2019年04月04日

今も変わらぬ井口家の屋敷林と周辺の農地。


練馬区立野町の井口良男さんのお宅にウド栽培のことで写真を撮ろうと
何度かお邪魔していて、屋敷の周りを歩いてみた。

春の井口さんの屋敷林は、2010年に当ブログでも紹介しているが、
井口さんのお宅は専業農家、北側の畑からの佇まいは、変わらぬ景色を今に伝えている。





1-1.JPG

この畑には5月になったら東京ウドを定植する予定だと云う。

上の画像をタップする
屋敷林から東に広がる農地では、井口さんが野焼きをしている。

井口さんの屋敷林の西側から千川上水が流れて来て、
屋敷に沿って北側を流れて練馬方面に流れていく。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達