2019年08月11日

渋谷エクセルホテル東急、ランチセミナーが「江戸東京野菜の歴史を知る」をテーマに8月9日に開催された。

 
「江戸東京野菜の歴史を知る」のランチセミナーの開催に当たって、白幡健総料理長から依頼されて一週間前に、最終の打ち合わせを行ったが、このことは当ブログで紹介している。

今年は、野菜の定植後の高温干ばつ、梅雨に入ると、長雨、日照不足で農産物への影響は大きいものがあった。7月29日に梅雨が明けると、今度は雨が降らずに高温注意情報が連日となった。

ランチセミナーに使える野菜を集めるにあたって、流通を担当した青果商の果菜里屋が頑張ってくれた。





1-1.JPG

ランチセミナーは、金澤ゆき子アシスタントマネージャーの司会進行で始まった。
開会に当たって白幡総料理長は、来年は20周年で今年はプレイベントの一つとして開催したと挨拶されたことで、ランチイベントに懸ける白幡総料理長の思いが伝わってきた。

上の画像をタップする
白幡総料理長は、私を紹介していただいたが、


白幡総料理長は、東急グループが実施していた「子供たちに笑顔を! 東北復興支援プロジェクト」が、2011年6月から2017年2月までの7年間実施され、当時、京都東急ホテルの総料理長の立場で、京都から毎回参加されていた。
このプロジェクト、11回、延べ16校で トータル4790食に及んだ。

私もお手伝いをしていたことから白幡総料理長とのご縁が生まれたわけで、当ブログでも何度も紹介している。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介