2019年08月12日

今年は、10月18日から31日まで、錦糸町の駅ビル「テルミナ」の5階レストランフロアで江戸東京野菜の内藤カボチャでハロウイン。


2015年、(株)ロケーションリーチの瀬川雄貴社長から、錦糸町の駅ビル「テルミナ」の5階レストランフロア「たべテル」で、期間限定の江戸東京野菜を使ったお料理のイベントを実施したいというお話を、江戸東京野菜コンシェルジュ協会に話があった。

あれから5年、毎年瀬川社長から、お話をいただいていて、この季節の江戸東京野菜、寺島ナス、滝野川ゴボウ、内藤カボチャ、つる菜、奥多摩ワサビ、内藤トウガラシ、紫芽などが使われてきた。





1-1.JPG

江戸東京野菜を使っていただくにあたり、各お店の料理人の方々にプレゼンテーションを実施してきたが、今回も20分と短かったので、使う野菜に絞ってお話をさせていただいた。

特にこれまでは、寺島なすがメインになっていたが、今年は「ハロウィン」にかけて、内藤カボチャを中心に販売していく予定だという。

現在内藤カボチャの生産者としては、練馬の渡邉和嘉さん、加藤晴久さん、渡戸秀行さん、小平の岸野昌さん、立川の石川公一さん、八王子市の福島秀史さんなどが栽培している。

瀬川社長に伺うところによると、今年は10月18日から31日までで、10月19日(土)には、トークショーを実施するという計画。
今年は、生産者代表もという話だったので、内藤カボチャの栽培をしている、江戸東京・伝統野菜研究会の渡邉副代表にお願いした。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介