2020年02月03日

新宿区立西新宿小学校の5年生が、伝統を守る太鼓発表にお誘いのお手紙をいただいた。


新宿区立西新宿小学校(清水仁校長)の5年1組から、
伝統の太鼓発表にお誘いのお手紙をいただいた。

この日は学校公開日で、教室に入ると、
内藤カボチャの栽培指導をお願いしている梶谷正義先生が
すでにお見えになっていた。

5年生は、江戸東京野菜の内藤カボチャや内藤トウガラシの
栽培で学んだこと、調べたことなどを、
地域の方々に話すなどしてきたと聞いている。

今回の伝統の太鼓発表は、だいぶ前に音楽を教えていた
奥教諭が、太鼓を授業に取り入れたことに始まる。

以後同校に伝わる伝統の太鼓発表となっているという。 
                                                                                                                                                                                                                                                                                       1-1.JPG                                              

教室では、生徒たちが、
西新宿小学校の校章を染め抜いた法被を着て、授業を行っていた。

教室のホワイトボートには、
太鼓を「たたけば、たたくほど、たのしくなれる」の
紙が貼ってあって、意気込みがわかる。

司会や、掛け声のタイミングなどの最終確認をしていた。

上の画像をタップする
教室の後ろには、
内藤トウガラシの3段階の生育の過程で収穫して干していた。
また内藤カボチャの種で、が何粒あるかなどと書かれていた。

この地に伝わる伝統野菜について、
地域の人に説明するのに使われるようだ。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小・中・高 食育の取組