2019年04月12日

香りのよい江戸東京野菜の「根三つ葉」が美味しい。


冬に戻ったような寒さだった。雨が降っていたが、西の方では雪になっているとニュースが報じていた。
練馬に行く用事があったので、ご無沙汰していた井之口喜實夫さんのお宅に伺った。

江戸東京野菜の栽培に取り組んでもらっている井之口さんは、この季節は「早稲田ミョウガタケ」と「伝統小松菜」を収穫しているが、「根三つ葉」の収穫を始めたと連絡をいただいていた。

「根ミツバ」は、昨年の12月に開催された平成30年度の江戸東京野菜推進委員会で追加登録されている。





1-1-1-.JPG

雨が降っていたが、写真を撮りたいと無理を言って収穫してもらったが、生育と共に土寄せをしてきたようで、勇喜夫さんが、鍬をふるうとひと固まりの株が収穫された。

上の画像をタップする

「軟白の白い所が、切りミツバと香りが全然違うんだ」と井之口さん。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 早稲田ミョウガ