2020年02月14日

高円寺演芸まつりの「うおこう寄席」は江戸東京野菜講談の田辺一乃師匠を迎えて行われた。


高円寺演芸まつりが開催されていることは、ご案内をしていたが、
先日、高円寺のうおこう寄席で、江戸東京野菜をご紹介した。

毎回、前日に生産者のお宅を回って、野菜を集めてくるが、
金町コカブ、亀戸大根、品川カブ、東京ウド、江戸城濠大根、
練馬大根、伝統小松菜、千住ネギを集めてきた。

直接農家を回って集荷することは、農家のご苦労を伺ったり、
他の江戸東京野菜の栽培を依頼することもあり、
生産者に会う機会を増やすことは重要だ。






1-1.JPG

上の画像をタップする
14時からというので早めに伺ったが、庚申道り商店街のチラシには、
各席亭の案内が掲載され、なんと大竹道茂の似顔絵が描かれ、
亀戸大根、下山千歳白菜、馬込三寸ニンジン、
馬込半白キュウリ、伝統小松菜、内藤カボチャも描かれていた。

この似顔絵、日本落画家協会の湯沢ひとし先生が描いてくれた。

演芸は、松井つるみ女将が、
新調した江戸落語研究会の法被を着てのあいさつで、始まつた。
松井女将は、江戸東京野菜コンシェルジュ1期だから、
早くから演芸まつりに江戸東京野菜を取り入れてくれていた。

会場には、同じコンシェルジュの
佐々木昭理事と、9期の渡邉和嘉さんと亀島由美子さんが来ていた。
また、荻久保保健センター健康づくり自主グループ連絡会
渡辺修也代表
も来てくれていた。


続きを読む
posted by 大竹道茂 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | イベントの紹介