2019年06月16日

玉川上水沿いの農地で栽培されている江戸東京野菜。


玉川上水は、多摩川の水を飲料水として江戸市中に供給する目的で開削されたものだが、途中水の乏しい多摩地域においては、分水して農耕に必要な水として活用された。

3月にウイークデーハイキングで、五日市街道ぞいの喜平橋で玉川上水の様子を紹介しているが、改めて、水道局小平監視所のあたりから玉川上水を歩いてみた。





1-1.JPG

西武拝島線玉川上水駅は昭和25年(1950)に始発駅として開業した。

上の画像をタツプする

玉川上水駅から150メートルほどのところに、東京都水道局の小平監視所がある。
ここで、羽村から引いてきた上水は、東村山浄水場と一部は小平市の小川用水などに分水する。

ここ小平監視所には、下水道局の多摩川上流水再生センター(昭島市宮沢)の処理水を引いてきていて、玉川上水下流と野火止用水に流しているため、玉川上水の流量は格段に減少している。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境