2020年02月09日

2月9日14時からの、高円寺「うおこう寄席用」に江戸東京野菜を納品した。


2月7日から16日までの、第10回 高円寺演芸まつりは開催されていることは当ブログで紹介しているが、
うおこう寄席が9日の14時から、JR高円寺駅北口を出て2-3分の、居酒屋「うおこう」で開催される。

出演は、江戸東京野菜講談の真打田辺一乃師匠で、演目は亀戸大根の「ジョン万次郎と亀戸大根」の一席が語られる。

毎回、演芸が終わると、懇親会か開催され、江戸東京野菜が料理されて食べられるが、今回は
練馬大根、亀戸大根、東京ウド、品川ガブ、千住ネギ、伝統小松菜、金町コカブで、江戸城濠大根もありますと、紹介していた。

8日は、自宅から車で、生産者のところを回って、野菜を買い求めて、うおこうに納品してきた。





1-1.JPG

まず、立川市幸町の清水丈雄さんのお宅へ、亀戸大根と金町コカブをいただきに伺った。
いただいたものは、玉川上水沿いの畑で、トンネル栽培をしている。

上の画像をタップする

ハウスでも亀戸大根を栽培していたが、収穫は3月上旬頃のようだ。

写真左上は、滝野川大長ニンジン、写真右上は馬込三寸ニンジンが栽培されていたが、天候のせいなのか生育か遅れていてまだ出荷できる状況ではないという。

4月になると抽苔が始まる恐れがある事から、採種用にするしかないかもしれない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月08日

高円寺演芸まつり、江戸の噺を聴いて、江戸東京野菜を食べよう。

1-1.JPG
上の画像をタップしてご参加ください。

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月07日

東京ファーマーズイノベーション2019が、東京の生産者の新たな販路開拓、商品開発などを応援しようと開催された。


東京ファーマーズイノベーションのコーディネーターの中村正明先生から、講師依頼のメールがあったのは9月だった。
中村先生からは、2017年に丸の内プラチナ大学で呼んでいただいているが、

今回も、一般社団法人大丸有環境共生型まちづくり推進協会(エコッツェリア協会)が主催だ。今回は東京都の補助事業で、中村先生の潟Rミュニティデザインが運営事務局となって「東京ファーマーズイノベーション」を、10月から実施するという。

今回の事業は、ゲスト講師の話とともに、各回5人程度の東京都の生産者にご参加いただくと云うもので、丸の内エリアの食に関心の高いオフィスワーカーや企業等に、約10分程度のプレゼンをして頂き、その後、自慢の農産物や加工品を試食して頂くというもの。

その後は、参加生産者の農産物等を使用した料理とお酒での交流会を開催するという。
お酒も飲めるとは、良い企画だ。結局、第3回の講師を依頼された。






1-1-1.JPG

会場は、2017年と同じで、大手門タワー・JXビル1階の3×3Lab Future

上の画像をタツプする

写真右手前から、コーディネーターの中村先生、次に生産者の増田康司さん、中村克之さん、西野耕太さん、左奥が冨澤剛さん、左手前、江戸東京野菜コンシェルジュ9期で三鷹の海老原雄一郎さんも見えていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 11:57| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月06日

江戸東京野菜コンシェルジュの増田純代さんから【野菜を知ってもっと好きになろう!治助イモ編】授業 レポートが送られてきた。


江戸東京野菜コンシェルジュで、野菜ソムリエプロ・キッズベジフルクッキング講師、地元野菜!作る人・食べる人を繋ぐベジックル代表の肩書を持つ増田純代さんが、東京の西、奥多摩町立氷川小学校(松下静徳校長)の食育授業で、平成30年度 江戸東京野菜品目追加登録された治助イモを取り上げたので、紹介いたします。

【野菜を知ってもっと好きになろう!治助イモ編】授業 レポート 
江戸東京野菜コンシェルジュ4期  増田純代


1-1-1.JPG

2020年1月30日(木)奥多摩町氷川小学校6年生11名(当日1名欠席)対象に食育授業を行いました。2018年9月おくたま海沢ふれあい農園で行われた奥多摩ワサビ収穫体験イベントに参加した際、園の管理運営責任者の堀隆雄さんと出会いました。

奥多摩町の食育サポーターの会のメンバーでもある堀さんより今回の食育授業のご依頼があり、奥多摩ワサビまたは治助イモを取り上げていただけないかとのご希望でしたので、今回は治助イモにスポットをあて調理実習を兼ねた90分授業になりました。

上の画像をタップする

 午前中奥多摩駅に到着後さっそく学校に向かい校長先生にご挨拶。
壁も床も奥多摩の木材を使用したぬくもりを感じるすてきな校舎でした。

家庭科室で備品チェック後6年生の担任の稲葉義愛先生、お手伝いしてくださる食育サポーターの会のメンバーと打ち合わせをしました。ここで稲葉先生より今年1年間子どもたちは奥多摩の文化・特産品を学んだあとさらにどう発信していくかに取り組んでいるとのこと。

おいしかった。楽しかったのみの表現力はNG。
表現力を身につける学習をしていますとのお話がありました。私もその取り組みに感銘いたしましたのでそのことを踏まえて授業をしよう!と思いました。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年02月05日

大阪農業時報第809号に、第3回 難波葱フェスタの報告とりんごさんの随想が掲載されていた。


第3回 難波葱フェスタが1月16日〜26日まで開催されて、
1月19日(日)の、「葱サミット2020 in大阪」に、
お招きいただいたことを報告している。

このほど、大阪府農業会議から
広報紙「大阪農業時報」が送られてきた。
一面に、1月16日に「難波葱の碑が建立」とあった。




1-1.jpg

上の画像をタップする
最終面には、難波葱の会事務局長の難波りんごさんの
随想「驚異のネギパワーが世界を救う!?」が掲載されていた。


追録
3月、吉村知事に「全国ねぎサミット」の大阪開催を要請された。

続きを読む
posted by 大竹道茂 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 全国の仲間の話

まちデザイン市民講座「江戸東京野菜をご存知ですか」が今和2年1月31日、渋谷エクセルホテル東急で、開催された。 


NPO法人コミュニティスクール・まちデザインの近藤惠津子理事長(生活クラブクッキングスタジオBELLEマネージャー)から、昨年8月にメールをいただいた。

まちデザイン市民講座には、何度か招かれていて、前回は楠公レストハウスでお話をさせていただいた。




1-1.JPG

最近の江戸東京野菜の話題性から、江戸東京野菜の話を聞きたいとのお話をいただいた。

既に2019年度の計画は詰まっているが、11月から3月までの間で実施したいと云うもので、江戸東京野菜を使ったお店で、話を聞きながら食事をするという講座と云う。

丁度、8月9日に渋谷エクセル東急でランチセミナーを開催したところだったので、白幡健総料理長をご紹介した。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月04日

2月26日「江戸東京伝統野菜を知って家庭に取り入れよう」の講演会が、14時から杉並保健所で開催される。


杉並区のホームページを見ると、2月26日、杉並区内の在住、在勤務、在学の方を対象として「江戸東京伝統野菜を知って家庭に取り入れよう」の講演会が開催される。

この企画の主催は、健康づくり自主グループ「イキイキ自彊会(じきょうかい)と、旬香会」が主催するもので、

イキイキ自彊会は、自彊術という、東洋医学をルーツとする健康体操だそうだで、また、旬香会は、メタボにならないための、健康に良いメニュー作りと調理をしているという。

自彊会の渡辺修也会長は前から江戸東京野菜に注目してくれていて、今回の開催となったもの。




1-1.JPG

上の画像をタップして申し込みましょう
次第
伝統野菜について
なぜ、今伝統野菜が注目されてきたのか

家庭菜園で育てる場合の種苗の入手方法
冬野菜料理のレシピ紹介 など



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介

2020年02月03日

新宿区立西新宿小学校の5年生が、伝統を守る太鼓発表にお誘いのお手紙をいただいた。


新宿区立西新宿小学校(清水仁校長)の5年1組から、
伝統の太鼓発表にお誘いのお手紙をいただいた。

この日は学校公開日で、教室に入ると、
内藤カボチャの栽培指導をお願いしている梶谷正義先生が
すでにお見えになっていた。

5年生は、江戸東京野菜の内藤カボチャや内藤トウガラシの
栽培で学んだこと、調べたことなどを、
地域の方々に話すなどしてきたと聞いている。

今回の伝統の太鼓発表は、だいぶ前に音楽を教えていた
奥教諭が、太鼓を授業に取り入れたことに始まる。

以後同校に伝わる伝統の太鼓発表となっているという。 
                                                                                                                                                                                                                                                                                       1-1.JPG                                              

教室では、生徒たちが、
西新宿小学校の校章を染め抜いた法被を着て、授業を行っていた。

教室のホワイトボートには、
太鼓を「たたけば、たたくほど、たのしくなれる」の
紙が貼ってあって、意気込みがわかる。

司会や、掛け声のタイミングなどの最終確認をしていた。

上の画像をタップする
教室の後ろには、
内藤トウガラシの3段階の生育の過程で収穫して干していた。
また内藤カボチャの種で、が何粒あるかなどと書かれていた。

この地に伝わる伝統野菜について、
地域の人に説明するのに使われるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組

2020年02月02日

「都市の未来を作る〜練馬の都市農業〜」が優秀企画賞を受賞し、ネット上で公開された。


昨年の11月25日に(公社)映像文化製作者連盟が主催する
「映文連アワード2019」の受賞作品が決定したようだが、
このほど(株)文化工房 から映文連の情報として、メールをくれた。

この作品、「都市の未来を作る〜練馬の都市農業〜」は、
2019年練馬区が「世界都市農業サミット」を実施しましたが、
外国人をはじめ、サミット参加者に、
都市農業を知ってもらう役割を果たしました。



1-1.JPG

世界に類例のない都市農業の実態を映し出し、
都市の農業の役割について改めて考える内容となっている。

上の画像をタップする

江戸東京野菜の練馬大根を栽培する、渡戸章さん
子どもたちに農業を教える吉田茂雄さん
23区で1軒・酪農体験の小泉勝さん
農業体験農園の田中秀一さん
ねりまde女子マルシェの白石俊子さん
イチゴ生産者の加藤博久さん
観光農園・ブルーベリーの酒井雅博さん
柿の生産者 荘野晃一さん
花の生産者 水橋宏二さん

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 出版物・メディヤ等の紹介

2020年02月01日

NPO先端医療をささえる会の会報誌に、三國清三シェフが修業時代を語っている。


先日、友人が会社に届いたと云ってNPO先端医療をささえる会が発行するSUPER DOCTORと会員との懸け橋を担う会報誌を持ってきてくれた。

NPO法人は、広く一般市民に対して、医療についてのセミナー、講演会、イベント等の企画・開催に関する事業を実施していて、医療についての調査・研究及び情報の提供に関する事業等を行い、医療の発展と健康の増進を図っているという。




1-1-1.JPG

上の画像をタップする
林家克三郎代表がインタビューした、見出しを見ると

◎初めて食べたハンバークに心が震え、料理人の道へ
◎厨房に泊まり込み勉強を続けた、札幌グランドホテル時代

◎洗い場のパート勤務から、スイス大使館の料理人に抜擢
◎三ツ星レストランでの武者修行、そしてオーナーシェフに

◎三ツ星のスタイルに込めた、日本人のアイデンティティ
◎子供たちへの食育を、一生のテーマにしていきたい

posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 三國シェフと江戸東京野菜