2019年01月31日

武蔵野大学工学部環境システム学科プロジェクトで、江戸東京野菜の栽培からフードマイレージを調査。


武蔵野大学工学部環境システム学科3年生の飯田耕太郎君からメールをもらったのは7月初めだったか、江戸東京野菜を栽培したいと云うものだつた。

飯田君をリーダーとして組織する飯田農場のメンバーは、横山和輝君、今井康太君、外谷場大智君、小田陽介君の5人は、授業で江戸時代のエネルギー循環の歴史を学び、江戸時代の作物、江戸東京野菜を栽培することでその循環を検証したいという事のようだった。

そこで、大学からも通いやすく、駅からも近い、練馬区平和台で江戸東京野菜の復活栽培に取り組んでいる渡戸秀行さんを紹介することにし、初日はファーム渡戸に近い有楽町線の平和台駅で待ち合わせた。




1-1-2.JPG

機敏に作業をするには機能的な12枚コハゼの地下足袋とゴム手袋を
用意するなどやる気が感じ取れた。

先ずは、渡戸さんから依頼された農作業は、
滝野川系の渡辺早生ゴボウの収穫作業から取り掛かった。

上の画像をタップする
東京都農業祭の品評会に出すためのゴボウを掘った。
ゴボウの根を傷めないよう今井君、外谷場君は注意深く掘りだした。

江戸城の北、城北地域の北区、板橋区、練馬区は柔らかくきめの細かい火山灰土が深く、練馬大根、滝野川ゴボウ、滝野川ニンジン等、
根の長い土物が良くできた。

渡戸さんのゴボウは、太いが柔らかいのが収穫できた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動