2019年04月01日

東京を代表するセルリー農家・並木猛さんの収穫が始まった。


清瀬のセルリー農家・並木猛さんから電話をもらった。
セルリーの収穫は31日だと云うので伺った。

それにしても、最近は、並木さんによくお会いする。
今年の、2月に清瀬の小寺正明さんのお祝に招かれたとき・・・。

また、先日は、星野直治さんの寺島ナスの接ぎ木を手伝っておられた。
30日(土)には、星野さんに招かれ、お宅の観桜会に行ってきたと、
出荷前の忙しいときにも精力的に活動している。






1-1.JPG

前の晩、電話で何時ごろ行ったらいいかと聞いたら、
朝5時に起きて収穫作業を始めるという。
11時頃にでもと思っていたが、9時に伺えた。

すでにお客さんが見えていて、並木さんに紹介されたが、
西武池袋線清瀬駅の南口から徒歩2分
レストラン・アルブル
古川ヒロキオーナーシェフ夫妻が見えていた。

アルブルは「とうきょう特産食材使用店」、
「東京、清瀬ではたくさんのおいしい野菜が育てられています。
新鮮野菜を味わうための、地産地消レストランです。」
とある。

渋谷のイタリアン「オステリアアルコ」の岡田圭介オーナーシェフが、
並木さんのセルリーでセルリ−づくしスペシャルディナーに伺ったが、

並木さんの人柄にも惚れた、料理人が増えている。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達