2019年07月28日

憂鬱な日が続く梅雨、気分を変えて田圃を見に行った。


異常気象で東京の農家も参っているが、水田は良いだろうから、国立市の佐伯寛さんの水田に出かけた。

朝家を出てしばらくすると雨が降ってきた。なんでも東京では連日28日雨が降ったという。




1-1.JPG

田植えをしているときに、田圃の周辺の市民からは
「広々として気持ちがいい」との声も聴かれた。
稲がだいぶ伸びて、癒される景観になっている。

上の画像をタツプする
田圃の北側は樹々が繁るママ下湧水公園だ。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境