2020年02月09日

2月9日14時からの、高円寺「うおこう寄席用」に江戸東京野菜を納品した。


2月7日から16日までの、第10回 高円寺演芸まつりは開催されていることは当ブログで紹介しているが、
うおこう寄席が9日の14時から、JR高円寺駅北口を出て2-3分の、居酒屋「うおこう」で開催される。

出演は、江戸東京野菜講談の真打田辺一乃師匠で、演目は亀戸大根の「ジョン万次郎と亀戸大根」の一席が語られる。

毎回、演芸が終わると、懇親会か開催され、江戸東京野菜が料理されて食べられるが、今回は
練馬大根、亀戸大根、東京ウド、品川ガブ、千住ネギ、伝統小松菜、金町コカブで、江戸城濠大根もありますと、紹介していた。

8日は、自宅から車で、生産者のところを回って、野菜を買い求めて、うおこうに納品してきた。





1-1.JPG

まず、立川市幸町の清水丈雄さんのお宅へ、亀戸大根と金町コカブをいただきに伺った。
いただいたものは、玉川上水沿いの畑で、トンネル栽培をしている。

上の画像をタップする

ハウスでも亀戸大根を栽培していたが、収穫は3月上旬頃のようだ。

写真左上は、滝野川大長ニンジン、写真右上は馬込三寸ニンジンが栽培されていたが、天候のせいなのか生育か遅れていてまだ出荷できる状況ではないという。

4月になると抽苔が始まる恐れがある事から、採種用にするしかないかもしれない。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介