会等

2019年01月17日

JAセレサ川崎の「あぐりっこ農園」利用者の交流会に伺い、友人の立川さんに宮前地区を案内してもらった。


JAセレサ川崎の営農部アグリサポート課の横山昇さんから、同課が地域住民対策として運営している体験型農園、宮前平、五月台、梶ヶ谷の3カ所の利用者交流会に来てほしいと、昨年の4月に依頼された事は当ブログで紹介している。

元旦に届いた年賀状の中に高校時代のクラスメイト立川猛さんからの一通が目に留まった。
添え書きに、地元のJAセレサ川崎の組合員だとあったので、
電話で会えないかと連絡をしてみたら、宮前を案内してくれることになった。

立川さんは、農業は親に任せて横浜の金融機関に勤めておられたが、定年後は宅地化した地域の中で資産管理をされているようだった。






1-1.JPG

13時半からの交流会に立川さんは、宮前平農園の園主梅原正寿さんと一緒に来られた。
同じ宮前区で野菜栽培に取り組んでいる梅原さんを応援しているという。

上の画像をタップする

農園利用者20名の方々がお集まりになった。
交流会は、営農部アグリサポート課の林田剛課長の進行で開催され、

指名されて「江戸東京野菜には物語がある」のタイトルではじめたが、途中から川崎の伝統野菜についても、時間をとってお伝えした。

鎌倉の佐助稲荷神社に伝わる伝説の、源十郎の大根を由比ガ浜で見つけたことなど、読売新聞に掲載された資料を配布して、ハマダイコンについても説明。

それが、多摩川の二子玉川にもあることから、対岸の川崎市にもあるのではと、興味をそそる話しに展開した。
また、川崎市百合丘の近くにある万福寺では、滝野川ニンジンを復活させた「万福寺大長ニンジン」も滝野川ニンジンとして江戸東京野菜に追加されている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2019年01月16日

八王子市川口で江戸東京野菜を露地栽培する福島農園を見せてもらった。


江戸東京野菜が欲しいという話は、この厳しい寒さが続いている中でもある。

昨年の暮れに、テレビ朝日「食菜の王国」の担当者から2月に金町コカブを取り上げたいと云うので、何人かの生産者に電話をして確認したら、一昨年就農し、八王子で露地栽培をしている江戸東京野菜コンシェルジュ協会理事の福島秀史さんが、色々栽培していて、需要に応えていると云うので、先日畑を見せてもらった。

畑は2カ所あるが、八王子市立川口小学校の裏山にある畑と、「川口中学校入口」の信号から台地に上ったところにある畑を見せてもらった。





1-1.JPG

小学校側の畑は、周囲を山林で囲まれているが、腐葉土が堆積した柔らかい畑で、亀戸大根、三河島菜、伝統小松菜、滝野川ゴボウなどを栽培していた

上の画像をタップする

亀戸大根、品川カブ、金町コカブ、京菜、滝野川ゴボウをいただいてきた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 八王子の伝統野菜各種

2019年01月15日

都市農地活用支援センターが、本年も2月14日「都市農地活用実践ゼミナール」を開催する。


一般財団法人 都市農地活用支援センターが、毎年2月に開催している「都市農地活用実践ゼミナール」が、本年も2月14日に開催する。

今回は「新制度によってひろがる都市農地活用の可能性」をテーマに、制度が変わったことで都市農地・都市農業に関わる主体や取組みが拡大することを背景に、そこで生じるであろう課題や今後の展望を、事例を交えながら紹介する内容となっています。





1-1.JPG

上の画像をタップする

申し込みはこちらから

都市農地活用支援センターのホームページはここから。


posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月14日

第2回なにわの伝統野菜「難波葱フェスタ」が1月18日(金)から27日(日)まで開催される。



2017年4月に難波葱が、なにわの伝統野菜として認証されたことから、収穫時期の昨年1月20日から28日まで難波葱フェスタが開催された。

今年も、1月18日(金)から27日(日)まで、第2回なにわの伝統野菜「難波葱フェスタ」が10日間のお祭りとして開催されるからと、このほど「難波葱の会」の難波りんごさんが、関係資料を送ってくれた。

初日の18日には15時から大阪高島屋前で、先着300名に難波葱を配布するという。





1-1.JPG

上の画像をタップする

食べる、買う、知る、楽しむごとにまとめてある。

難波葱フェスタPR推進会議は、126団体で組織されていると云うから、昨年から倍以上に発展している。

生産者の上田隆祥さんに伺うと、昨年台風の影響があったようだが、復活し順調な生育で収穫期を迎えたという。
認証されたことで生産者も増えたようで、難波葱フェスタも、りんごさんのお骨折りで昨年以上に盛り上がっていると喜んでおられた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2019年01月13日

地元の伝統野菜「千住ネギ」の消費に向けて、JA東京スマイルの足立地区女性部が取り組み始めた。


JA東京スマイルの足立地区女性部(柴田政子部長)では、これまで、足立区で生産量の多い小松菜を使ったまんじゅうをイベントで作って販売をしていたが、

今年度は、地元の伝統野菜「千住ネギ」をホットケーキミックスに刻み込んで生地をつくり、ウインナーソーセージを巻き込んだ、ソーセージロールを、販売したところ、好評で人気商品になっている。





1-1.JPG

千住ネギの栽培は、足立区農業委員会の荒堀安行会長のもと、ジーンバンクからいただいた種子で、足立区立の栗原北小、平野小、千寿双葉小、西伊興小、の4校で復活栽培をしているが、ポットに蒔いた苗を定植するときに残った苗を、農業委員の星野信雄さん等が栽培している、

また、同じ農業委員の内田宏之さんは、浅草葱善(田中庸浩社長)の固定種「江戸千住」を栽培してる。
今月、畑で千住ネギの蒸し焼きをやるからとお誘いをいただいている。


続きを読む

2019年01月12日

12日13時から、JAセレサ川崎の「あぐりっこ農園」利用者に江戸東京野菜を伝える。


JAセレサ川崎では、都市農業振興基本法の施行を受けて、営農部アグリサポート課が、一昨年から都市住民対策として体験型農園の「あぐりっこ農園」を運営・管理している。

「あぐりっこ農園」は、宮前平、五月台、梶ヶ谷の3カ所あるが、農園利用者の交流会を1月12日開催するにあたり、江戸東京野菜の講演を依頼されていた。

今回の依頼は、アグリサポート課の横山昇さんが、昨年4月に、JA東京アグリパークで実施した江戸東京野菜コンシェルジュ協会の講座を受講されて、農園利用者に聞かせたいと依頼されたもの

その後、確認の電話があった後、体調を壊したとお休みになっていると聞いていたが、今年携帯に再確認の電話を入れて分かったが、12月にお亡くなりになられたという。

横山さんがNツアーにお勤めの頃から、親しくさせていただき、お世話になっていただけに、残念です。
横山昇さまのご冥福をお祈りいたします。

12日13時からは、横山さんの期待に応えるように、皆さんにお話ししてまいります。





1-1.JPG

上の画像をタップする。


川崎の皆さんだから、鎌倉で発見した「鎌倉大根」のハマダイコンは、川崎にはないのか、また、これから旬の来る川崎の伝統野菜「のらぼう菜」なども、お話しようと思っている。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2019年01月11日

二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、今年真打昇進を果たし真打昇進興行が始まる。


二つ目だった講談師の田辺一乃さんが、苦節9年、今年真打昇進を果たし3月には真打昇進披露パーティーを開催し、4月から真打昇進興行が始まる。

一乃さんは、当ブログでも紹介しているが、夕靄発講談や、玉カフェ講談などの定席を持っている。





1-1.JPG


上の画像をタツプすると
お江戸・日本橋亭と、お江戸・上野広小路亭の日程
アクセスや、ご予約はこちら




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月10日

自宅近くのコースにゴルフの師匠浜野さんに誘われて、初打ちを楽しんだ。


自宅から玉川上水を渡って、クラブハウスまで130mと云う近くに、昭和の森ゴルフコースがあり、久しぶりに出かけた。

最近は、現役当時と違って、誘ってくれる方もいないから、ゴルフに行く機会もなくなって年に1回、あるかないか。今回は、ゴルフの師匠の浜野幸雄さんからお誘いをいただいたもので、2人でやるのは10年振り。

師匠は、私よりも10歳上だが、まだ80台で回っているというから、フォームチェックを受けようと喜んで出かけた。





1-1.JPG

このゴルフコース、戦後に米軍が接収した土地に横田基地の米軍将校が利用するゴルフ場として生まれたもので、
1969年、接収用地は変換され、木造バラックのまま昭和パブリックコースとしてオープン。
18ホール6400ヤード、パー72だったが、アウトコースが1976年、住宅公団用地(つつじが丘住宅)にかかり、一部コースを変更して現在の6067ヤードになった。

1970年代、義兄に何度か連れて行ってもらったが、1984年、昭和の森ゴルフコースとなった。

フラットで距離が短い分、クリークやバンカーを作って戦略性を高めているが、我々シニアには向いている。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月09日

2月17日(日)、次世代に伝えたい江戸東京野菜、江戸川区立中央図書館で話す機会をいただいた。


2月17日(日)14時から、江戸川区立中央図書館で、「次世代に伝えたい江戸東京野菜」を話すことになった。

この話は、昨年4月に同館の橋口さんから2018年度のイベント企画のひとつとしてメールをいただいたもので、
江戸川区の名産である伝統小松菜、しんとり菜をはじめとする、江戸東京野菜に対する関心を高めるイベントを構想しているとのことだった。

会場は、江戸川区総合文化センターの前にある図書館で、毎年バスツアーで新小岩の香取神社に行く途中に前を通っている。






1-1.jpg

今回は、江戸川会場と云うことで、伝統小松菜を始め、シントリ菜、亀戸大根、千住ネギ、寺島ナスなど東京東部で栽培している江戸東京野菜をメインにお話し、生産者も紹介する予定だ。

それにしても、素晴らしいポスターが出来た。

上の画像をタップすると拡大。

このキャラクター、メールをくれた橋口さんが描いたものだという。
何でも、2015年に環境展示の一部として、江戸東京野菜を使って
「地産地消」・「CO2削減」等を説明するのに書き上げたキャラクターだという。

プロが書いたものと思っていたが、すごい才能だ。
可愛らしい絵だから、江戸東京野菜が分かりやすい。

「江戸東京野菜で使っていただいて結構です。!」と云っていただいた。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月08日

1月26日「なにわの伝統野菜フェスティバル in 味園ユニバース」が、開催される


なにわの伝統野菜をプロデュースする原田彰子さんから、「なにわの伝統野菜フェスティバル」を開催すると云うメールをいただいた。

原田さんには、一昨年お会いしているが、
ホームページの「熟塾」は、「なにわの伝統野菜」を始め、なにわの文化を次代に残そうとの強い思いが伝わってくる。

現在、大阪府が認証している18種類のなにわの伝統野菜には、鳥飼茄子・高山真菜・毛馬胡瓜・金時人参・田辺大根・三島独活・高山牛蒡・玉造黒門越瓜・大阪しろな・芽紫蘇・吹田慈姑・守口だいこん・勝間南瓜・天王寺蕪・服部越瓜・泉州黄玉葱・碓井豌豆・難波葱がある。

一昨年、認証された「難波葱」のイベント、「新規認証祝賀会」が昨年行われたときも、原田さんがイベントを仕切った。





1-1.JPG

会場になる味園ユニバースは、大阪市中央区千日前の味園ビルB1で。

昭和キャバレーの姿そのままにイベントスペースとして若者に人気がある「味園ユニバース」に、すべての生産者が一堂に会して、「なにわの伝統野菜河内音頭」で一緒に踊ろうという 。

地産地消活動を広げ、2025年の大阪で開催される万国博覧会で世界中の人々に「なにわの伝統野菜」で、おもてなししようの第一幕だという。

上の画像をタップする

原田さんのメールには
「文楽と同様に、なにわの伝統野菜も、次世代へ繋げるべき、大阪でしかない大阪食の過去から現在、未来へと伝えるべき食べることができる生きた歴史です!

栽培してくださっている生産者さんあればこそ、なにわの伝統野菜を食べることができます!生産者さんと消費者一緒になって第2回難波葱フェスタ期間中に「なにわの伝統野菜河内音頭」で大阪を盛り上げましょう!」
とある。申し込みはここから

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

2019年01月07日

今日は七草、昨日、七草がゆセットを売っていたので買ってきた。


七草がゆセットを、スーパーの野菜売り場で売っていた。
静岡県三島市産(三島函南農協)のパックだった。

他にも神奈川県産のパックも売っていたが、
パックの中に説明書のようなものが入っていたので読んでみたくて、
三島産を買ってきた。

当ブログでは、2011年に、
亀戸大根を守り継いできた葛飾区高砂の鈴木藤一さんが作っていて、
特に江戸東京野菜の亀戸大根と金町コカブを使った
春の七草だったので、感激したものだ。

鈴木さんは今年もJA東京スマイル葛飾元気野菜直売所に出していた。
柴田清さんもセットを作ったとようだ。

また、地元JA東京みどりのみの〜れ立川に、田中賢二さん
春の七草を出していた。

2016年の暮れに、向島百花園の春の七草籠をいただいたので、
7日には七草粥にしていただいた。



1-1-2.JPG

パックに入っていた「無病息災初春を祝う」を開くと
七草粥の言われ

古く中国より伝わり、春の七草を使って作る粥は、
1年の無病息災・招福を祈願する風習として
食べられています。

正月料理で疲れた胃を休め、
平常の食生活に戻す区切りとして考え、
野菜の乏しい冬場に不足しがちな栄養素を
補う役割とされています。

上の画像をタップする
「セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、
スズナ、スズシロ、これぞ春の七草」




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月06日

小金井市で、江戸東京野菜 オリジナル缶バッチプレゼントキャンペーンが実施されている。


紹介が遅くなったが、小金井市市民部経済課主催で、(一社)小金井市観光まちおこし協会運営の、江戸東京野菜の普及事業、

「旬の江戸東京野菜の料理を味わって「缶バッチ」を集めよう」の企画を、昨年の12月14日から3月5日まで実施している。





1-1.JPG

上の画像をタップする
この江戸東京野菜のキャラクター缶バッチは、12種類がある。

参加店舗は、15店舗で、AグループとBグループに分かれていて、
Aグループには、金町コカブ、馬込半白キュウリ、東京長カブ
東京ウド、小金井マクワ、伝統小松菜

Bグループには、亀戸大根、寺島ナス、しんとり菜、のらぼう菜、
馬込三寸ニンジン、伝統大蔵大根
と、グループによってキャラクター缶バッチの種類が異なる。

このキャラクター、キモ可愛いと若い人には人気で
特に、金町こかぶから集め始めるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年01月05日

第95回 箱根駅伝の選手を応援しながら今年も家族の新年会をミクニ・マルノウチで実施した。


毎年、正月三が日に、家族が集まって新年会をしているが、昨年お世話になって、家族みんなが行きたいと云うので、ミクニ・マルノウチの椛田裕之支配人に予約を入れていた。

昨年は、1月にジャパン ハーブ ソサエティーの皆さんが、江戸東京野菜を食べたいと云うので、席をとってもらったが、三國シェフとのトークをさせていただいたし、椛田支配人は江戸東京野菜についても詳しい。

10月には、東京味わいフェスタに出店し、江戸東京野菜を盛り上げていただき、

11月に行われた、丸の内シェフズクラブの中通りロングテーブルでは、当店の個室から写真を撮っていただいた。






1-1.JPG

今年は、12時に予約を入れていたが、椛田支配人が、南側の席を用意してくれたので、箱根駅伝復路10区のランナーを見るには特等席だ。

上の画像をタップする

1時過ぎに、先頭の東海大学・郡司選手が通り過ぎたが、沿道からは一斉にスマホが向けられていた。

母校東京農大は予選落ちで、出場の機会がなくなって数年経つが、出場しない正月は何か寂しい。
ここ数年は息子の嫁の母校法政を応援していて、今回は6位と健闘してくれた。

9位の拓殖大の松岡選手と10位の中央学院大学石綿選手がシードを確保するために、11位の中央大の追い上げを意識して走っていた。(写真下)

来年の予選会は、名門中央大学、早稲田大学が予選会からとなった。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年01月04日

各市農産品の掘り起こしで、地域農産物直売所で販売、地域と共に歩むJA東京みどり


JA東京みどりの広報資材として冊子の広報誌だったのが光沢紙のタブロイド版、Cloverとなって1年。

今回の企画は6次産業特集だ。
地元のJA東京みどりは、1992年4月1日に、北多摩西部に位置し昭島市、立川市、武蔵村山市、東大和市、国立市、5市のJAが合併して「東京みどり」が誕生した。




0-1.JPG

上の画像をタップする

北多摩地区の西に位置しているから、西多摩地区の福生市と瑞穂町に隣接し、川を渡れば南多摩の日野市と八王子市に隣接していて、それぞれの市の特徴ある産物があり、6次産業化が行われていて。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月03日

新年恒例の明治神宮農林水産物奉献会 総会並びに新年互礼会に出席した。


戦後のすぐの食糧不足の中で、国民の食糧を増産しようと、明治神宮に集った首都圏の篤農家が結成した組織で、それがさらに発展して、明治神宮農林水産物奉献会となった。

9時半に参集殿に集合し、年頭昇殿参拝に向かった。
数年前から、2020年の明治神宮鎮座百年記念事業として、銅葺きの屋根の葺き替えを行っていたが、
昨年は回廊が綺麗になっていたが、今年は御社殿の外拝殿の屋根に銅板が張られていた。





1-1.JPG

上の画像をタップする

今年は、御祭神の明治天皇、昭憲皇太后が祀られている内拝殿と本殿屋根の葺き替えと云うことで、本殿の前庭に作られた仮殿に御神体は遷座されていた。

昇殿参拝後、直会のお神酒をいただき、
神楽殿では、祝詞が奏上され、神楽「倭舞(やまとまい)」が舞われた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報

2019年01月02日

休眠した早稲田ミョウガの根茎を掘って、ミョウガタケ栽培の準備作業が始まっていた。


昨年は暖冬だったので、12月に入っても温かったが、16日に霜が降りた。

かつて冬の露地栽培は、小松菜、亀戸大根、金町コカブなどがあったが、霜よけによしずや笹を立てて栽培していたものだが、

最近は、マルチ栽培が主流だし、ハウス栽培をしている。
しかし、江戸東京野菜のなかには、霜を利用する栽培法がある。





1-1.JPG

早稲田ミョウガの栽培は、特に霜は関係しないが、春一番のミョウガタケをつくるとなると、ミョウガの根茎を休眠させる必要があり、霜が降りるのを待っていた。

上の画像をタツプする

これまで、根茎を掘り起こす作業は
前に一度、写真を撮らしていただいたが、根茎の写真が少ないので、改めてお願いしていた。

井之口さんからは、根茎を掘るときには、連絡をするからと云っていただいていて、写真を撮ってきた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ

2019年01月01日

今年も江戸東京野菜の復活・普及にご協力ください。


キャプチャ.JPG

上の画像をタツプする
江戸東京野菜コンシェルジュ協会ともどもよろしくお願いいたします。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他関連情報