2019年10月19日

江戸東京たてもの園の「ちいさな畑」は、台風による被害もなく亀戸大根と品川カブが順調に成育中です。


小金井市にある江戸東京たてもの園には、西ゾーンW8の綱島家の裏庭に、江戸東京野菜が栽培されている「ちいさな畑」があります。

この「ちいさな畑」、2009年に、江戸東京野菜コンシェルジュ協会の前身小金井のNPOミュゼダグリが江戸東京たてもの園の理解を得て栽培が始まった。

2014年には、地元にお住いの清水博史さんがボランティアで担当されて、毎日のように栽培管理をされていて、

その後、江戸東京野菜コンシェルジュの資格を取得し、畑の様子をブログで紹介していた。






1-1.JPG

昨年だったか、清水さんは仕事の関係で土日にしか、管理ができなくなったが、小平の田代由紀子さん(江戸東京コンシェルジュ)の協力を得て栽培は継続されていた。

しかし、田代さんもお忙しいことから、今年になって、栽培の中止を同園にも相談していたが、お客様から「ちいさな畑」で栽培されている、江戸東京野菜の質問も多く、

茅葺の民家と伝統野菜の取り合わせは、同園には欠くことはできないと、協力してくれる方も見つかり、引き続き継続している。

上の画像をタップする
清水さんからのメールによると
「台風によるトラブルもなく亀戸大根と品川カブが順調です。

来週あたり再度間引きを行います。
取り急ぎ現状まで」とあった。
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学・NPO等の活動