2019年10月31日

高円寺フェス2019で魚料理「うおこう寄席」で、江戸東京野菜講談の田辺一乃師匠が語る。


高円寺では街興しとして年4回の大きなイベントがある、2月の演芸まつり、5月のびっくり大道芸、8月の東京高円寺阿波おどり、
そして10月の高円寺フェスでイベントは定着している。

春の、高円寺演芸まつりは、今年で9回だったから、第2回からうおこう寄席には伺っている。

女将の松井つるみさんが、江戸東京野菜のコンシェルジュなので、江戸東京野菜を話題にしていて、落語家の立川吉笑さん(二つ目)に創作落語の練馬大根が出てくる噺を作らせている。

懇親会ではお料理に小松菜と伝統小松菜、そして亀戸ダイコンと青首大根の食べ比べを出すなど、江戸東京野菜の普及に尽力されている。





1-1-2.JPG

この季節に開催される高円寺フェスは、初めてだったが、今回もつるみ女将からお話があったもの。

つるみ女将が開会のご挨拶で、江戸東京野菜への思いを語った。

上の画像をタップする

今年、最後のイベントの「高円寺フェス2019」は、26日(土)、27日(日)の2日間で、駅を出たところでチラシが配られていて、どこで何をやっているかが紹介されていた。
すでに駅前のあちこちで、人だかりがしていた。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月30日

第13回 練馬大根ひっこ抜き競技大会は、今年は「世界都市農業サミット」のイベントとして11月30日に開催される。


練馬区の子どもたちに練馬大根を食べさせたいとの思いではじまった練馬大根ひっこ抜き競技大会は今年で13回を迎え、11月30日(土)に開催される。

今年は天候不順もあって、練馬で大根を栽培している方に聞くと生産者に聞くと本葉が出たところで台風に吹き飛ばされたとの話もあちこちで聞いたが、

競技大会用に栽培している生産者にお聞きしたら、9月1日と早めに蒔いたから、被害には合わなかったという。



1-1.JPG

JA東京あおばと共催の練馬区では「世界都市農業サミット」のイベントと位置付けているので、11月30日(土)のサミット期間に実施し、伝統野菜である練馬大根を世界にアピールするとしている。

上の画像をタップする

競技大会参加の募集は終わっているが、大会は11時過ぎには優勝者が決まり、残った大根は会場にいた応援団も含めた皆さんで抜くことから、

練馬の子どもたち練馬大根を食べさせようとの趣旨に賛同された方、
1メートル近くある長い大根を抜いてみたいという方は、お手伝いください。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月29日

「小学生がおすすめ! 旬の伝統野菜マルシェ」が錦糸町テルミナ5階で開催された。


JR総武線錦糸町駅に隣接するテルミナの5階の飲食店階「たべテル」では今年で5年目になる「AUTUMN GOURMET FESTA 2019」が、10月18日から31日まで開催され、季節の江戸東京野菜を使った料理が提供されている。

先週の19日(土)には、5階のエスカレーター前で、トークショーを行ったことは、紹介している。






1-1.JPG

トークショーの後で、26日(土)に開催する「小学生がおすすめ! 旬の伝統野菜マルシェ」で、江戸東京野菜の販売をする小学生に、江戸東京野菜について説明を行っている。

上の画像をタップする

この企画、2016年に開催した第2回テルミナ×江戸東京野菜フェアで、江戸東京野菜に関する小学校児童の展示会「わたしの江戸東京野菜展」を開催した経緯を踏まえ、

児童及び今回のメニューフェアに江戸東京野菜を提供する株式会社 果菜里屋にご協力を依頼し、1日限りのマルシェで、江戸東京野菜を学んでいる児童に販売してもらおうというもの。

この企画にあたり、ロケーションリサーチ社の 瀬川雄貴社長から、江戸東京野菜の授業を行っている小学校を聞かれたが、当ブログでも紹介しているが、

錦糸町に近い小学校では、砂村一本ネギの第五砂町小、千住ネギの栗原北小、平野小、千寿双葉小、西伊興小、保木間小、亀戸ダイコンの第二亀戸小、寺島ナスの第一寺島小、鳴子ウリの柏木小、内藤カボチャの西新宿小などで実施している。

中でも校長先生や、保護者のご理解を得て、第二亀戸小学校と西新宿小学校の生徒さんが手を挙げていただいたという。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月28日

27日(日)、東京新聞サンデー版に「蕎麦と唐辛子のいい関係」が見開きカラーで紹介された。


9月8日に東京新聞サンデー版に
江戸東京野菜が掲載されたことは、紹介した。

担当の羽雁渉さんから、
10月には蕎麦と唐辛子を掲載すると伺っていた

「蕎麦と唐辛子のいい関係」
「そばは唐辛子の登場で、一気に食べる層が広がった」
「唐辛子はそばとの組み合わせで、
食用として認められるようになった」




1-1.JPG

上の画像をタップする
内藤とうがらしプロジェクトの成田重行代表が、
「江戸の庶民をとりこにした絶妙のコンビ」を書いている。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2019年10月27日

高円寺フェス2019、うおこう寄席は、27日(日)14時から

xcxチャ.JPG
田辺一乃師匠が出演。上の画像をタップしてご参加ください。
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

ホテル・カデンツァ光が丘の日本料理「むさしの」で、早稲田ミョウガを味わった。


先日、練馬の井ノ口喜實夫さんのお宅に伺ったことは、紹介したが、丁度昼時に伺ったものだから、地元のホテル・カデンツァ光が丘の日本料理「むさしの」にご案内いただいた。

同ホテルでは、井ノ口さんの農業を知ってから、積極的に練馬で栽培された農産物を積極的に使っていて石川智総料理長は、スタッフを連れて、井ノ口さんの畑を視察などしている。

今回も、予約なしに「むさしの」を訪れたが、井ノ口さんが見えたことが、石川総料理長に伝わったようで、食事前に、石川総料理長と本橋徹部長(外商・婚礼G担当)があいさつに来られた。

塚原和幸社長とも名刺交換をさせてもらったが、井ノ口さんの食材が評価されている一端を感じとった。





1-1.JPG

同ホテルは、平成6年(1994)4月に第一ホテル光が丘としてオープンしたことから、今年4月に25周年のお祝いをしたという。

当時から母親が「むさしの」を気に入って利用していたからよく知っているが、

話を聞くと25周年をきっかけに、平日の週替わりランチメニュー(平日限定20食!)として ”おばんざいコーナー” を設け。お好きなおばんざいが、食べ放題の新企画を行っているという。

仲居さんに促されて、おばんざいコーナーで、太刀魚の山椒味噌、大根と隠元の煮物、大根と茗荷のサラダにわさびマヨネーズ、カボチャのプリンを取ってきた。


続きを読む

2019年10月26日

「高円寺フェス2019」の "うおこう寄席" で、調理される江戸東京野菜を大雨の中集荷してきた。


「高円寺フェス2019」の "うおこう寄席" は27日(日)の14時から開催されることは、当ブログのトップで案内している。

毎年、季節の江戸東京野菜を生産者のところを回って、高円寺の「うおこう」にもっていっているが、今回も強い雨が降る中、25日の昼前に、江戸東京野菜の生産者を回って集荷してきた。





1-1.JPG

今年の2月に開催された、”第9回 高円寺演芸まつり” には、立川、東久留米から、練馬の立野町、高野台、平和台と回ってきたが、

上の画像をタップする

今回は、平和台の渡戸秀行さんに電話で現在収穫できる江戸東京野菜を確認すると、青茎三河島菜、伝統小松菜(城南)、亀戸ダイコン、品川カブ、馬込三寸ニンジン、滝野川ニンジン、内藤カボチャの7品目があるというので、収穫してもらった。

10時半頃には、大雨の影響で畝の間に雨水がたまっていたが、
渡戸さんは、雨の中を、せっせと収穫してくれた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 江戸東京野菜と生産者達

2019年10月25日

台風19号の被害にあった江戸千住ネギも、強風対策がされていて復旧は早い。


練馬の井之口喜實夫さんのお宅に伺ったのは、先月27日で浅草葱膳の田中庸浩社長と一緒に台風15号と18号の強風の影響を受けた千住ネギ(江戸千住) の様子を見せてもらったことは、紹介している。

その後、10月12日に東京を襲った台風19号でも、葉を折られる被害を受けたようだが、強風対策がされているから、復旧も早い。






1-1.JPG

上の画像をタップする
土寄せ作業のあと、さらに生育していることがわかる。

土寄せ作業は、あと一回行うという。




続きを読む

2019年10月24日

江戸城 濠大根は順調に生育し、収穫できるまでになった。


そもそも濠大根の栽培を思い立ったのは、そば通の方達が信念を迎えるにあたり、辛み成分のイソチオシアネートが生きた濠大根をおろして年越蕎麦を食べたいということから始まったものだ。

今年6月末に濠大根のこぼれ種を、国立劇場前の歩道脇の緑地で採取したが、このことは当ブログで紹介している。

種は渡邉和嘉さんに渡してあったが、9月1日に播種してくれたが、栽培している渡邉さんが間引きをするというので、9月24日に間引いた濠大根を、巣鴨の蕎麦屋「栃の木や」の内藤顧問と江戸ソバリエ協会のほしひかる先生に味わっていただいたことは、紹介した。




1-1.JPG

さらに太くなったというので、いただいてきて食べたが、
辛み成分の強さが存在感を示していた。

上の画像をタップする
今度皆さんに味わっていただくのは、
27日(日)の高円寺フェス2019のうおこう寄席で試食をしてもらう。

また、「更科堀井秋の会」の28日(月)、29日(火)には、
メニューには無いが味わっていただくつもりだ。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 粋な江戸っ子は白首大根

2019年10月23日

立川市一番町で、玉川上水と残堀川が直交する不思議な景色。


先日、銀杏の畑を見せていただくので、鳴島さんの本家、立川市一番町に伺ったが、屋敷の裏を玉川上水が流れていた。
立川で、玉川上水と残堀川が直交する不思議な景色。

玉川上水は、近年になってから暗渠になったところや、柴崎用水や小川用水などの用水へ引き込むところや、東村山の浄水場への分水では、大きなごみが流れをふさがないように、鉄柵を作ってごみは取り除かれている。





1-1.JPG

台風15号、そして台風19号は、玉川上水にも影響を与えていた
、羽村から分水した流れは濁流となっていて、
水量は羽村で調節していたようで30センチほど上昇しただけだった、


上の画像をタップする

強風にあおられた上水沿いの並木の枝が各地で折れて流され、
残堀川と直交する手前で、たくさん引き揚げられていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 農地のある景観と環境

2019年10月22日

東京の食材にこだわったミクニマルノウチが、10周年を記念したパーティーを開催した。


丸の内ブリツクススクエア2階にあるミクニマルノウチが、10周年を記念したパーティーを20日17時から開催した。

8月だったか、三國清三シェフからミクニマルノウチが10月20日に10周年の感謝を込めて、「10周年感謝ナイトパーティー」を開催するからと、電話をいただいた。

皆さんに江戸東京野菜を見せたいから、季節の江戸東京野菜を初め、東京産野菜を並べてほしいと云われた。

勿論多くの皆さんに料理前の江戸東京野菜などを見ていただくのは重要だから、了解して流通を担っている果菜里屋の高橋芳江さんに協力を依頼したが、この時期に収穫されている野菜をいろいろと集め提供してくれた。






1-1.JPG

果菜里屋は、東京国立近代美術館にある「ラーエ・ミクニ」を始め、四谷のオテル・ドウ・ミクニにも納品していることから、今回の仕事も快く受けてくれた。

上の画像をタップする
江戸東京伝統野菜研究会の亀島由美子さんはお茶会の帰りに寄られた




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜

2019年10月21日

錦糸町駅ビルのテルミナ恒例の「AUTUMN GOURMET FESTA 2019」で19日(土)13時から、トークショーを行った。


錦糸町駅ビルのテルミナで、恒例の「AUTUMN GOURMET FESTA 2019」が、10月18日から31日まで開催されていることは、当ブログで紹介した。

19日(土)13時から、トークショーを依頼されているので、11時に会場入りした。
トークショーは、コンシェルジュ協会の、上原恭子理事と、生産者として練馬で江戸東京野菜の採種の研究をしている渡邉和嘉さんの3人で行うと、企画のロケーションリサーチ社・ 瀬川雄貴社長から伺っていた。






1-1-4.JPG

いつもは、立ってお話をするが、5階会場にはバーチェアが用意されていた。

上の画像をタップする

テルミナ営業部の及川さんの司会進行で始まった。

これまでもこの時期の江戸東京野菜として、寺島ナス、滝野川ゴボウ、内藤トウガラシ、奥多摩ワサビ、むら芽、つる菜を使っていただいたが、今回は、ハロウインを意識して内藤カボチャを中心に、各店に売り込んだ。

したがって、カボチャから説明に入った。
絵本塾出版「絵図鑑」やさい応援団シリーズの、まるごとシリーズの監修をやっているので「かぼちゃ」誌を、使って、カボチャの伝来や、種類、そしてハロウインでなぜカボチャが使われるようになったかについて紹介した。

そして、内藤カボチャについても・・・・



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月20日

「江戸東京野菜コンシェルジュ」資格取得講座です。

1-1チャ.JPG
上の画像をタツプしてお申し込みください
posted by 大竹道茂 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | コンシェルジュ協会事業

立川と昭島で銀杏栽培をしている鳴島勇三さんに、銀杏の収穫風景を見せてもらった。


立川市で銀杏栽培をしている鳴島勇三さんの畑を紹介したが、収穫をする頃に取材をしたいと頼んでいたが、あの後銀杏を拾いやすいようにシートが張られていた。

台風19号で落ちた銀杏を拾い集める作業をすると云うので、JA東京みどりの原省三さんに案内してもらった。

鳴島さんの銀杏畑は、昭島市に1か所と立川市7か所あると聞いているが、11月までは定期的に拾い集めて、11月中下旬になると、木の枝に残ったものを、棒で叩き落すとか。

収穫と云うから、ワイルドに棒で全部落とすのかと思っていたが






1-1.JPG

上の画像をタップする
台風19号で落ちた銀杏がシートの上に散乱していた。

樹にはまだ沢山の銀杏がついていた。




続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京の農業と農業者達

2019年10月19日

江戸東京たてもの園の「ちいさな畑」は、台風による被害もなく亀戸大根と品川カブが順調に成育中です。


小金井市にある江戸東京たてもの園には、西ゾーンW8の綱島家の裏庭に、江戸東京野菜が栽培されている「ちいさな畑」があります。

この「ちいさな畑」、2009年に、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の前身小金井のNPOミュゼダグリが江戸東京たてもの園の理解を得て栽培が始まった。

2014年には、地元にお住いの清水博史さんがボランティアで担当されて、毎日のように栽培管理をされていて、

その後、江戸東京野菜コンシェルジュの資格を取得し、畑の様子をブログで紹介していた。






1-1.JPG

昨年だったか、清水さんは仕事の関係で土日にしか、管理ができなくなったが、小平の田代由紀子さん(江戸東京コンシェルジュ)の協力を得て栽培は継続されていた。

しかし、田代さんもお忙しいことから、今年になって、栽培の中止を同園にも相談していたが、お客様から「ちいさな畑」で栽培されている、江戸東京野菜の質問も多く、

茅葺の民家と伝統野菜の取り合わせは、同園には欠くことはできないと、協力してくれる方も見つかり、引き続き継続している。

上の画像をタップする
清水さんからのメールによると
「台風によるトラブルもなく亀戸大根と品川カブが順調です。

来週あたり再度間引きを行います。
取り急ぎ現状まで」とあった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動

2019年10月18日

都内農業者のみなさま!!、江戸東京野菜を栽培してください。


江戸東京野菜が知られるようになったことから「どこで買えるの? 」という需要が拡大してきているが、生産が間に合わない状況になっている。

JA東京中央会では、江戸東京野菜の需要を賄うために、生産拡大に取り組み、秋冬産の奨励品目を定めて、東京都の農業者に対して新たな生産に伴う奨励金を交付することになった。

9月26日に、JAの営農指導担当者を集めて、「令和元年度 江戸東京野菜生産奨励事業」の会議が開催され、奨励品種について、今回は秋冬産の10品目だが、3年間の事業で、季節ごとに品種を決定していく予定。




1-1.JPG

交付条件等は上の画像をタップする。

お問い合わせは、JA東京中央会都市農業支援部
江戸東京野菜普及推進室まで
電話 042-528−1375

2019年10月17日

錦糸町TERMINA×江戸東京野菜「AUTUMN GOURMET FESTA 2019」開催、10月18日(金)〜31日(木)まで


錦糸町テルミナ恒例の
江戸・東京ゆかりの野菜「江戸東京野菜」フェアを開催
10月18日(金)〜31日(木)まで

トークショーは
10月19日(土) 13:00〜13:30
トークショー先着50名様に、江戸東京野菜をプレゼント

小学生がおすすめ! 「旬の伝統 野菜マルシェ」
10月26日(土) 12:00から16:00
学校で江戸東京野菜を栽培する小学生と
八百屋「果菜里屋」による1日限りのマルシェ企画!

テルミナ5F エスカレーター前


1-1.JPG

上の画像をタツプする
皆様のお越しを、お待ちしております。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月16日

巣鴨の蕎麦処「栃の木や」の内藤厚顧問から「蕎麦会」にお招きをいただいた。


江戸城濠大根の間き菜を、そばで食べられないかの試食を江戸ソバリエ協会のほしひかる理事長に相談したら、巣鴨の蕎麦処「栃の木や」の内藤厚顧問がお引き受けいただいて、実施されたことは、当ブログで紹介した。

その後、蕎麦会にお誘いを受けたので、江戸東京・伝統野菜研究会のメンバーで伺った。
渡邉和嘉副代表は都合がつかなかったが、亀島由美子さんと大浦美鈴さんが参加した。





1-1.JPG

内藤和利社長開会のあいさつとメニューの紹介で始まった
「蕎麦の会」。
後ろで見守っている内藤厚顧問には、お気遣いをいただいた。

上の画像をタツプする
江戸ソバリエ協会のほしひかる理事長の発声で “ 乾杯!!“



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | そぱ・うどん・ソバリエ

2019年10月15日

江戸東京野菜を、フードロスにしないために新宿で無料配布の実施。


東京駅から皇居に向かう行幸通りを中心に、毎年東京都が実施している、「東京味わいフェスタ」は、10月11日(金)から13日(日)にかけて開催される予定だったが、大型の台風19号が、首都圏を襲う恐れがあるからと、9日、東京都は中止を発表した。賢明な判断だった。

これにより、生産者から当日出店予定の飲食店などへと供給する、青果商・果菜里屋の高橋芳江さん(江戸東京野菜コンシェルジュ)から、主催者が抽選会の景品として使う3日分の江戸東京野菜の扱いについて、本会に相談があった。

利用されない江戸東京野菜があってならない、それは「フードロス」だからで、JA東京中央会の江戸東京野菜普及推進事業アドバイザーとして、榎本輝夫専務理事(JA東京中央会)にJA東京アグリパーク前での無料配布の実施を要請した。

江戸東京コンシェルジュ協会とJA東京中央会とで、14日に実施することが決まり、10日からブログで紹介していた。







1-1.JPG

9時半には、コンシェルジュ協会のHPや当ブログで知った方々が大勢並んでくれた。

食品ロスをなくそうと、地元エコギャラリー新宿で活動している小山裕三さんや、放送作家のMOKO/もこさん(瀧澤もと子さん)、小金井からもコンシェルジュが来てくれた。

野菜と文化のフォーラムの草間壽子先生( (食生活ジャーナリスト・江戸東京野菜コンシェルジュ)、領家彰子さん(フードコーディネーター・栄養士)、も、小雨が降る中来ていただいた。

上の画像をタップする

榎本専務(写真右上)は、「フェスタが台風で中止になったので、江戸東京野菜をフードロスにしないためにお願いしている」と皆さんに説明していた。

JA東京アグリパークの総責任者西澤希芳部長(JA東京中央会・写真右下)も、通行する人々に声をかけていた。

用意された200袋は、11時過ぎに配り終えた。
皆さんありがとうございました。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2019年10月14日

日本農業検定の第1回農検栽培コンテストで、砧中学がグランプリの日本農業検定賞を受賞した


先日、ミクニレッスンのスタッフとして手伝っている、当研究会の由井和也さんから、母校の世田谷区立砧中学が、農協観光協会の広報誌「ふれあい八月号」に掲載されたと見せてくれた。

由井さんは砧中学から都立園芸高校に進み、2年生の時に江戸東京野菜に巡り合い、本田ウリや、馬込半白キュウリの栽培を始めた。

その後、宮寺農園を紹介したので、栽培を手伝い、2014年からは、ミクニレッスンをサポートしている。
その間、2015年に友人とマルシェなどをしていた。

2017年に母校砧中にできた栽培部の農業アドバイザーに招かれたと云うので、ミクニレツスンの帰りに立ち寄って屋上農園を見せてもらった。






1-1.JPG

砧中が「ふれあい」に掲載されたのは、日本農業検定の第1回農検栽培コンテストで、グランプリの日本農業検定賞を受賞したからだ。

日本農業検定は、当ブログにバナーを貼っているが、
農林水産省、全国農業協同組合中央会、全日本中学校技術・家庭科研究会、全国農業会議所、全国中学校産業教育教材振興協会、株式会社農協観光の共催で、農協観光協会が事務局を担っている。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組