2020年02月11日

東京會館和食の鈴木直登総料理長「黄綬褒章を受章記念、新春特別グルメ会」にご案内をいただいた。


令和元年度秋の叙勲で、東京會館和食の鈴木直登総料理長が黄綬褒章を受章されたことから、新春特別グルメ会を開催すると、ご案内をいただいたの11月だった。

鈴木総料理長に、初めてお会いしたのは、2013年のすきや連の例会が、ホテルオータニの「岡半」で行われたときに、

ゲストとして卓話を依頼されて江戸東京野菜のお話をさせていただいた。
その時に紹介をいただき、鈴木さんから「東京會館 おせちと節句料理」(平凡社)出版パーティーにご案内をいただいた。

2014年に、厚生労働省の卓越技能章「現代の名工」を受章された。

2017年には如水館で「四條流庖丁式・蓬莱の鯛」の奉納を見せていただいた。

また、2019年9月には、すきや連の例会が新装なった東京會館の和食「八千代」で開催され、東京會館独特のすき焼きを鈴木総料理長に作っていただいている。

秋の褒章は2019年11月3日の文化の日に発表された。鈴木さんは、多年にわたり調理の仕事に精励されてきて、人々の模範たるべき者として授与された。






1-1.JPG

新春特別グルメ会は、千代田区一ツ橋の如水会館(東京會館運営) 3階の松風の間で開催された。

上の画像をタップする

挨拶で鈴木総料理長は、東京會館に勤めて今年で47年だそうで、東京會舘では以前プルニエの支配人をされた方が67歳まで勤められたそうで、二番目に長い。
来年は東京會舘が100年を迎えるが、半世紀は勤めたいと云いう。

「2014年の「現代の名工」をいただきましたが、それを目標に働いてきました。

今度、頂いたのは、世の中への責任を強く感じています。このように多くの皆さんに来ていただけたことに、感謝しておりますので、今日はスタッフ共々、皆さんに楽しんでいただける正しいお料理を用意いたしておりますので、ごゆっくりご歓談をいただければ幸いです。」


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | イベントの紹介