2020年02月10日

八王子産パッションフルーツを市民に知らしめようと、慶大生がイベントを開催した。


八王子市でパツションフルーツを栽培する濱中俊夫さんのもとに、一昨年、慶應義塾大学商学部で産業史を学ぶ学生たちが、地域との対話を通して産業が生まれ育つ現場を体験したいと、度々訪問していた。

学生たちは、慶應義塾大学牛島利明研究会めぐるめプロジェクトのメンバーで、2014年に発足したプロジェクトは、フードロスへの問題意識から、食に関する現状のサプライチェーンの再構築を目指し活動している。

農業後継者の一人として濱中さんは、パツションフルーツを2011年から本格的に栽培を始めていて、東京では八王子にしかない、「道の駅 八王子滝山」での宣伝販売なども積極的に行い。

徐々に仲間も増え、2013年には「JA八王子パツションフルーツ生産組合」が結成されている。

その後、商品開発として甘味果実酒などの開発も行ったり、
資料等も作成したり、濱中農園としてもチラシを作ったりしている。

しかし、栽培から10年になろうとしているが、「地元八王子市でもまだよく知られていない」。消費拡大としては「生食以外の利用法も開発するのが課題」などを、生産者から直接聞いたことから、

慶大生たちは、まず初めの取り組みとして、「生産者と消費者をつなぐ」「学生視点から、八王子のパッションフルーツの認知拡大を目指す」とのイベントが開催されたもの





1-1.JPG

上の画像をタップする
牛島教授(写真左)と、生産者の濱中さん(写真右)。

牛島教授とは名刺交換をさせていただいたが、
当ブログ、江戸東京野菜通信を見たことがあると云っていただいた。


イベントの情報は、読売新聞に掲載されたほか、プロジェクトのネット情報や、道の駅にチラシを置くなど栽培農家の協力もあって、13時から八王子市子安町の子安市民センターで開催の運びとなったもの。

会場には、八王子市特産のパッションフルーツの新しい食べ方を学ぼうと、市民が詰めかけた。
始めに、代表の4年生・伊藤慶太郎さんから開催の主旨が述べられ、イントロとして、「パッションフルーツについて」産地、歴史、出回りの時期、名前の由来と花の形等について解説があった。



続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介